大阪-岐阜の引越しが半額!?料金相場・単身パック・安い業者・日数

この記事では大阪-岐阜間の引越しにまつわる情報を紹介しています。

大阪~岐阜の引越しを少しでも安く済ませるには、繁忙期や休日を避けることが有効です。さらにフリー便といって、時間を指定しないと安くなります。とは言っても引越しは自分で時期や時間を選べないことも多いです。

そんなときには引越し一括見積りサービスを利用しましょう。1回の見積りの依頼で複数の業者に大まかな見積り額を出してもらえます。

smart引越し管理人
smart引越し管理人
業者も一括見積りからの問い合わせとわかっているので、他の業者の値段に対抗しようと頑張ってくれる確率が高くなります。

大阪-岐阜の引越しが半額!?8割以上が利用している人気の引越し一括見積もり2選

※8割以上が利用!人気の引越し一括査定3選

1、引越し侍【業界No.1の提携数】
業界最多の300社以上の中からアナタに合った激安な業者を選ぶことができます。東証一部上場のエイチームが運営しているので安心して利用できます。
  • 業界最多!300社以上から最安値の業者を選択
  • 東証一部上場の会社が運営していて安心
  • 管理人の実例:78,200円→35,000円(半額以下の値下げに成功)

利用率No.1!引越し侍はこちら

2、引越し達人【最速30秒で査定】
引越し達人セレクトは荷物情報入力が任意なので最速30秒で無料見積もりをすることができます。時間がない人や荷物情報がまだ不明という人におすすめです。
  • 業界最速!入力が簡単で30秒で無料査定
  • 荷物情報の入力が任意
  • 管理人の実例:63,800円→31,000円(半額以下の値下げに成功)

最速30秒!引越し達人はこちら

3、スーモ引越し【電話入力不要】
大手リクルートが提供している「SUUMO引越し見積もり」は業界唯一の電話入力が任意になっています。電話対応が面倒な人や見積もりメールでとりあえず比較したい人向けです。
  • 業界唯一!電話番号入力が任意
  • 大手のリクルートが運営
  • 管理人の実例:85,000円→42,000円(半額以下の値下げに成功)

電話入力不要!スーモ引越しはこちら

大阪-岐阜の引越し費用・料金相場

単身引越し 二人の引越し 家族引越し
通常期※1 36,000円 72,000円 121,000円
繁忙期※2 42,000円 90,000円 151,000円

※1通常期(1月、5月、6月、7月、8月、9月、10月、11月、12月)
※2繁忙期(2月、3月、4月)
※上表はあくまでも参考値なので適切な引越し金額を保障するものではございません。

大阪~岐阜の単身者の引越しにかかる料金相場は、通常期は35,000円で繁忙期になると40,000円です。家族の場合は通常期は120,000円で、繁忙期になると150,000円かかります。

比較的距離が遠くないので、引越し料金としては負担が少ない範囲でしょう。

単身者、家族ともに繁忙期になると料金は高くなります。これは繁忙期になると引越しが殺到しますので、トラックや人材がフル稼働になります。

人件費や輸送にかかる車輛代や燃料代で経費もかさみます。繁忙期には特に臨時のスタッフを雇うなど人件費がかかるので、その分が料金に反映しますから高くなります。

大阪-岐阜間の引越しを単身パックを利用するといくら?

“単身者の場合は通常の引越しコースの他に単身パックの利用も可能です。

例えば日通の単身パックでは幅・奥行・高さが1m×1m×1.5mのスペースに詰めるだけと制限があります。このプランだと25,000円で済みますからお得です。意外とスペースに詰めるので、荷物が多くない方なら料金でメリットがあります。

同じようにクロネコヤマトの引越しでも単身パックがあります。こちらも大阪~岐阜では23,000円とリーズナブルです。どちらも制限はありますが、まとまる荷物量ならお得になるメリットの方が多いですから、うまく活用しましょう。

大阪-岐阜の引越し!人気の格安大手引越し業者

大阪から岐阜の引越しと岐阜から大阪の引越しでは人気の引越し業者が異なってきます。ここではそれぞれの人気の格安業者を紹介したいと思います。

大阪から岐阜で人気の引越し業者BEST2 岐阜から大阪で人気の引越し業者BEST2
1位 アート引越センター大阪支店
アート引越センターの口コミ
サカイ引越センター岐阜支社
サカイ引越センターの口コミ
2位 ハトのマークの引越専門大阪中央センター
ハトのマークの引越センターの口コミ
日本通運岐阜引越センター

日本通運の口コミ

大阪から岐阜で人気の引越し業者【No.1】アート引越センターの口コミピックアップ

女性
女性
大手は評判を気にするのか対応がきちんとしています

投稿者46歳女性
人数1人
場所大阪から岐阜の引越し
料金200,000円→80,000円

現在の夫と遠距離恋愛中の時期で、彼が住んでいた長野から岐阜へ転勤となったタイミングで結婚することにし、自身は大阪での仕事をやめて岐阜へ引越しました。

時期が2月だったため、ネットで行った一括見積りサービスの複数社から「積雪対応できないので受注できません」と断られたのは少し驚きでした。大阪からの引越しですから岐阜の会社に依頼するのも難しいですし、全国対応している大手しか選択肢はなかったです。

アートやアリさんなど複数社に見積もりに来ていただき、引っ越し日時と内容に問題のない会社から一番価格が安かったサカイを選びました。その後も転勤を複数回していますが、時間指定は常に朝一番にしています。それ以外だと、作業開始時間が予定通りにいかないことがあるためです。

マンションからマンションへの引越しですが、エレベーターもあって問題ありませんでしたし、室内も共用部もきちんと養生していただいて、何も問題はありませんでした。

結婚に伴う引越しですから不要家電がありましたが、妥当な値段で引き取っていただいたと考えています。

大阪-岐阜の引越し!おすすめの格安地域密着の引越し業者

大阪から岐阜で人気の地域密着引越し業者BEST2 岐阜から大阪で人気の地域密着引越し業者BEST2
1位 プロスタッフ
プロスタッフの口コミ
ティーエスシー引越センター
ティーエスシー引越センターの口コミ
2位 アップル引越センター
アップル引越センターの口コミ
ジョイン引越ドットコム
ジョイン引越ドットコムの口コミ

岐阜から大阪の地域密着引越し業者【No.1】ティーエスシー引越センターの口コミピックアップ

男性
男性
名前を聞いたことがなく不安でしたが、対応に満足しています。

投稿者32歳男性
人数1人
場所岐阜県から大阪府の引越し
料金72,000円の提示でしたが、最終的には63,000円ほどでした。

岐阜で2年ほど過ごし仕事都合で大阪に引っ越すことになり、不動産が提携していた引っ越し業者さんに依頼しました。

アパートからマンションへの引っ越しでした。見積もりなどは丁寧に対応していただいた記憶があります。また、段ボールなども指定通りに届けてくださるなど問題ない業者でした。当日は、2名の作業員の方がいらっしゃいました。

梱包などは全て自分で行っていましたので、荷物をトラックに運んでいただくだけでしたので、そこまで時間はかからなかったです。ただ、引っ越し先には、業者の方が予定よりも早く着いていらっしゃり、こっちはいろいろ手続きなどもあり、しばしお待たせしてしまいました。

そのときは、私もいろいろ焦ってしまった思いがありましたので、そのあたりの時間的な配分も考慮してもらえたら尚良かったなという気がしています。ただ、全体的な対応からサービス内容まで満足しています。

smart引越し管理人
smart引越し管理人
不動産に紹介された引越し業者をそのまま利用されたということで、最終的に63,000円ということですが、相見積もりしていたら、もう少し安くなっていたかもしれませんね!
関連記事不動産紹介の引越し業者をおすすめしない2つの理由

大阪-岐阜間の引越しでかかる時間や日数・距離は?

大阪から岐阜まではおおよそ200km離れています。この距離なら午前中に搬出をすれば、その日中に引越し先に搬入まで完了できます。

ただ午後から搬出を行う場合は引越し先到着、作業が夕方や夜になってしまいます。周囲の状況によっては翌日に搬入をしてもらう方がよいかもしれません。ただ、作業自体は1日で完結できる距離ですから、作業も進めやすいです。

また、トラックを使った陸運になります。高速道路を使う場合も珍しくありません。移動の時間を無駄にかけないで済むので、高速道路利用は特にこだわりがなければお願いした方がよいでしょう。

大阪-岐阜間の引越しを自力で引越しする場合高速料金やレンタカー代はいくら?

“距離がそこまで遠くないだけに、自分でトラックをレンタルして引越しをすることも難しいことではありません。そのときかかる費用としてはレンタカー代が挙げられます。

例えばトヨタのハイエースはレンタル時間が12時間で12,420円です。引越し料金よりは安いですが、ここにガソリン代や高速代も加わります。

乗り捨てするなら別途料金もかかりますので、意外と料金のトータルはかさみます。レンタルを延長すると割高になるので、時間を考えて計画的に動く必要が出てきます。また、運転以外の搬出搬入にかかる時間もレンタル時間に加味しなくてはなりません。

大阪-岐阜間で、自動車を陸送する場合の値段は?

自分の車も一緒に引越し先に持っていく場合には、自分で運転するか車も運んでもらうことになります。

自分で運べない場合は引越しの荷物とは別に依頼しなくてはなりません。車の輸送だけを専門で半世紀以上にわたっておこなってきた、株式会社ゼロも定評があります。車種や距離によって値段は異なるので見積りをしてくれます。

同じように車の輸送を請け負ってくれるマイカー輸送センターも実績があります。トヨタのプリウスを例にとると、大阪~岐阜だと37,730円が基本です。

引越し業者でも車の搬送も請け負ってくれる場合もあります。例えば日通ではどんな車種でも二輪車でも輸送をしてくれます。また、アーク引越しセンターなどの大手業者でもオプションとしてサービスがあります。これなら荷物も車も手配が一括でできますし、料金もまとめてなのでお得になることが多いです。

大阪-岐阜の引越しを安くする裏技3つ!

引っ越しシーズンを避ける!

引っ越し料金を安くする方法の一つには「引っ越しシーズンを避ける」といった方法があります。

引越し業者が設定する引っ越し料金というものは、引っ越しの依頼が多い3月~5月といった繁忙期になると高くしてくるのが一般的です。3月~5月は大学入学や会社への就職などがあり、何かと引っ越しを必要としてしまい、1年の中でも最も引っ越しをする件数が多くなります。そのような引っ越しの繁忙期に引越し業者に依頼してしまうと、引っ越し料金がやや割高になってしまいます。

一方、引っ越しが少ない閑散期に引越し業者に依頼すれば、引っ越し料金が安くなっていることが多く、一般的な相場よりも安く依頼することができますよ。

無駄なオプションサービスは利用しない!

引っ越し業者の多くが「オプションサービス」といった、さまざまなサービスを用意しているのが一般的です。主に、梱包サービスや荷造りサービス、梱包材のレンタル・回収サービス、家電や家具の設置サービスなどがあり、今では引っ越し業者のオプションサービスを売りにしているところもあります。

引っ越し料金を安くするには、これらの「オプションサービスをできるだけ利用しない」といったことがあり、基本料金のまま引っ越し業者に依頼する方がいいでしょう。特に荷物の梱包や荷造りといったことは、自分でできるのであれば自分で行った方が引っ越し料金を安くすることができます。

「引越し一括見積もりサイト」を利用する!

引っ越し料金を安くするための最も有効的な方法は「引越し一括見積もりサイトを利用する」といったことです。

「引越し一括見積もりサイト」とは、複数の引っ越し業者の引っ越し料金を瞬時に見積もりできるサービスサイトのことで、一般的には無料で利用できます。

引っ越し先や荷物の量など、同じ条件下のもとで複数の引っ越し業者に見積もりすることができるので、おのずと最安値で依頼できる引っ越し業者を見つけることができます。

今ではいくつもの「引越し見積もりサイト」があり、1つのサイトだけではなくいくつかの「引越し見積もりサイト」を利用してみるのも、引っ越し料金を安くするためにはオススメの方法です。

関連記事

  1. やさか引越センターの評判は悪いの⁉【厳選本音口コミ】

  2. バカ高い神奈川(横浜)~沖縄間の引越しが半額!?料金相場と格安業者

  3. 引越一番が安い!?口コミ評判や料金相場【愛知県刈谷市の業者】

  4. 大阪-千葉の引越し見積もりが半額⁉費用相場・格安業者・裏技特集

  5. 東京~宮崎の引越し代が半額!?料金相場・格安業者・日数まとめ

  6. 東京-沖縄の引越しは高い?費用相場・格安業者・単身パック・日数

引越し一括見積もり3選

  1. 和歌山県の引越しが安い⁉安いおすすめ業者3選と口コミ、料金相場

    2020.11.17

  2. 引っ越しで相見積もりは値下げの基本!交渉のコツや断り方

    2020.11.16

  3. 【2020年最新版】単身引越しの安い業者ランキング※83社から厳選

    2020.11.13

  4. 大阪-岐阜の引越しが半額!?料金相場・単身パック・安い業者・日数

    2020.11.12

  5. 山形県の引越しが半額!?口コミ評判と安くなる方法

    2020.11.10

  1. 12月の引越しが相場より半額!?安くなる方法や縁起や年末調整について

    2018.05.31

  2. 体験談から分かる11月の引越し料金を相場より圧倒的に安くする方法

    2018.05.14

  3. 引越し一括見積もりサイトの比較から見るおすすめ3つ※2020年最新版

    2018.05.03

  4. 【完全版】引越し見積もり料金が極限まで安くなる23の裏技!

    2018.02.07

  5. 【口コミ】引越し達人セレクトを使ってみた結果。63,800円→?

    2017.12.13