6月の引越しは料金や賃貸物件が安い⁉費用相場や吉日、激安裏技など

引越しは時期によって料金相場が大きく異なり、安い月と高い月があります。6月はいろいろな面で引越しをするのにオススメの時期であり、どのような理由で梅雨のイメージが強い6月の引越しがオススメなのかをわかりやすく解説します。

ちなみに引越しの料金は一日でも早く見積もり比較することで安くなる可能性が高くなります。※早割やトラックに空きがある条件の良い業者をみつけやすくる為。

なので6月に引越し予定の人は可能なら5月頃から引越し業者の相見積もりを開始するのが良いです。

当サイトで紹介している引越し一括査定なら引越し予定日の2~3ヶ月前から相見積もりできるので無料で試してみるのもいいかもしれませんよ。

※8割以上が利用!人気の引越し一括査定3選

1、引越し侍【業界No.1の提携数】
業界最多の300社以上の中からアナタに合った激安な業者を選ぶことができます。東証一部上場のエイチームが運営しているので安心して利用できます。
  • 業界最多!300社以上から最安値の業者を選択
  • 東証一部上場の会社が運営していて安心
  • 管理人の実例:78,200円→35,000円(半額以下の値下げに成功)

利用率No.1!引越し侍はこちら

2、スーモ引越し【電話入力不要】
大手リクルートが提供している「SUUMO引越し見積もり」は業界唯一の電話入力が任意になっています。電話対応が面倒な人や見積もりメールでとりあえず比較したい人向けです。
  • 業界唯一!電話番号入力が任意
  • 大手のリクルートが運営
  • 管理人の実例:85,000円→42,000円(半額以下の値下げに成功)

電話入力不要!スーモ引越しはこちら

3、LIFULL引越し【単身向け】
LIFULL引越しは赤帽やクロネコヤマト等単身引越しが得意な業者と多数提携しているので単身者におすすめです。また荷物情報入力も任意なので最短30秒で無料見積もりも可能です。
  • 赤帽やヤマト等単身引越しが得意な業者と多数提携
  • 業界最速!入力が簡単で30秒で無料査定
  • 管理人実例:125,000円→60,000円(半額以下の値下げに成功)

単身向け!LIFULL引越しはこちら

6月の引越し費用・料金相場は?

引越しの繁忙期は2月の下旬から4月の上旬にかけてですが、6月の引越し費用は繁忙期よりも2割から3割程度安くなります。

単身者の引越しの場合、繁忙期の料金相場は約37,000円ですが、6月の単身者の引越しの料金相場は約27,000円です。繁忙期よりも10,000円近く安くなりますので、単身者の6月の引越しは大変お得だと言えます。

4人家族の引越しも6月は大変安くなり、料金相場は平均すると約50,000円です。繁忙期の料金相場は約82,000円ですので、6月に引越しをすると30,000円以上も節約できます。

なお、上記の金額はあくまでも平均値であり、実際の料金は業者や荷物の量、移動距離などによって違ってきます。正確な料金については、見積もりを取得することが必要です。

6月の引越しがおすすめな理由

6月の引越しがおすすめできる理由は、引越しの料金相場や家賃相場が安くなり、引越し会社のサービス内容も充実するからです。

6月の引越し料金は先に説明した通り繁忙期と比べると2割から3割安くなりますが、引越し会社によっては梅雨時限定のオプションサービスで、さらに値引きが可能になるケースがあります。

6月に引越しをする人は繁忙期と比べると少ないため、引越し会社は仕事量が減ってきます。引越し会社は顧客獲得のためにサービス内容を充実させる傾向があり、荷物が雨に濡れないように防水梱包を無料でしてくれるなど、手厚いサービスが受けられます。

また、引越しの作業員も時間的に余裕があるため、いつもよりも丁寧に搬出や搬入をしてくれますので、荷物の破損のリスクが軽減します。

一般的に梅雨時の6月の引越しは避ける人が多いですが、以上のようなメリットがありますので、6月の引越しを検討してみてはいかがでしょうか。特に引越し料金を安く抑えたい節約志向の方は、6月の引越しを強くおすすめします。

6月の物件・賃貸探しは損?得?家賃について

6月の引越しは料金が安いだけでなく、いろいろな面でメリットがあります。6月の引越しのメリットとして、4月から6月にかけての時期は賃貸の空き物件が多く、家賃相場が下がる可能性が高いことが挙げられます。

4月から6月になると空き物件が増える理由は、2月の下旬から4月の上旬にかけてが引越しのピークであり、空き部屋がたくさん発生するからです。他の時期よりも家賃が安くなりますので、6月の引越しは家賃を安くしたい人にとって最適です。

賃貸物件の仲介を行っている不動産会社は、引越しシーズンの2月下旬から4月上旬にかけては多忙を極めます。そのため、時間をかけて相談に乗ってもらえないことが多く、条件に合致する賃貸物件が見つからないことが多々あります。

しかし、6月は不動産会社は暇にしていることが多いので、担当者はじっくりと時間をかけて相談に乗ってくれます。よって、希望する条件に合致するマンションやアパートで暮らしたい方は、不動産会社が暇にしている6月に物件探しをすることをおすすめします。

2021年6月の縁起について。吉日や凶日は?


2021年6月に引越しをすると決めた場合、吉日や凶日が気になるものです。もちろん、吉凶日を全く気にしない人もいますが、吉凶日は日本人に深く根付いていますので、縁起を担いで引越しをしたい方のために、2021年6月の吉凶日について説明します。

2021年6月の引越しに良い吉日

  • 6月6日
  • 6月10日
  • 6月16日
  • 6月22日
  • 6月28日

これらの日は大安吉日ですので、引越しをするのに最適な日です。縁起を担いで引越しをしたい方はこれらの日を選ぶと良いでしょう。なお、6月28日は引越しを希望する人が増えると予想されますので、早めに見積もりを依頼することをおすすめします。

2021年6月の引越しに悪い凶日

  • 6月5日
  • 6月15日
  • 6月21日
  • 6月27日

これらの日は仏滅ですので、引越しをするのは良くない日とされています。もちろん、縁起を担がなければ仏滅の日に引越しをしても全く構いません。多くの引越し会社は仏滅の日の引越し料金を割引しており、他の日よりも安い料金で引越しができる可能性が高いです。

比較的安い6月の引越しをさらに安くする方法は?

6月の引越しは比較的安いですが、さらに安くするための裏ワザがあります。引越し料金を安くする裏ワザは「引越し一括見積もりサービス」を利用することであり、引越し一括見積もりサービスを利用すると、最も料金が安い引越し会社がどこなのかが簡単にわかります。

引越し料金は業者によって大きな違いがあり、業者選びが非常に大事になってきます。6月の単身者の引越し料金の相場は約27,000円ですが、業者によっては15,000円程度の料金で引越しが可能になる場合があります。

逆に、料金が異様に高い業者も存在し、単身者の引越しでも50,000円を超える料金を請求されることもあります。

引越し一括見積もりサービスを利用すると、複数の引越し会社から見積もりを取得することができ、見積もりを比較することで料金が最も安い引越し会社が判明します。

格安料金で引越しができる可能性が高まりますので、お得に引越しをしたい方は引越し一括見積もりサービスの利用をおすすめします。引越し一括見積もりサービスは誰でも無料で利用することが可能です。

関連記事

  1. 福岡~広島の引越し費用が相場よりも圧倒的に安い!?【格安裏技】

  2. 大阪~福井の引越しが…安くなる裏技!?おすすめ業者と口コミまとめ

  3. 東京-鳥取の引越しが半額!?料金相場・格安業者・裏技まとめ

  4. ヤバめ‼大阪~静岡の引越し料金を相場より安くする方法暴露。

  5. 東京~徳島の引越しが半額!?料金相場・格安業者・口コミまとめ

  6. 東京-福岡の引越しを安く!費用相場・格安業者・日数・裏技特集

  1. ハイエースレンタカーで引っ越し!積載量や積み方、レンタル料金比較

    2022.05.18

  2. 宮崎-大阪の引っ越しの全て。料金相場+人気業者+口コミ+格安裏技…

    2022.05.16

  3. coco引越センターの口コミ評判を調査して分かった料金や特徴。

    2022.05.12

  4. アート引越センターの(東西)札幌支店の料金や口コミで分かった事実。

    2022.05.08

  5. 【最新調査】広島県にある赤帽まとめ。料金相場や口コミ、裏技など

    2022.04.26

  1. 【スマホ割・都道府県別】引越し先で最もおすすめのネット回線※最安…

    2022.04.07

  2. 2022年2月の引越しが半額!?料金相場・格安裏技体験談・賃貸物件

    2018.06.08

  3. 引越し一括見積もりサイトの比較から見るおすすめ3つ※2022年最新版

    2018.05.03

  4. 5月のイメージ画像

    5月の引越しが半額!?料金相場や安くなる方法、縁起、物件探し

    2018.03.13

  5. 【完全版】引越し見積もり料金が極限まで安くなる23の裏技!

    2018.02.07