東京-大阪の引越しを激安に!費用相場・格安業者・裏技特集

本記事は広告を含む場合があります。

この記事ではと東京-大阪間の引越しにまつわる情報を紹介しています。

引越し前に気になる費用相場・人気の格安業者・引越し日数・引越し料金の安くなる裏技など知りたい人は参考にしてください!

smart引越し管理人
smart引越し管理人
ちなみに、破格で引越しできる帰り便や混載便に対応している業者をタイミングよく見つける方法は引越し一括見積もりサイトを利用すると効率よく見つけることができますよ。(^^)/

※8割以上が利用!人気の引越し一括査定2選

1、引越し侍【業界No.1の提携数】
業界最多の300社以上の中からアナタに合った激安な業者を選ぶことができます。東証プライム上場のエイチームが運営しているので安心して利用できます。
  • 業界最多!300社以上から最安値の業者を選択
  • 東証プライム上場の会社が運営していて安心
  • 管理人の実例:78,200円→35,000円(半額以下の値下げに成功)

利用率No.1!引越し侍はこちら

2、スーモ引越し【電話入力不要】
大手リクルートが提供している「SUUMO引越し見積もり」は業界唯一の電話入力が任意になっています。電話対応が面倒な人や見積もりメールでとりあえず比較したい人向けです。
  • 業界唯一!電話番号入力が任意
  • 大手のリクルートが運営
  • 管理人の実例:85,000円→42,000円(半額以下の値下げに成功)

電話入力不要!スーモ引越しはこちら

東京-大阪の引越し費用・料金相場

単身引越し 二人の引越し 家族引越し
通常期※1 60,000円 78,000円 172,000円
繁忙期※2 80,000円 156,000円 233,000円

※1閑散期(1月、5月、6月、7月、8月、10月、11月、12月)
※2繁忙期(2月、3月、4月、9月)
※上表はあくまでも参考値なので適切な引越し金額を保障するものではございません。

東京から大阪の引っ越しは距離的には約500kmあり、それなりの距離があり、物流量に関しても日本で一番多いであろう区間です。

東京から大阪の引っ越しになると基本的に陸送になりますが、様々なルートでの手段もあり比較的に値段を抑えられやすい特徴があります。

単身での引っ越し料金の相場は繁忙期で「6万~10万円」ほど、閉散期で「4万~8万円」ほどです。家族での引っ越しになると繁忙期で「15万~40万円」ほど、閉散期で「10万~25万円」ほどです。

関連記事【2024年完全版】引っ越し見積もり費用相場・料金目安※時期・人数・場所別

東京~大阪間の単身パック(ヤマト・日通)の料金は?

サービス ヤマト 日通
画像
Sサイズ 33,000円(1.83㎥)
Sサイズ×2 66,000円(1.83㎥×2)
Lサイズ 41,800円(1.96㎥)
Lサイズ×2 84,700円(1.96㎥×2)
自転車 20,930円※1
シングルベッド 20,930円※1

※表中はすべて税込み表記 ※日通の料金はネット割引(-1,100円)時の値段 ※1らくらく家財宅急便の値段

大阪~東京間で利用される人気の単身パック(ヤマトと日通)を比較してみました。

積載量は少ないですが、8,800円安いヤマトの利用を優先的に考えると良いと思います。

その他、割引サービスや追加料金などの詳細を知りたい人は以下の関連記事で確認してみてください。

東京-大阪の引越し!人気の格安大手引越し業者

東京から大阪の引越しと大阪から東京の引越しでは人気の引越し業者が異なってきます。ここではそれぞれの人気の格安業者を紹介したいと思います。

東京から大阪で人気の引越し業者BEST2 大阪から東京で人気の引越し業者BEST2
1位 サカイ引越センター東京西支社
サカイ引越センターの口コミ
アート引越センター大阪支店
アート引越センターの口コミ
2位 ハート引越センター東京センター
ハート引越センターの口コミ
アリさんマークの引越社なにわ支店
アリさんマークの引越社の口コミ

大阪から東京の引越しで人気の引越し業者【No.1】アート引越センターの口コミピックアップ

男性
男性
説明不足だったのが不満でしたがそれ以外は満足

投稿者男性
人数一人(単身引越し)
業者名アート引越センター
場所大阪から東京の引越し
料金30万円

東京から大阪に引越しをしたときに、アート引越しセンターを利用しました。そのときにかかった引っ越し料金は30万円でした。

引越しは3月の最終週の土曜日だったので、結構高めの値段で設定されていました。でも時期も時期なので仕方がないと思っていました。

引越し当日に東京の自宅にアート引越しセンターのスタッフがきてくれました。この引越し業者を選んだ理由は口コミにもいいことが多く書いてあり、信頼できると思ったからです。きてくれた引越し業者の人の印象はかなりよかったです。

さわやかに挨拶をしてくれて、スピーディーに丁寧に荷物を運び出してくれ、午前中で運び出しが終わりました。引越しの荷物がかなりあったので、大変だったと思うのですが、みんなスピーディーにしてくれたのがうれしかったです。

でも、一つ気になった点がありました。それは、あまり説明をしてくれなかったことです。作業自体はスピーディーでよかったのですがきちんと説明をしてくれなかったので、何時くらいに作業が終わるとかはっきりしたこともわかりませんでした。

また、支払いをいつしたらいいのかも説明がなくて、最後少しバタバタしました。カード支払いができると言われたりできないと言われたりしてそこが少しいらっとしました。でも、基本的にはとてもいい引越し業者でした。

smart引越し管理人
smart引越し管理人
3月とは言え、相見積もりしていればもう少し安くなっていたかもしれませんね!

東京-大阪の引越し!おすすめの格安地域密着の引越し業者

東京から大阪で人気の地域密着引越し業者BEST2 大阪から東京で人気の地域密着引越し業者BEST2
1位 ファミリー引越センター
ファミリー引越センターの口コミ
スマイル引越センター
スマイル引越センターの口コミ
2位 kizuna引越センター
kizuna引越センターの口コミ
live引越サービス
live引越サービスの口コミ

東京から大阪の地域密着引越し業者【No.1】ファミリー引越センターの口コミピックアップ

男性
男性
引越し業者はテキパキとスピーディーでした。

投稿者男性
人数家族4人の引越し
業者名ファミリー引越センター
場所東京から大阪の引越し
料金34万円→30万円

東京から大阪へ引越しをした際に、ファミリー引越センターという引越し業者を利用しました。料金は34万⇒30万円で小学生2人と夫婦の4人家族、時期は6月の初めでした。荷物の量は標準的で、4tトラック一台分でした。

良かった点としては東京から大阪という遠距離でしたが、引越し業者の責任者の方は大阪まで荷物と同行してくれたので、東京での荷積の時だけでなく大阪での荷下ろしの時もいてくれて心強かったです。

また、その方がすごく仕切が上手くてチャキチャキと手際よく進めてくれてあっという間に作業が終わった印象です。

ただ、あまり良くなかったのは見積もりに来た営業の方の押しが強かった点です。

他社と競合して見積もりをしていて、その旨も両者に伝えていたので価格とサービス競争の押しがすごくて、結果的に安くしてくれたので助かったというのはあるのですが、あまりにその意気込みが強すぎて、もうちょっと一歩引いた営業スタイルでも良いのにとは思ってしまいました。

東京-大阪間の引越しでかかる時間や日数は?


東京から大阪まで引っ越しにかかる日数ですが、荷物をすべてトラックに積み込むまでの時間と陸送する時間、荷物をトラックから卸す時間がかかってきます。

荷物の積み卸しにかかる時間は物量や引っ越し場所の環境にもよりますが、積みと卸し合わせて「約4時間」です。

東京から大阪をトラックで移動する時間は道路状況にもよりますが「約6時間」ですので、合計で「約10時間」あれば東京から大阪間の引っ越しは完了します。

なので、東京で朝一に引っ越しの作業すれば、夜には大阪に引っ越すことができますし、東京を昼一に引っ越しの作業をすれば夜中に大阪に着くことになるので、次の日朝一に引っ越しの作業になるため、「約2日」かかると思っておいた方が良いでしょう。

東京-大阪間の引越しを自力で引っ越す場合の高速料金は?

自力で引っ越す場合の、東京から大阪までの高速道路の使い方は様々なルートがあります。

一番王道なルートは「首都高から東名高速道路、名神高速道路を通って大阪府に入り、そこから阪神高速や近畿道、阪和道で目的地まで」というルートになります。

このルートを通るならETCなしの通常料金では「約14,000円」ほどかかり、ETCありの割引料金になると「約7,000円」ほどかかります。

この値段にガソリン代やレンタカー代などをプラスして料金がかかってきます。

東京-大阪の引越しを安くする裏技!「引越し一括見積もり」


東京から大阪間の引っ越しは比較的に値段を抑えられやすく、様々な引っ越し方法があります。

一番引っ越し代を安くあげる方法としては「平日に引っ越しする」ことです。週末に引っ越しする人も多くいますので、予約も取りにくく値段が割高になりがちです。それを避けるためにも出来る限り平日に引っ越すことで予約も取りやすく、需要も多くないので値段も抑えて引っ越すことができます。

もうひとつ引っ越し料金を安くあげる方法として「早割を利用する」ことです。引っ越し業者によっては1ヶ月前より予約した場合、引っ越し料金を割引してくれるサービスをしているところもあります。

引っ越す日にちが決まっていなく、変更になるかもという人にも対応していて、引っ越し予定日の2日前にキャンセルしてもキャンセル料を取らないところもあります。

引っ越す日にちが急でないのなら早割を利用することで引っ越し料金を安くすることができます。

関連記事

  1. 北海道(札幌)-千葉の引越し費用が相場の半額に!?おすすめ業者を暴露

  2. 滋賀の格安引っ越し業者7選!見積もり料金を安くする方法も!

  3. エース引越センターの口コミと料金相場。利用者の生の声公開。

  4. 京都赤帽の引越しで口コミや料金は悪いor良い!?

  5. 6月の引越しは料金や賃貸物件が安い⁉費用相場や吉日、激安裏技など

  6. 大阪-香川(高松市)の引っ越し料金が半額!?費用相場・おすすめ業者

  1. 池田ピアノ運送のピアノ引越し料金や口コミ裏情報まとめ。

    2024.04.17

  2. 【レビュー】タコヤキ引越センターの口コミ裏情報まとめ。

    2024.04.13

  3. 養生テープの比較調査※100均(ダイソー等)・通販・コンビニ・ホーム…

    2024.04.08

  4. サカイ引越センターの冷蔵庫だけの配送・処分・買取料金

    2024.04.03

  5. 【福岡市だと5,000円!?】引越しのヨシムラの口コミ裏情報

    2024.03.21

  1. 【2024年完全版】引っ越し見積もり費用相場・料金目安※時期・人数・…

    2023.01.05

  2. 【比較表付】引っ越し単身パック全16種類を比較(料金・サイズ・サー…

    2022.10.15

  3. 【スマホ割・都道府県別】引越し先で最もおすすめのネット回線※最安…

    2022.04.07

  4. 洗濯機・冷蔵庫だけの引越しが一番安いのは?(ヤマト・赤帽・業者・…

    2021.06.17

  5. 東京の引越しで安い業者10選・費用相場・おすすめ大手業者ランキング

    2018.09.03