2019年2月の引越しが半額!?料金相場・格安裏技体験談・賃貸物件

この記事では2月の引越しに関する情報を記載しています。

「2月の引越の安くなる方法が知りたい」「2月の安いに日にちが知りたい」「2月の料金相場が知りたい」など2月引越しの疑問を解決します!

2月の引越し料金は高い?安い?相場について

2月の引越し料金は、前半は安く後半は高くなります。

なぜなら、不動産業者が繁忙期を迎える2月になると、早期入居を促すケースが多く3月に入ると引越し料金が跳ね上がると急かすからです。

実際には不動産業者は繁忙期であっても、引越し業者は繁忙期前の通常期という扱いとなるので、土日指定や2月下旬指定を行った場合のみ引越し料金相場は高くなります。

不動産賃貸契約は、初月家賃を日割り計算するので初期費用を抑えたい人ほど、今住んでいる場所の家賃との2重払い期間を避けたいと考えて月末付近を契約開始日に指定するわけです。

家賃が高額となるファミリー層ほど日割り家賃が高くなるので、月末引越し希望が出やすくなります。

3月の引越し希望日が取れない人が、2月に前倒しする需要もあるために、2月下旬は引越し相場が高くなりすやいです。

2019年2月の引越しで高くなりやすい日、安くなりやすい日は?

2月に引越しを行う際には、土日引越しは割引交渉があまり進まずに値引率が低くなりやすいです。

得に2019年2月23(土)と24(日)については、下旬かつ土日となるので22(金)と合わせて引越し料金の割引がほとんど望めない日程となります。

引越し作業は体力と気力を消耗しやすいので、金曜日に有給休暇を取得して転出手続きを済ませて引越しする人が多く、金・土・日を引越し希望とする人が少なくありません。

近距離ならば即日引越しが出来ますが、関東から関西や九州といった遠距離引越しでは荷物の搬出日と搬入日は別日となることが多いです。

初月の日割り家賃を節約するためにも月末に引越しが集中しやすく、22日(金)以降は基本的に引越し料金は高くなりやすいです。

一方、2月前半の月曜日~木曜日はトラックと作業員が余るので、4日(月)~7日(木)は閑散期並の割引料金にて引越し出来ます。

2月の引越しが3万円安くなった体験談

夫婦2人暮らしで隣の県まで1LDKタイプの引越しを行う際に、見積もり取得すると移動距離150kmなためにチャーター便料金となりました。14立方メートルの荷物量で2トンロング車10万円という見積額に驚きました。

2月半ば過ぎの金曜日を指定したために、割引料金にはならずに通常価格を提示されてしまったことを知りました。

訪問見積もりに来た引越し業者の営業マンからは、もっと日程を早めて2月前半の月曜日~木曜日に出来れば最大4割引になると言われて驚きました。

家賃が6万円の部屋だったので、引越しを10日早めて2万円日割り家賃を余計に支払っても、引越し料金が4万円安くなれば差し引き2万円得になるわけです。

さすがに10日早めることは厳しかったので、引越し日を金曜日から火曜日に変更するだけで3万円引きの7万円にしてもらえて安く引越し出来ました。

私の場合時間がなかったので相見積もりはしなかったのですが、本当はここから2社以上から見積もりを取ればもっと安くなっていたかもしれません。

なので皆さんは2月に引っ越す場合、無料の引越し一括見積もりなどで相見積もりを取ってみることをおすすめします。

↓8割以上が利用している人気の引越し一括見積もり2選↓

1、達人セレクト【最速30秒で見積もり完了】

引越し達人セレクトは数ある一括見積もりサービスの中でも最も速く30秒で無料見積もりをすることができます。

荷物情報の入力も任意なのでまだ荷物情報の詳細が分からないという人も取り合えず無料見積もりだけでもしておくとその後料金交渉がスムーズに進みます(‘ω’)ノ

管理人の過去の実例をだすと引越し達人セレクトで見積もり比較したところ、63,800円から31,000円まで値下げすることに成功しました。

  • 業界最速!入力が簡単で30秒で無料見積もり
  • 荷物情報の入力が任意
  • 管理人の実例:63,800円→31,000円(半額以下の値下げに成功)

最速30秒!引越し達人セレクトはこちら

2、スーモ引越し【業界唯一の電話入力不要】

CMでもお馴染みの大手リクルートが提供している「SUUMO引越し見積もり」の優れた特徴は電話番号を入力しなくても無料見積もりができるところです。

申し込み後の電話対応が面倒な人や見積もりメールでとりあえず比較したい人にはおすすめです。

ちなみにスーモ引越しで見積もり比較したところ85,000円から42,000円まで値下げすることに成功しました。

  • 業界唯一!電話番号入力が任意で無料見積もり
  • 大手のリクルートが運営
  • 管理人の実例:85,000円→42,000円(半額以下の値下げに成功)

電話入力不要!スーモ引越しはこちら

2019年2月の引越しの吉日・凶日・縁起について

引越しを行う際には、カレンダーにも記載がある縁起が良い日として、六曜で良い日とされる大安を選んでおけば間違いありません。

引越しは新たな門出となるので、普段は信心深くない人であっても縁起担ぎだけは行いたいという人も多いはずです。

2019年2月の大安は、4・9・15・21・27日となっており、9日(土)と15日(金)が大安かつ引越ししやすい週末付近の日程となります。

午前中の引越しに対して縁起が良い先勝として23日(土)の午前便指定にすれば、縁起が良く引越し可能です。

縁起担ぎを行わずに引越しを行う人もいますが、家具が壊れたり事故に遭わずに新たな生活を始めたいと考えれば、少しでも運気が良い日を選んで引越したいと考えても不思議ではありません。

2月の賃貸物件は高い?安い?

2月の賃貸物件は、平均的に高くなります。なぜなら、春先に引越しを行う人を当て込んでリフォーム作業を終えるオーナーが多いので、価格よりも部屋の質で勝負しようと考えるからです。

3月迄に引越しすれば良い人であっても2月中に物件を決めておけば、引越し業者も確保しやすくなります。

学生の引越しならば、新しい場所に慣れておく必要があるので、3月を待たずに2月中の引越しを行う人も少なくありません。

不動産業者にとっては既に2月は繁忙期となっているので、オーナーに対する値下げ交渉を取り次ぐことなく、早く決めなければ埋まってしまうという急かす営業が主流となります。

2月に賃貸物件を探す際には、相場よりも安い物件ほど長期空室物件として不人気物件が多いので、割安な部屋を見つけた際には空室期間を必ず確認すると良いです。

関連記事

関連記事

  1. サカイ引越センターの評判は悪い!?ガチ口コミと見積もり料金相場

  2. レントラ便の口コミ評判・料金・メリット・デメリットまとめ

  3. 福岡-長崎の引越しが半額!?料金相場・安い業者・日数・裏技まとめ

  4. 2019年1月の引越しが半額!?料金相場・縁起・確定申告について

  5. 東京-千葉の引越し!料金相場・格安業者・時間・安くなる裏技

  6. 東京-山梨の引越しが半額!?料金相場・格安業者・裏技まとめ

引越し一括見積もり3選

  1. ファイン引越サービスは安い⁉口コミ評判や特徴を調査。

    2019.04.13

  2. 京都にあるK・S引越センターの評判はいかに!?口コミと料金調査!

    2019.04.02

  3. 旭川市の安いおすすめの引越し業者5選。料金相場と裏技も紹介。

    2019.03.25

  4. 日本最遠!北海道~沖縄間の引越し料金を相場より安くする方法。

    2019.03.21

  5. 東京都内の引越し難民に朗報!2時間5500円~のスタロジプッチ便とは

    2019.03.20

  1. 4月の引越しのイメージ画像

    4月の引越しが半額!?料金相場・安い日高い日・物件探しまとめ

    2018.02.09

  2. 【完全版】引越し見積もり料金が極限まで安くなる23の裏技!

    2018.02.07

  3. LIFULL引越し(旧ホームズ引越し)で見積もりした結果。125,000円→?

    2017.12.13

  4. 【口コミ】引越し達人セレクトを使ってみた結果。63,800円→?

    2017.12.13

  5. 衝撃!SUUMO(スーモ)引越し見積もりを使ってみた結果、85,000円→?

    2017.12.08

2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930