【2023年完全版】引っ越し見積もり費用相場・料金目安※時期・人数・場所別

引越し人数や間取り、距離や時期など様々な条件で引っ越し見積もり費用の相場表を作成したので、アナタの引越し条件に合った引越し料金の目安を調べてみてくださいね。

※8割以上が利用!人気の引越し一括査定2選

1、引越し侍【業界No.1の提携数】
業界最多の300社以上の中からアナタに合った激安な業者を選ぶことができます。東証プライム上場のエイチームが運営しているので安心して利用できます。
  • 業界最多!300社以上から最安値の業者を選択
  • 東証プライム上場の会社が運営していて安心
  • 管理人の実例:78,200円→35,000円(半額以下の値下げに成功)

利用率No.1!引越し侍はこちら

2、スーモ引越し【電話入力不要】
大手リクルートが提供している「SUUMO引越し見積もり」は業界唯一の電話入力が任意になっています。電話対応が面倒な人や見積もりメールでとりあえず比較したい人向けです。
  • 業界唯一!電話番号入力が任意
  • 大手のリクルートが運営
  • 管理人の実例:85,000円→42,000円(半額以下の値下げに成功)

電話入力不要!スーモ引越しはこちら

【ざっくり】引っ越し費用の総額はだいたいこれくらい。

smart引越し管理人
smart引越し管理人
【時間がない人向け】手っ取り早く自分の引越し料金の相場が知りたい人向けに、単身者・カップル・家族の3タイプに分けてざっくりと分けてみました。

単身者・カップル・家族の引っ越し料金はざっくり言うと単身者44,000円、カップル68,000円、家族95,000円程度になります。

この金額は繁忙期や通常期の引越し全てをまとめた概算になるので、この金額を目安に、通常期の引越し(5月~1月)なら安くなり、繁忙期の引越し(2月~4月)なら高くなる、と考えるのがいいでしょう。

それ以外にも引越し料金はトラックのサイズ(荷物量)や利用するオプションなどにも左右されます。

ただ、一番引越し料金が変わる要素は複数の業者から見積もりを取ったか取ってないかという相見積もりの有無であると断言できます。

相場よりも安くしたいなら一日でも早く相見積もりすることをおすすめします。

【人数別】一人暮らし~家族別の引っ越し見積もり費用相場

通常期(5月~1月)
の引越し※近距離
通常期(5月~1月)
の引越し※遠距離
繁忙期(2月~4月)
の引越し※近距離
繁忙期(2月~4月)
の引越し※遠距離
一人暮らし(1人) 36,500円 52,400円 54,800円 77,400円
カップル(2人) 53,000円 63,600円 65,200円 88,300円
家族(3人) 75,900円 90,100円 95,800円 134,500円
家族(4人) 99,500円 123,600円 138,500円 156,700円
家族(5人以上) 135,800円 156,000円 164,000円 215,600円

※上表は目安表です。表内に記載されている金額を保証するモノではありません。

この項目ではもっと細かく引っ越し料金の目安を知りたい人に向けて人数別で表を作成しました。

【部屋サイズ・荷物量別】引っ越し見積もり費用相場

通常期(5月~1月)
の引越し※近距離
通常期(5月~1月)
の引越し※遠距離
繁忙期(2月~4月)
の引越し※近距離
繁忙期(2月~4月)
の引越し※遠距離
1R・1k・1DK
(荷物量少)
34,500円 50,400円 53,800円 74,400円
1R・1k・1DK
(荷物量大)
36,300円 55,500円 57,200円 79,300円
1LDK 40,900円 60,100円 62,000円 83,600円
2DK・2LDK 70,900円 78,600円 98,500円 118,700円
3LDK以上・戸建て 106,800円 142,000円 204,600円 245,600円

※上表は目安表です。表内に記載されている金額を保証するモノではありません。

少し視点を変えて、今度は部屋の間取り(部屋サイズ)別の引っ越し料金の目安表を作成しました。

2LDK以降の料金がぐっと上がっているのが分かると思います。

家族の引越しではお子さんがいる関係からより安定を求める傾向にあり、大手に依頼するケースが多くなるからです。

基本的に大手引っ越し業者に依頼すると地元の引越し業者よりも引っ越し料金は高くなる傾向にあります。

関連記事1R・1K・1DKの引越し費用(料金)相場や荷物量、格安裏技まとめ。

【距離・移動時間別】近・中・長距離別の引っ越し見積もり費用相場

通常期(5月~1月)
の単身引越し
繁忙期(2月~4月)
の単身引越し
通常期(5月~1月)
のカップル引越し
繁忙期(2月~4月)
のカップル引越し
通常期(5月~1月)
の家族引越し
繁忙期(2月~4月)
の家族引越し
~5km以内※超近距離
(隣町や同一市内)
27,600円 38,800円 50,300円 62,900円 87,000円 95,600円
20km以内※近距離
(同一都道府県内)
34,500円 51,700円 59,400円 68,800円 99,900円 133,800円
~200km程度※中距離
(同一地方程度)
40,600円 58,700円 63,300円 73,900円 118,500円 144,000円
~500km程度※長距離
(東京~大阪間程度)
58,300円 76,600円 77,300円 90,600円 129,800円 159,700円
~800km以上※超長距離
(東京~福岡以上)
63,200円 80,300円 90,900円 120,400円 155,700円 208,500円

※上表は目安表です。表内に記載されている金額を保証するモノではありません。

大まかな目安でだいたい100kmを超える引っ越しは日を跨ぐ引っ越しと言われます。※荷物量・建物条件・交通事情などの条件や業者のオプション対応によって当日に届けれるかは大きく変わってきます。

通常の場合200kmを超えると基本的に日を跨ぐ引っ越しになるので、2日分の引越し料金に加えて距離加算料金発生してしまい、高額になりがちです。

単身引っ越しの場合は、単身パックか通常のチャーター型の引越しとでは、倍以上料金が変わってくることもあるので注意が必要です。

上表のように大阪と東京間の引越しのように500kmを超えてくる引越しでは、引越し料金も高額になりがちなので相見積もりは必須と言っていいでしょう。

【時期別】年間・月間・週間・時間帯別の引っ越し見積もり費用相場

この項目では年間、月間、週間、時間帯別で引越し料金の変化を細かく見ていこうと思います。

12カ月分の引っ越し見積もり費用の相場表

上のグラフは12カ月分の単身の引越し料金相場をグラフにしたものです。

グラフを見ても3月の引越し料金が突出しているのが分かると思います。

3月の中でも3月20日~4月2日は法律によって繁忙期割増が認められている期間で、その割増率は最大250%、通常価格の3.5倍までが認められています。

関連記事【2023年】引越しの繁忙期の料金予想と引越しが安くなる方法

月別の引越し役立ち情報を見てみる
1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 | 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 |

1カ月の上旬・中旬・下旬別の引っ越し費用相場

上のグラフは単身引越しの場合の上旬・中旬・下旬別料金相場になります。

上旬が43,961円、中旬が45,589円、下旬が47,630円と徐々に高くなっていっているのが分かると思います。

なので現在の住まいの家賃料に影響を受けない人は月初め(上旬)に引越しをするのが狙い目になってきます。

平日・土日・祝日の引越し料金相場

引越し時期 1日~24日の平日が100%とした場合の料金水準
1日~24日の平日 100%
25日以降 110%
土曜日 120%
日曜日 115%
祝日 110%
3月 200%~350%
4月 120%~200%

引越し時期 1日~24日の平日が100%とした場合の料金水準
1日~24日の平日 50,000円
25日以降 55,000円
土曜日 60,000円
日曜日 57,500円
祝日 55,000円
3月 100,000円~175,000円
4月 60,000円~100,000円

上表は平日1日~24日の単身引越し料金が50,000円とした場合の料金の相場表になります。

同じ平日であっても25日以降の下旬時期は旧居との2重家賃支払いの関係で引越しが集中しやすい時期になり、料金も10%程度高くなります。

土・日・祝日も会社などが休みの日なので同様に高くなりがちです。

特に土曜日は次の日が休みなので、余裕をもって引越しできるということで料金も日曜や祝日より若干高めになる傾向があります。

同じ平日であっても表にあるように3月4月は繁忙期割増があるので注意が必要です。

時間帯別の引越し料金相場

上の円グラフを見て分かるように、朝・昼・夜と時間帯に分けると約70%の人が「朝」の引越しを希望します。

なぜなら朝方に引越しを始めてその日のうちに引越しを終えたいと考える人が多いからです。

当然人気が高い朝方の引越しは料金が高く、次いで昼間、夜の順に引越し料金が安くなっていきます。

時間帯別の料金相場 単身 二人 家族
朝方 65,890円 93,490円 124,560円
昼間 61,040円 89,410円 118,730円
夜間 58,730円 83,390円 107,900円

※上表は目安表です。表内に記載されている金額を保証するモノではありません。

【47都道府県別】引っ越し見積もり費用相場

都道府県別でおすすめ引越し業者を見てみる

【47都道府県別】単身(一人暮らし)の引っ越し見積もり費用相場

北海道 東北
(青森・福島・岩手・
秋田・山形・宮城)
関東
(埼玉・千葉・東京・
神奈川・茨城・栃木・群馬)
甲信越
(新潟・長野・山梨)
北陸
(富山・石川・福井)
東海
(静岡・愛知・岐阜・三重)
関西
(大阪・京都・滋賀・
兵庫・奈良・和歌山)
中国
(鳥取・島根・岡山・
広島・山口)
四国
(香川・徳島・
高知・愛媛)
九州
(福岡・佐賀・長崎・熊本
・大分・宮崎・鹿児島)
沖縄
北海道 48,429円 53,490円 61,488円 60,530円 63,210円 65,480円 68,217円 74,305円 77,351円 88,582円 145,994円
東北
(青森・福島・岩手・秋田・山形・宮城)
48,667円 44,299円 50,003円 49,931円 55,074円 58,517円 62,399円 67,733円 71,330円 73,600円 123,485円
関東
(埼玉・千葉・東京・神奈川・茨城・栃木・群馬)
57,345円 48,380円 43,370円 47,732円 50,960円 54,609円 60,114円 65,104円 70,354円 72,296円 100,338円
甲信越
(新潟・長野・山梨)
60,339円 52,490円 46,855円 40,849円 48,904円 47,990円 56,670円 62,240円 66,578円 71,785円 110,340円
北陸
(富山・石川・福井)
63,410円 58,330円 51,129円 48,901円 42,280円 49,610円 54,149円 60,932円 64,109円 68,555円 103,942円
東海
(静岡・愛知・岐阜・三重)
70,311円 66,700円 57,020円 53,300円 52,990円 47,490円 53,800円 62,300円 66,310円 69,780円 101,400円
関西
(大阪・京都・滋賀・兵庫・奈良・和歌山)
78,309円 72,300円 64,730円 62,400円 60,888円 58,502円 55,390円 62,480円 65,707円 68,300円 98,407円
中国
(鳥取・島根・岡山・広島・山口)
81,933円 77,400円 72,999円 68,930円 65,495円 62,200円 60,330円 55,000円 61,460円 65,476円 97,665円
四国
(香川・徳島・高知・愛媛)
77,351円 71,330円 70,354円 66,578円 64,109円 63,310円 65,707円 61,460円 55,490円 64,307円 95,209円
九州
(福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島)
88,582円 73,600円 72,296円 71,785円 68,555円 69,780円 68,300円 65,476円 64,307円 58,873円 91,500円
沖縄 145,994円 123,485円 100,338円 110,340円 103,942円 101,400円 98,407円 97,665円 95,209円 91,500円 41,370円

※上表は目安表です。表内に記載されている金額を保証するモノではありません。

ここでは47都道府県別の単身引越し料金の相場について調べました。

アナタの「現住所の都道府県」と「引越し先都道府県」の料金相場を知ることができます。

東京発着の引越し

東京と各都道府県の引越し情報を47記事分まとめました。

大阪発着の引越し

大阪と各都道府県の引越し情報を47記事分まとめました。

引越し業者別の引っ越し費用相場・価格目安

引越し業者の料金相場 単身 二人 家族
サカイ引越センター 52,430円 91,477円 132,309円
アート引越センター 53,281円 94,344円 137,705円
ハート引越センター 50,916円 89,033円 122,907円
アリさんマークの引越社 51,470円 90,550円 127,781円
ヤマトホームコンビニエンス 35,789円
赤帽 28,940円

※上表は目安表です。表内に記載されている金額を保証するモノではありません。

上表ではハート引越センターが一番安い相場となっていますが、引越し業者の料金は比較することで大きく変わってきます。

赤帽とヤマトホームコンビニエンスは現在単身引越しだけの対応となっているため、二人と家族引越しのデータを収集することができせんでした。

その両者で赤帽の方が安い理由は赤帽は基本的に県内の近距離の引越しが多いのでその分料金単価が安くなることが原因だと思います。

引越し費用を決める構成要素とは(トラックサイズ・日時(時期)・移動時間)

トラックサイズ
引越し会社は、使用するトラックの大きさに応じて料金を設定します。使用するトラックの種類は、荷物の量や部屋の大きさなどによって決まります。

単身者が引越する場合は、よほどの例外がない限り、「2tショート」または「2tロング」のいずれかのトラックが使用されることが多いです。

日時(時期・カレンダー)
引越し料金は、需要が多い時期によって上昇することがあります。旅行と同じように、需要が多いほど料金が高くなり、逆もまた同じです。引越しにおいては、一年を通じて3月、4月が圧倒的に需要が多い期間であり、月間で見ると土日や月末が需要が高い時期にあたります。

距離
引越し料金には、移動する距離に応じてガソリン代や高速道路代などの経費が含まれます。ただより重要な要素は、「移動時間」です。引越し料金は「顧客に掛かる総時間」で計算されています。

引越し費用を含む初期費用の総額はいくら?

項目 単身 家族
引越し料金 44,000円 95,000円
賃貸物件の初期費用 220,000円~264,000円 475,000円~570,000円
家具家電購入費 30,000円~50,000円 70,000円~100,000円
日用品の購入費用 10,000円~20,000円 20,000円~30,000円
交通費 20,000円 40,000円
原状回復費用 0~20,000円 0円~50,000円
総額 324,000円~418,000円 700,000円~885,000円

※上表は目安表です。表内に記載されている金額を保証するモノではありません。

注意点!相場はあくまで相場。引越し料金を相場より安くしたいなら相見積もり

ここまで色々な条件の下、引っ越し料金の相場について解説してきましたがいかがでしたでしょうか。

引越し料金は時期や荷物量、距離など様々な要素によって大きく変わってくることが分かったと思います。

ただ、最後にもう一度念押しでお伝えしたいことは、引越し料金に対して最も影響力が高い事は「2社以上で見積もりを取っているか否かということです。

引越し料金は業者の言い値でしかなく、複数社から見積もりを取らないでその業者から最安値を引き出すことは不可能に近いです。

それこそ、当記事で紹介した相場よりも安くしたいと考えているならぜひ一度相見積もりを検討してみてください。

関連記事

  1. 仙台~大阪の引越しが半額⁉料金相場・格安業者・口コミ・裏技特集

  2. キタザワ引越センターの口コミは悪い?引越し料金が安くなる方法

  3. 大阪~長崎の引越し費用相場・引越し業者・口コミ・日数まとめ

  4. 愛知(名古屋)⇔千葉間の引越し料金が半額!?安い業者を掘り出し!

  5. 【大阪~鳥取の引越し】料金相場・おすすめ業者・50%割引裏技

  6. 愛知(名古屋市)~沖縄の引越しが半額!?料金相場や格安引越し業者

  1. 栃木県小山市の引っ越しが安い!?見積もり相場よりも半額にする方…

    2023.02.06

  2. 【掘り出し業者】釧路市の引越しが半額!?引っ越し料金が安い業者…

    2023.02.03

  3. 倉敷市の引越しが半額に!?倉敷の安い引越し業者と見積もり価格相場

    2023.02.02

  4. 東村山市で安い引越し業者はこの3社!東村山市の引っ越し役立ち情報…

    2023.02.01

  5. 【掘り出し業者】帯広市で安い引っ越し業者3選!見積もり相場や口コ…

    2023.01.27

  1. 【2023年完全版】引っ越し見積もり費用相場・料金目安※時期・人数・…

    2023.01.05

  2. 【比較表付】引っ越し単身パック全16種類を比較(料金・サイズ・サー…

    2022.10.15

  3. 【スマホ割・都道府県別】引越し先で最もおすすめのネット回線※最安…

    2022.04.07

  4. 東京の引越しで安い業者10選・費用相場・おすすめ大手業者ランキング

    2018.09.03

  5. 2023年2月の引越しが半額!?料金相場・格安裏技体験談・賃貸物件

    2018.06.08