4月の引越しが半額!?料金相場・安い日高い日・物件探しまとめ

4月の引越しのイメージ画像
本記事は広告を含む場合があります。

新年度のスタートである4月は、多くの人が進学・就職・転勤などにより新天地にて新生活を始めます。

それにともなって急激に引越し件数が増えるこの時期は引越し業界の繁忙期といわれ、時期としては2~4月頃、特に3月下旬~4月上旬が最繁忙期といわれています。

引越しの申し込みが殺到するこの時期の引越し料金は、当然値上がりする傾向にあります。

そこで今回は、4月引越し繁忙期の料金相場と、この時期に引越しをせざるを得ない場合に引越し費用を安く抑える方法についてご紹介します。

※8割以上が利用!人気の引越し一括査定2選

1、引越し侍【業界No.1の提携数】
業界最多の300社以上の中からアナタに合った激安な業者を選ぶことができます。東証プライム上場のエイチームが運営しているので安心して利用できます。
  • 業界最多!300社以上から最安値の業者を選択
  • 東証プライム上場の会社が運営していて安心
  • 管理人の実例:78,200円→35,000円(半額以下の値下げに成功)

利用率No.1!引越し侍はこちら

2、スーモ引越し【電話入力不要】
大手リクルートが提供している「SUUMO引越し見積もり」は業界唯一の電話入力が任意になっています。電話対応が面倒な人や見積もりメールでとりあえず比較したい人向けです。
  • 業界唯一!電話番号入力が任意
  • 大手のリクルートが運営
  • 管理人の実例:85,000円→42,000円(半額以下の値下げに成功)

電話入力不要!スーモ引越しはこちら

【単身・カップル・家族別】4月の引越し費用相場・料金目安

4月引越し 単身 カップル 家族
荷物量少なめ 37,000円 58,000円 84,000円
荷物量多め 50,000円 80,000円 114,700円

※上表は目安表です。表内に記載されている金額を保証するモノではありません。

4月の引越し費用の相場をみていきましょう。地域や移動距離にもよりますので全体の平均でみていきます。

まず、単身の場合、荷物が少なければ37,000円ほど、荷物が多い場合は50,000円ほどになります。

また、カップルの場合は50,000~80,000円ほど、3人家族以上になると84,000~114,700円と高額になってきます。

繁忙期の引越し料金は通常期のそれよりおよそ1.5倍ほどになりますが、冒頭でも述べたとおり、繁忙期の中でも最繁忙期となる3月下旬~4月上旬の料金相場はさらに値段が上昇する恐れがありますので注意が必要です。

4月中旬からは、多くの人が引越しを終え、引越し件数はゆるやかに減少していきますが、4月下旬になると今度はゴールデンウィークにさしかかりますので、またここで引越し件数は増加してきます。

4月は総じて引越し件数が多く引越し料金相場も高くなる月ですが、4月の中でも上旬・中旬・下旬のどの時期に引越すかで料金に大きな差が出てきやすい月でもあります。

4月にやむを得ず引越しをする場合は可能であれば中旬を狙いましょう。

さらに料金をおさえる工夫として、せめて週末は避ける、抵抗がなければ「仏滅」を選ぶ、など、細かく引越し日を厳選するとよいでしょう。

関連記事【2024年完全版】引っ越し見積もり費用相場・料金目安※時期・人数・場所別

4月も繁忙期?4月の引越しが高い理由

4月の引越しは、進学・就職・転勤などの理由で、1年のうちでも特に、「引越し時期をずらせず、4月を選ばざるを得ない」「本当は3月中に引越したかったが、引越し業者の予約がとれず4月にずれこんでしまった」人が大変多く引越し件数が激増します。

引越し業者は圧倒的な人手不足に陥って逼迫し、そのことが料金に反映されて大幅に値段が上昇します。引越し業者の人手不足については、引越し件数激増とは別の側面があります。

3月に比べ引越し件数がゆるやかに減少する傾向にある(まだまだ繁忙期ではありますが)4月ですが、今度は高校や大学が新学期を迎えて授業が始まるために、3月の春休みを利用して引越しのアルバイトをし、繁忙期に経験を積んだ貴重なアルバイトスタッフである学生が平日の引越し業務から抜けてしまいます。

まだまだ引越し件数が多いにも関わらず学生スタッフが抜けることにより人手不足がさらに加速し、4月の引越し料金は高くなるのです。

2024年4月引越しの高い日・安い日は?【カレンダー付き】

20244
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

引越し料金がピークに高くなる日、引越し料金が高くなりやすい日、引越し料金が安くなりやすい日

4月の中で特に混雑が予想されるのは4月1日~7日の前半です。次いで27日~31日の後半が高くなりがちです。

可能なら5月か4月中旬にずらす事をおすすめします。いずれにしても、一日でも早く見積もり比較してアナタの引越し条件にあった最安値の引越し業者を探しましょう。

参考元:全日本トラック協会の引越混雑予想カレンダー

4月の物件探し(部屋探し)はお得?損?

引越し繁忙期の2か月前頃、特に1~3月にかけてが、物件探しをする人が集中する時期になります。

条件のよい物件からどんどん埋まっていきますが、この時期の特徴として、一番多く需要があるのは進学・就職のために引越しをする単身向けの間取り物件になります。

よって、4月には、条件のよい単身向け物件は数が少なくなっています。

が、反面、1~3月の物件探しピーク時には難しい、家賃その他礼金などの値下げ交渉が、繁忙期を過ぎた4月中旬頃には多少受け入れられやすくなるという側面や、貸主が強気な価格設定をしていた物件が残っている場合は、価格改定がなされお得に契約できる場合もあります。

繁忙期を過ぎて残っている空室は、次にいつ借主があらわれるかわからないので、貸主はお得に貸し出そうとする可能性があります。ぜひ、値段交渉をしてみる価値はあるでしょう。

加えて、就職や転勤などで引越しをする人が多いということはそれだけ出ていく人が多いということですから、条件のよい掘り出し物件が出てくる可能性もあります。

たとえば、条件の良い物件に住んでいた人が3月に引越しをしたとすると、その物件はその後クリーニングなど内装に手を入れられますので、空室期間がうまれます。その期間を経て再び借主募集となるのがちょうど4月にあたるというわけです。

また一方で、4月後半になってくると、6月のジューンブライドの引越しに向けて新婚さん向けの間取りの物件が多く出てきますので、新婚さんにとってはこの物件出始め時期に物件探しをすることで条件のよい物件に巡り合える機会が多くなるでしょう。

関連記事6月の引越しは料金や賃貸物件が安い!?費用相場や吉日、激安裏技など

保育園(幼稚園)の入園と引越しが重なる場合はどうすればいい?

保育園や幼稚園への入園を控えているお子さんのいるご家庭が引越しすることになった場合、まず、引越し先が判明次第、その地における保育園(幼稚園)の入園選考基準や諸条件、入園手続き方法や必要書類についての調査を始めましょう。

たとえば認可保育園を希望する場合、住民票を移してからであれば、通常通りの条件・手続きが可能となりますが、住民票を移す前に入園手続きをしようとしたとき、入園選考において不利になることがあります。

救済策を設けている自治体もあり、売買契約書あるいは賃貸契約書を提出することにより「転入することが確実である」と証明できれば、通常通り(在住者と同等の基準で)選考される、といったケースがあります。

これらは自治体によってまちまちですので、まずは転居先の自治体に問い合わせるとよいでしょう。

関連記事引っ越し時の保育園の疑問集。保育園に入れない!やそのまま変えたくない場合の対策

4月の引越し見積もり料金を安くする方法は?

引越し業者に依頼して引越しする場合、複数の業者に引越し料金の見積もりを依頼しましょう。4月の繁忙期でも、料金は一概に同一ではなく、思わぬ料金差に驚くことがあります。

複数の業者の見積もり結果を比較してその地域のだいたいの料金相場を把握することが大切です。

また、繁忙期であることを理由に高額な値段を提示してくる業者と、繁忙期にしては良心的な値段を提示してくる業者がいることがわかるかも知れません。

複数の業者に見積もり依頼をする方法について、閑散期には、一社一社、順番に自宅に見積もりに来てもらうことで、業者Aはこの値段だったがそれより安くなるか、などの値段交渉をするなどの裏ワザが通用することもありますが、4月の繁忙期はどの業者も忙しいため、値段交渉に応じてくれる可能性は低くなります。

また、のんびり構えているとあっという間にどの業者もスケジュールがうまってしまい、値段交渉どころか申込みすらできなくなってしまうこともあります。このとき、複数の業者における引越し料金が手軽に一括見積もりできるサイトがありますので便利に活用しましょう。

スマートフォンやパソコンから条件その他を入力し、数分で複数の業者の見積もりを取得することができます(無料)。荷物の量や移動距離、その他オプションサービスなど同条件における引越し料金を比較し、最安値の業者に依頼することができます。

その他のメリットとしては、業者側も、一括見積もりサイトに登録しているということは、他者との間で料金比較されることが前提となっているため、高額な値段を提示していては他社との競争に負けてしまいますので、適正価格かそれ以下の見積もり価格を提示してくることが多くなるでしょう。

また、一括見積もりサイトを運営している会社を仲介することになりますので、悪徳業者は除かれている可能性があり、自分で一から業者をリストアップするより安心が得られるといったメリットもあります。

関連記事

  1. 大阪-沖縄の引越しが半額以上安い!?料金相場・格安業者・日数まとめ

  2. やさか引越センターの評判は悪いの⁉【厳選本音口コミ】

  3. 9月の引越しで大事なこと5つ(料金相場・縁起・賃貸・高い日・安い日)

  4. 大阪~石川(金沢市)の引越しコレで決まり!料金相場とおすすめ業者

  5. サカイ引越センターの評判は悪い!?ガチ口コミと見積もり料金相場

  6. 東京~長崎の引越し総まとめ。料金相場・おすすめ業者・日数等

  1. 【東京⇔大阪限定】引越しの単身パック8社比較※料金・サイズなど

    2024.04.20

  2. 池田ピアノ運送のピアノ引越し料金や口コミ裏情報まとめ。

    2024.04.17

  3. 【レビュー】タコヤキ引越センターの口コミ裏情報まとめ。

    2024.04.13

  4. 養生テープの比較調査※100均(ダイソー等)・通販・コンビニ・ホーム…

    2024.04.08

  5. サカイ引越センターの冷蔵庫だけの配送・処分・買取料金

    2024.04.03

  1. 【2024年完全版】引っ越し見積もり費用相場・料金目安※時期・人数・…

    2023.01.05

  2. 【比較表付】引っ越し単身パック全16種類を比較(料金・サイズ・サー…

    2022.10.15

  3. 【スマホ割・都道府県別】引越し先で最もおすすめのネット回線※最安…

    2022.04.07

  4. 洗濯機・冷蔵庫だけの引越しが一番安いのは?(ヤマト・赤帽・業者・…

    2021.06.17

  5. 東京の引越しで安い業者10選・費用相場・おすすめ大手業者ランキング

    2018.09.03