12月の引越しが相場より半額!?安くなる方法や縁起や年末調整について

12月の引越し料金は高い?安い?相場について

12月の引越し料金は前半と後半で大きく変わり、月末に近づくほど引越し料金が高くなります。なぜなら、12月に引越しを予定している人は会社指示の転勤によるものではなく、別の理由で転居を行う人が多いからです。

子供がいる家庭では、引越しを長期休みに行い新学期からは新居から通うことを優先する世帯が多くなります。年末年始休暇は会社員であっても長期休暇として休みとなるので、年末に転居をして年始から新生活を始めようと考える人が多いわけです。

また、賃貸物件の引越しについては日割り家賃が発生するので、初期費用をなるべく安く抑えようとすると月末近くに引越しをする人が多いです。

旧住所の家賃は日割り計算されずに月単位となりますが、年内転居をしても引き渡し立会日を年末年始に行わない管理会社があるので、クリスマス時期を引越し日に選ぶ人が増えるわけです。

12月の引越しが5万円安くなった体験談

12月の引越し料金が、12月前半の平日に引っ越すだけで5万円安くなったことに驚きました。

夫婦2人暮らしの1LDKに住んでいて、隣の県まで100km程度移動する引越しを見積を取得した際に、クリスマス時期の見積もりでは値切っても9万円でした。

土曜日の午前中指定で見積もりを取得したことが原因だと考えて、いつが一番安くなるのか確認すると12月前半の平日月曜~木曜迄ならば、時間帯指定無しで4万円という驚愕の見積もり結果を得られたことに驚きです。

早期に予約すれば安くなると考えていましたが、実際には引越し依頼量が少ない12月前半迄は何とかして仕事を得たい引越し業者ほど、思い切った割引価格を提示することが分かりました。

最終的に11月末に見積もり取得したので、12月9日という平日を選んだことで4万円という引越しが実現出来て良かったです。

大手引越し業者の営業は、会社ごとに上旬・中旬・下旬という3区分けと前半・後半という2区分けで営業目標が決められているので、何とか上旬ギリギリに仕事が欲しかった引越し業者を見つけられたことが良かったです。

なので12月に安く引っ越したいなら11月に相見積もりをすることをおすすめします。

12月の引越しが半額!?↓8割以上が利用している人気の引越し一括見積もり2選↓

1、達人セレクト【最速30秒で見積もり完了】

引越し達人セレクトは数ある一括見積もりサービスの中でも最も速く30秒で無料見積もりをすることができます。

荷物情報の入力も任意なのでまだ荷物情報の詳細が分からないという人も取り合えず無料見積もりだけでもしておくとその後料金交渉がスムーズに進みます(‘ω’)ノ

管理人の過去の実例をだすと引越し達人セレクトで見積もり比較したところ、63,800円から31,000円まで値下げすることに成功しました。

  • 業界最速!入力が簡単で30秒で無料見積もり
  • 荷物情報の入力が任意
  • 管理人の実例:63,800円→31,000円(半額以下の値下げに成功)

最速30秒!引越し達人セレクトはこちら

2、スーモ引越し【業界唯一の電話入力不要】

CMでもお馴染みの大手リクルートが提供している「SUUMO引越し見積もり」の優れた特徴は電話番号を入力しなくても無料見積もりができるところです。

申し込み後の電話対応が面倒な人や見積もりメールでとりあえず比較したい人にはおすすめです。

ちなみにスーモ引越しで見積もり比較したところ85,000円から42,000円まで値下げすることに成功しました。

  • 業界唯一!電話番号入力が任意で無料見積もり
  • 大手のリクルートが運営
  • 管理人の実例:85,000円→42,000円(半額以下の値下げに成功)

電話入力不要!スーモ引越しはこちら

2018年12月の引越しの吉日・凶日・縁起について

引越しをするならなるべく縁起が良い日を選びたいと考える人は、カレンダーの六曜を参考にすると良いです。

引越しをする際に縁起が良い日とされているのは、天赦日・一粒万倍日・大安の順に吉日とされています。天赦日は年間で5~6日程度しかない最上級に縁起が良い日とされているので、月により天赦日があれば第一候補に挙げると良いです。

大安は全ての行動が吉と出るという意味合いがあり、六曜が掲載されているカレンダーならば大安は必ず印が付いています。一方、一粒万倍日はたった一粒の米が万倍にもなって返ってくるというありがたい意味となっています。

2018年12月に引越しするなら、天赦日は存在しないので一粒万倍日の12/9・10・21・22が良いです。第二候補として大安を選ぶならば、12/3・7・13・19・25・31となります。

12月の賃貸物件は高い?安い?

賃貸物件を探して引越しをする際には、探し始めて1週間後に即引越しとはなりません。検討した上で入居申し込みを行い、審査を経た上で契約をして入居に至ります。

12月に入ってから賃貸物件探しをする場合には、実際の入居が12月末または1月になってからの入居となるので賃貸物件相場は高くなる傾向があります。しかし、12月上旬に入居したいという場合ならば、実際に探す時期は前月の11月となるので賃貸物件相場は安いままです。

なぜなら、不動産屋の多くは月単位で営業目標を立てるので、11月末までに契約書を取り交わすことが出来ればオーナーとの交渉も喜んで行うからです。12月後半以降は春先まで不動産屋は繁忙期を迎えるので、賃貸物件相場は高くすぐに部屋を決めてくれる人優先となります。

12月の年末調整は新・旧住所のどっちで書くの?

12月中に引越しを行う際に、勤務先へ年末調整に必要な所得控除申請書類を書くように指示されることが多いです。既に転居先が決まっている場合には、新・旧どちらの住所で記載すべきか悩む人も多いでしょう。

年末調整は所得税だけでなく住民税の申告も兼ねているので、住民税の支払先は毎年1月1日現在に住民票を置いている住所地で書く必要があります。

前年の所得を翌年1月1日時点の住所で提出することになるので、住民票の移転を12月中に行うなら新住所、1月2日以降の日付で引越しした場合は旧住所を記載します。

住民票の届け出は、転居から14日以内に行うことになっていますが、役所は年末年始休業をしているので年明けに転入届を出す人も多くなります。住み始めた日という欄に記載する日付で年末調整の住所を決めれば良いです。

関連記事

関連記事

  1. 日通の単身パック(S,L,X,当日便,積んでみる1.5m3)の料金や口コミ

  2. 電話がうざいと評判のズバット引越しで比較した結果。96,000円→?

  3. 引越し一括見積もりサイトの比較から見るおすすめ3つ※2019年最新版

  4. 引っ越し難民の特徴・原因と2019年の引越し難民対策とは!?

  5. 【裏技】引越しの不用品処分や買取はジモティ一・メルカリで!!

  6. 引っ越しの立ち寄りプランの料金相場と安いおすすめ業者3選+口コミ

引越し一括見積もり3選

  1. 長崎県の安い引越し業者4選!それに料金相場や大手業者の口コミも。

    2019.07.12

  2. life link引越センターで見積もりしてみた。口コミと値下げ交渉術。

    2019.07.01

  3. 引越しに絶対使える!引っ越しの便利グッズ5選

    2019.06.25

  4. 沖縄配送の料金と口コミ | 沖縄の引越しは安くなるのか!?

    2019.06.17

  5. 新潟~神奈川(横浜市)の引越し料金を相場よりも圧倒的に安くする方法

    2019.06.10

  1. 7月の引越し料金が相場より4万円安くなるために私がした5つのこと

    2018.04.16

  2. 【完全版】引越し見積もり料金が極限まで安くなる23の裏技!

    2018.02.07

  3. LIFULL引越し(旧ホームズ引越し)で見積もりした結果。125,000円→?

    2017.12.13

  4. 【口コミ】引越し達人セレクトを使ってみた結果。63,800円→?

    2017.12.13

  5. 衝撃!SUUMO(スーモ)引越し見積もりを使ってみた結果、85,000円→?

    2017.12.08

2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031