【スマホ割・都道府県別】引越し先で最もおすすめのネット回線※最安・最速調査

総務省の調査ではインターネットの個人利用率は、スマホとPCを合わせると83%を超えるほど。

ネットニュースの速報から電子書籍、各種予約システムやクーポンの取得にSNSなどインターネットは現代生活に欠かすことができません。

私的な趣味だけではなく、ZOOM会議やテレワークの需要の高まっている昨今では最早ライフラインと言っても過言ではないインターネットですが、引越しをするともう一度環境を整える必要があります。

一部賃貸住宅では「ネット無料」の物件もありますが、まだまだ少数派。新居でも快適かつリーズナブルなネット契約をして、新生活を楽しみましょう!

※8割以上が利用!人気の引越し一括査定3選

1、引越し侍【業界No.1の提携数】
業界最多の300社以上の中からアナタに合った激安な業者を選ぶことができます。東証一部上場のエイチームが運営しているので安心して利用できます。
  • 業界最多!300社以上から最安値の業者を選択
  • 東証一部上場の会社が運営していて安心
  • 管理人の実例:78,200円→35,000円(半額以下の値下げに成功)

利用率No.1!引越し侍はこちら

2、スーモ引越し【電話入力不要】
大手リクルートが提供している「SUUMO引越し見積もり」は業界唯一の電話入力が任意になっています。電話対応が面倒な人や見積もりメールでとりあえず比較したい人向けです。
  • 業界唯一!電話番号入力が任意
  • 大手のリクルートが運営
  • 管理人の実例:85,000円→42,000円(半額以下の値下げに成功)

電話入力不要!スーモ引越しはこちら

3、LIFULL引越し【単身向け】
LIFULL引越しは赤帽やクロネコヤマト等単身引越しが得意な業者と多数提携しているので単身者におすすめです。また荷物情報入力も任意なので最短30秒で無料見積もりも可能です。
  • 赤帽やヤマト等単身引越しが得意な業者と多数提携
  • 業界最速!入力が簡単で30秒で無料査定
  • 管理人実例:125,000円→60,000円(半額以下の値下げに成功)

単身向け!LIFULL引越しはこちら

smart引越し管理人
smart引越し管理人
都道府県別に2022年版引っ越し先で最もオススメするインターネット回線をピックアップしましたので、↓の目次をクリックしてみてくださいね!

基本的にはスマホ割+ネット回線に契約するのが最安値!【注意点もあり】

ネット・スマホの普及率がかなり高くなっている一方で、新規加入者を増やすためには各社営業努力をしています。そのひとつが、スマホとネット回線を同時に契約することで割引にするセット割引制度の導入です。

ドコモ、ソフトバンク、auの3大キャリアや大手格安SIM会社であれば、ほとんど採用している制度です。

ただし、各社割引条件が異なります。携帯会社によってネット回線が決められているのはもちろん、割引が永年なのか年数が限られているのか。契約者だけが対象なのか同じキャリアユーザーの家族も対象なのか。オプション加入が必要なのか否か、オプションを加味するとそれほど特になるのか…。

またahamo(ドコモ)、povo(au)、LINEMO(ソフトバンク)の3大キャリア新ブランドは、スマホの基本プランが格安設定ということもあってか、ネット回線とのセット割引に申し込めません。

現在自分が契約しているキャリアのままネット回線をセットにしたいのか、キャリアの乗り換えも(場合によっては家族含めて)検討する機会かもしれませんね。

全国対応!ドコモスマホユーザーは「ドコモ光」一択


3大キャリアの中でもシェア率トップのドコモ。GMOとくとくBBのドコモ光回線の満足度は96.8%と非常に高いです。まず挙げられる理由としては通信速度が速い点。

次世代技術v6プラスを採用していて下り速度350.73Mbps、上り速度305.35Mbps(全国平均)と、大容量コンテンツもサクサク繋がります。v6プラスは時間帯によって混雑し速度の遅延を招く従来型の接続サービスと異なり、アクセス集中ポイントを通らないため、ネット回線がスイスイ快適なんです。

だからネット会議やネットゲームにも強い!さらに、ドコモ光に申し込めばこのv6プラス対応の高性能Wi-Fiルーターのレンタルが無料でできちゃうんですね。

ドコモ光の利用料金は戸建てで5,720円、集合住宅で4,400円です(2年定期契約ありの場合)。ドコモユーザー1人につき最大1,100円が携帯料金から割引されます(家族割の申し込みが必要)。

しかも期間限定ではなく永年です。4人家族全員がドコモユーザーで、マンションに引っ越すとしたらネットの利用料金が実質タダ、ということになります。注意点としてはドコモユーザーであってもahamo利用者はカウントされません。

また、最大割引料金が適用されるのは「ギガホ」「ギガライト」の利用者です。さらに言うと「ギガライト」の利用者で最大割引が適用されるのは3GB以上のデータ通信料の利用者となっています。~3GBの利用者は550円の割引、~1GBの利用者は割引がありません。

「カケホーダイ&パケあえる」の利用者はプランによって異なりますが1世帯110円~3,850円が携帯料金から割り引かれます。上限GBが少なければ割引率が低くなるシステムです。

現在実施中のキャンペーンとしては新規申し込み者の基本工事が無料、他社からのインターネットサービスの解約違約金補助20,000円のキャッシュバックサービスが挙げられます。

公式サイトからの申し込みでないとキャンペーンの対象にならないので注意してください。

また、ドコモは大手の会社ですが、ドコモ光の提供サービスをしていない地域も稀に存在します。フレッツ光の提供エリアに準じていますが、公式サイトから引越し先の地域が提供エリアか否かを確認してくださいね。

ドコモ光の公式HPはこちら

実質料金 マンション2,466円、戸建3,786円※1
独自キャンペーン v6プラス対応の高性能Wi-Fiルーターのレンタルが無料、2年定期契約の更新のたび3,000pt(dポイント)
キャッシュバック 最大20,000円、2000ptのdポイント※条件あり
乗り換え解約金補助 20,000円
速度 下り速度350.73Mbps、上り速度305.35Mbps※全国平均
スマホ割 docomoスマホ
月額料金 集合住宅4,400円、戸建て5,720円※2
エリア 全国
契約事務手数料 3,300円
工事費用 戸建:19,800円(税込)、マンション:16,500円(税込)が0円※新規契約の場合
解約費用 契約期間中の解約は戸建タイプ14,300円、マンションタイプ8,800円※契約満了月の当月・翌月・翌々月は0円

※1 スマホ割の最大金額+2万のキャッシュバックが適応された場合の2年間の総額を月換算した料金です。
※2 2年定期契約ありの場合

smart引越し管理人
smart引越し管理人
スマホプラン別の割引額やエリア情報、期間限定キャンペーンなどはドコモ光の公式サイト「https://gmobb.jp/docomohikari/」で確認しみてくださいね。

ソフトバンクスマホユーザーで速度重視なら「NURO光」


「NURO光」の通信速度は下り最大2Gbps(ネットワークから宅内終端装置へ提供する技術規格上の下りの最大速度。有線接続で1Gbps、無線接続で1.3Gbps程度だが、使用端末により異なる)。

複数端末で同時に使用しても、遅延なく快適に利用することができるので、動画ストリーミングサービスやネットゲームなどを家族同時に快適に楽しめます。

ソフトバンクには「おうち割 光セット」があり、家族内のソフトバンクユーザーのひとりあたり最大1,100円が毎月の通信費用から永年割り引かれます(ウルトラギガモンスター定額50GB、データ定額5GB/20GB利用の場合)。

注意点としては「NURO 光 でんわ」の利用申し込みをすること、NURO 光1契約につき携帯回線が10回線までである点です。

「NURO 光 でんわ」の回線工事費は3,300円、月額使用料は北海道・関東は550円、東海・関西・中国・九州は330円です。一方でホワイトコール24で固定電話からソフトバンク携帯への通話料がいつでも無料のサービスも受けられます。

「NURO光」の月額使用料は5,200円(3年間の継続契約の場合)ですが、申し込みから1年間は980円で利用できる点も魅力です(戸建て・集合住宅で月額使用料の差はありません)。

工事までに時間が掛かる場合がありますが、その間のつなぎとしてレンタルWi-Fiが最大3ヵ月間、月額980円で、しかも月間容量無制限で利用できるのも嬉しいサービスです。

現在公式ページのキャッシュバックキャンペーンで利用開始から6か月後に45,000円のキャッシュバックを行っています。

注意点としては、提供エリアが北海道、関東(東京、神奈川、千葉、埼玉、茨城、栃木、群馬)、東海(愛知、静岡、岐阜、三重)、関西(大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良)、中国(広島、岡山)、九州(福岡、佐賀)と非常に限定的な点です。

これらの都道府県に転居するソフトバンクユーザーなら、ぜひ検討してみてください。

NURO光の公式HPはこちら

実質料金 G2Tプラン3,950円(3年契約)、G2Dプラン3,825円(2年契約)※1
独自キャンペーン
  • NUROモバイルのセット割
  • Sony製ONUがセット使用可能
  • NUROでんき、NUROガスのセット割
  • ひかりTV2ねん割
  • NURO光開通まで3カ月間、月額980円でホームルーターレンタル
キャッシュバック 契約6か月後45,000円現金でキャッシュバック
乗り換え解約金補助
速度 下り最大2Gbps※ベストエフォート
スマホ割 ソフトバンク、ワイモバイル
月額料金 G2Tプラン5,200円(3年契約)、G2Dプラン5,700円(2年契約)
エリア 北海道、東京、神奈川、千葉、埼玉、茨城、栃木、群馬、愛知、静岡、岐阜、三重、大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、広島、岡山、福岡、佐賀※一部地域非対応
契約事務手数料 3,300円
工事費用 44,000円※新規契約は実質0円
解約費用 継続契約期間中は10,450円

※1 45,000円キャッシュバックが適応された場合の2年間(3年間)の総額を月換算した料金です。

smart引越し管理人
smart引越し管理人
スマホプラン別の割引額やエリア情報、期間限定キャンペーンなどはNURO光の公式サイト「https://www.nuro.jp/hikari/」で確認しみてくださいね。

ソフトバンク・ワイモバイルスマホユーザーで安さ重視なら「ソフトバンク光」

こちらも「おうち割光セット」の対象です。ソフトバンク光の通信速度は上り下りともに最大1Gbpsです。

ソフトバンク光の月額基本料金は戸建ての場合5,720円、集合住宅は4,180円です。ソフトバンクスマホユーザーであれば「NURO光」の時と同様、ひとり当たり最大1,100円がスマホ料金から割り引かれます(プランによっては最大割引額550円)。ただし、月額550円以上の指定オプションに加入することが条件になります。

ワイモバイルでは月額割引がひとりあたり最大1,188円と少し多めです。スマホベーシックプランは550円が最大割引料金)。こちらも月額550円以上の指定オプションサービスに加入することが条件です。

ソフトバンクでは現在、引越し先での新規申し込みをした場合に最大26,400円の割引が受けられるキャンペーンを実施中。

さらに、他社違約金・撤去工事費を最大100,000円キャッシュバックする満額キャンペーンや「おうち割 光セット」加入の上、他社契約解除料の証明書提出などの適用条件を満たすと、通信料から合計10,450円割引される「おうち割 光セット スタートキャンペーン」なども。

ただし、ソフトバンクが実施するキャンペーンと併用できないことも多いので注意してください。

ソフトバンク光の公式HPはこちら

実質料金 集合住宅2,638円、戸建4,178円※1
独自キャンペーン 他社スマホの違約金全額負担
SoftBank 光 開通前レンタル※無料
キャッシュバック 【特典A】37,000円キャッシュバック
【特典B】35,000円+ルーター
※どちらも2か月後振込
乗り換え解約金補助 最大100,000円キャッシュバック
速度 上り下りともに最大1Gbps
スマホ割 ソフトバンク、ワイモバイル
月額料金 集合住宅4,180円、戸建5,720円
エリア 全国
契約事務手数料 3,300円
工事費用 最大26,400円→0円
解約費用 ソフトバンク光2年自動更新プランを契約満了月以外で解約した場合、10,450円(税込)

※1 37,000円のキャッシュバックが適応された場合の2年間の総額を月換算した料金です。

東海のauスマホユーザーは「コミュファ光」


「コミュファ光」は愛知、岐阜、三重、静岡、長野でサービスを提供しています。「auスマートバリュー」(スマホ+ネットと電話)の組合せ回線に「コミュファ光」が入っています。

「auスマートバリュー」での通信料の割引は、使い放題MAX 5Gプランで1,100円、ピタットプラン 5Gで550円です(ピタットプラン 5Gでデータ容量~1GBの利用月は割引適用なし)。

期限はなく、auユーザーの家族も割引対象です。また、50歳以上であれば遠くに住んでいる家族メンバーも家族割の対象になるのが「auスマートバリュー」の大きな魅力です。

「コミュファ光」は料金プランが豊富ですが、ネット+光電話での申し込みができるプランがあり、「auスマートバリュー」の条件と一致します。

ネット+光電話のプランの月額料金を見ると、集合住宅なら通常6,105円のところ1年目3,710円、戸建てなら通常6,105円のところを1年目4,310円に割引されます(1GマンションF、1Gホームの場合)。

2年目以降は集合住宅4,330円、戸建て5,545円に月額料金が上がる点に注意。とはいえ通常料金よりはかなり安いのですけどね。

「コミュファ光」にはネットフリックスのオプションがつけられたりと、海外映画・ドラマ好きにはたまらないオプションも。通信速度も最大1Gbpsと他のネット回線と比べて遜色ありません。

公式サイトからの申し込みだと、新規申し込み特典で最大25,000円、他社乗り換えで最大15,000円の合計最大40,000円のキャッシュバックキャンペーンを実施中です。

キャッシュバックは現金かPontaのどちらかを選べます。また、初期費用無料キャンペーンや回線開通までの期間、Wi-Fiルーターレンタル無料キャンペーンも行っています。

なお、愛知、岐阜、三重、静岡、長野の5県であっても、対象地域が絞られるのでサービス提供エリアの詳細を確認してから申し込むようにしてください。

コミュファ光の公式HPはこちら

実質料金 ホームタイプ3,210円、マンション2,610円※1
独自キャンペーン
  • auスマートバリュー
  • UQ mobile「自宅セット割」
  • コミュファ光スタート割
  • コミュファ光テレビ工事費割引最大17,270円
キャッシュバック ホームタイプ35,000円、マンションタイプ40,000円
乗り換え解約金補助 Pontaポイントまたは現金で全額還元※条件あり
速度 10ギガ・5ギガ・1ギガ・300メガ・100メガ・30メガ
スマホ割 au、UQmobile
月額料金 ホーム5,775円、マンション5,775円※2
エリア 愛知、岐阜、三重、静岡、長野の5県
契約事務手数料 770円
工事費用 最大27,500円 →0円

※1 光ネット+光電話の1Gホームの1年目の月額料金からスマホ割の最大料金を差し引いた金額(機器利用料+通話料別)
※2 1GマンションFの通常料金(機器利用料別)

関西のauスマホユーザーは「eo光」

「eo光」もスマートバリューで選べる回線のひとつです。「ホームタイプ」「メゾンタイプ」(マンション住まいでも「メゾンタイプ」で申し込めば戸建て向けの「ホームタイプ」と同様の料金・サービス内容が適用されます。

特に2年間継続利用の「即割」を申し込むと、月額料金は本来1年目 5,552円、2年目 5,500円、3年目以降は5,448円となるところ、最初から5,448円です(1ギガコースの場合)。

さらに現在は「eo暮らしスタート割」キャンペーン中で、最大1年間月額3,280円。「eo暮らしスタート割」キャンペーンは1ギガコース、5ギガコース、10ギガコースのうちどのコースでも最大1年間月額3,280円が適用されます。

ちなみに通信スピードは1ギガコースなら概ね1Gbpsです。

「eo暮らしスタート割」は通常29,700円の標準工事費用が実質無料、Wi-Fiルーター12か月無料、新規・乗り換えであれば他社違約金最大60,000円を現金で還元。

加えて商品券10,000円or見守りカメラ開閉センサーor eoメッシュWi-Fi2年間無料のうちどれかひとつの特典、さらに商品券5,000円の追加プレゼントも実施中。

「ホームタイプ」「メゾンタイプ」にはネットフリックスとのセット割引もあり、こちらは月額3,170円とよりお得に。ただし、商品券10,000円or見守りカメラ開閉センサーor eoメッシュWi-Fi2年間無料の特典はつきません(商品券5,000円の追加プレゼントは対象)。

「eo光」は関西の府県をすべてカバーしていますが、5ギガコース・10ギガコースを申し込むにあたり、一部提供エリア外の地域があります。

eo光の公式HPはこちら

中国地方のauスマホユーザーは「MEGA EGG光」


「MEGA EGG光」もスマートバリューで選べる回線です。こちらも契約者と家族の通信料が月額ひとりあたり最大1,100円割引になります。期間も限定されず、永年です。ただし、光ネットに加えて光電話に加入する必要があります。

「MEGA EGG光」はプロバイダ料もセキュリティ料込みの基本料で、ホームタイプなら月額4,620円、マンションタイプなら3,520円(いずれも3年契約)です。どちらのタイプも最大1Gbpsの速度が出ますので、ネット通信もストレスフリー。

光電話の使用料は月額550円で、NTTの基本料金は不要です。メガ・エッグ 光電話(082等で始まる番号宛て)であれば、通話料も無料です。

公式サイトからの「MEGA EGG光」新規申し込みでキャッシュバック20,000円が最短3カ月で現金にて振り込まれます。また、他社からの乗り換えでは違約金分最大30,000円還元キャンペーンを実施中です。

広島県、岡山県、鳥取県、島根県、山口県に引越しをするならネット回線筆頭候補と言っても良いでしょう。

MEGA EGG光」の公式HPはこちら

四国のauスマホユーザーは「ピカラ光」


「ピカラ光」も「auスマートバリュー」で選べる光回線です。ひとりあたり最大1,100円がスマホの通信料から割引されますし、家族の分も割引対象で、割引期間は永年です。

ピカラ光で「auスマートバリュー」の割引を受けるには「ピカラ光でんわ」の加入が不可欠となります。「ピカラ光でんわ」は月額使用料が550円でピカラ光でんわ同士の通話料は無料。

発信ナンバー表示機能は標準機能として備わっています。NTT西日本でプッシュ回線+ナンバーディスプレイに加入すると、合計で2,266円(プッシュ回線の場合)ですから、新居に固定回線を引くことも検討しているなら「ピカラ光」で「auスマートバリュー」を適用させるとかなりお得です。

ピカラ光ねっとの月額使用料は戸建ての場合5,940円、集合住宅の場合は4,620円です(回線使用料とプロバイダ料金込)。通信最大速度は1Gbpsです。注意点は直近3日間のデータ送信(アップロード)通信量の合計が150GBを超えると通信速度が一定期間遅くなる点です。

その他実施中のキャンペーンは新規申し込みの初期工事費無料+30,000円キャッシュバック。無線ルーター(月額660円)の無料レンタルが挙げられます。

「ピカラ光」は徳島、香川、愛媛、高知の四国全県ですが、他の通信会社と同様、県内でもサービス提供地域が限られています。申し込みの際には転居先の市や町がサービス提供対象か確認してください。

ピカラ光の公式HPはこちら

九州のauスマホユーザーは「BBIQ光」


「BBIQ光」も「auスマートバリュー」の対象回線です。「auスマートバリュー」では、ひとりあたり最大1,100円がスマホの通信料から割引されますし、家族の分も割引対象で、割引期間は永年です。

「auスマートバリュー」の適用を受けるためには光電話の加入も必要になります。BBIQの光電話は月額550円でNTTの基本使用料(プッシュ回線の場合1,760円)は不要です。BBIQの光電話同士の通話料も無料。

電話番号もNTTの番号から引き継げます(が、引越しの場合は新居のNTTの固定電話番号を持っているのはレアケースでしょう。その場合は新しい番号が割り当てられます)。

戸建て、集合住宅ともに100メガコース、1ギガコース、6ギガコース、10ギガコースが選択できます。新規申し込みの場合は指定オプションサービスに申し込むと戸建てタイプは30,000円、集合住宅タイプは25,000円のキャッシュバックを現金で受けられます。

現金の代わりにNintendo Switchを選択することも可能です。現金のキャッシュバックは最短で3か月後、特典の発送は翌月末とスピーディーなのも嬉しい点。

さらに1ギガコース以上を選択すると、「ギガスタート割」として1,100円の通信料割引が開通翌月から11カ月適用されます。1ギガコースの場合を例にとってみましょう。

戸建ての場合、通常料金5,280円のところ3年契約の「BBIQつづけて割」と「ギガスタート割」を併用すると、4,400円にまで抑えられます。集合住宅の場合は少し複雑になりますが、屋内配線がない建物のであれば通常料金4,510円~6,380円のところ、「ギガスタート割」適用で3,410円~5,280円になります。

どのコースを選んでも、開通月は回線使用料がかからないのも大きな特徴です。なお1ギガコースの通信最大速度は概ね1Gbpsです。

10ギガコース、6ギガコースの提供エリアは福岡県では福岡市中央区や博多区、糸島市、北九州市小倉北区八幡東区など、長崎県は大村市のみ、宮崎県では日南市と宮崎市の一部とかなり限定的です。

BBIQ光の公式HPはこちら

沖縄県のauスマホユーザーは「BIGLOBE光」


「BIGLOBE光」も「auスマートバリュー」で選べる回線です。「auスマートバリュー」なら、契約者と家族のスマホ通信料が、ひとりあたり月額最大1,100円割引が永年続きます。

「auスマートバリュー」の適用の条件の一つに光電話の加入があります。「BIGLOBE光」の光電話の基本プランは月額使用料550円です。

「BIGLOBE光」の通信最大速度は上下ともに1Gbpsです。次世代ネットワークの「IPv6接続」を採用しているため、一般的にネット回線が混雑し速度が遅くなりがちな時間帯でも快適な通信が可能です。

「BIGLOBE光」には「auスマートバリュー」とは別に、「ビッグローブ光×auセット割」が存在します。光電話の申し込みをしない人向けのプランで、「BIGLOBE光」の月額使用料が最大1,320円永年で割引になります。

家族が利用しているスマホ回線も割引の対象ですが、au契約1回線に対して登録可能な「BIGLOBE光」契約は1契約のみという点も注意。「ビッグローブ光×auセット割」1回線だけでみると「auスマートバリュー」よりも割引額が大きいので、単身者向けですね。

「BIGLOBE光」は2年契約か3年契約を選べます。2年契約の場合、戸建てなら月額5,698円、マンションタイプなら4,488円です。3年契約の場合は戸建てなら月額5,478円、マンションタイプなら4,378円です。

2年契約・3年契約にすると、初期工事費(戸建てなら19,800円、マンションタイプなら16,500円)が実質無料のキャンペーンを行っています。また、新規申し込み限定で26,000円のキャッシュバックか21,000円のキャッシュバック+Wi-Fi6ルーターのどちらかを選べるキャンペーンを実施中。

さらに光電話を申し込むと転用・事業者変更キャッシュバックとして、どちらの特典を選んでも3,000円が追加で還元されます。キャッシュバックの振り込みは最短で開通後2カ月と、迅速です。

BIGLOBE光の公式HPはこちら

上記以外のauスマホユーザーは「auひかり」


「auひかり」も当然ながら「auスマートバリュー」の対象回線となり、家族を含めてひとりあたり月額最大1,100円がauの通信料から割引を受けることができます。

やはり光電話の申し込みが必要です。「auひかり電話」は月額550円。ネット回線の月額使用料は戸建ての場合は5,610円~(すっとギガ得の場合)、マンションタイプ4,180円~(タイプV16契約以上の場合)となっています(プロバイダ使用料込)。

「auひかり電話」の場合、月額基本使用料550円が最大35カ月分無料になるキャンペーンを展開中。キャッシュバックキャンペーンは戸建てなら最大61,000円、集合住宅なら最大51,000円と、工事費が実質無料になります。

他社からの乗り換えキャンペーンも実施しており、こちらは最大30,000円のキャッシュバック。さらに高性能Wi-Fiルーターのプレゼント付です。

「auひかり」も通常のプランであれば最大速度1Gbpsを出すことができ、快適な通信環境です。

auひかりの公式HPはこちら

auひかりを引越し時に解約・継続する費用と工事費を無料にする方法

楽天モバイルユーザーなら1年間無料の「楽天ひかり」


「楽天ひかり」は国内どこでもIPv6対応で最大速度1Gbpsの高速通信を実現。「楽天ひかり」の場合、スマホと同時に申し込むと、月額基本料が1年間無料というかなりお得なキャンペーンを行っています。

「楽天ひかり」契約1年目の回線使用料はファミリープラン(戸建て)で3,080円、マンションプラン(集合住宅)で1,980円です。開通月はどちらのプランも無料ですので、21,780円~33,880円もお得になります。

無料期間終了後(2年目以降)はファミリープラン5,280円、マンションプラン4,180円に移行することには留意してください。

また、状況に応じてもらえる特典も魅力的。新規申し込みの場合は標準工事費19,800円(ファミリープランの場合。マンションプランは最大16,500円)が無料です。他社からの乗り換えは10,000円のキャッシュバックです。どちらかの特典を受け取ることが可能です。

「楽天ひかり」の場合、スマホだけでなく楽天カードを使ったり、楽天会員になって楽天市場で買い物をすることで楽天ポイントが貯まりやすくなるメリットもあります。

ここまでスマホと抱き合わせで安くなるお得なプランを中心に紹介してきました。安くなるプランの注意点に関しては正直、ここでは書ききれないほど多くの制約があります。

申し込み・契約をする際に必ず申し込み条件をチェックしてください。忘れがちなのが解約条件です。

年数縛りがあるのか、一定年数を過ぎれば自由に解約できるのか、更新月が決まっていて、その月以外は違約金が発生するのか…。会社やプランによってケースバイケースなので、最後は自分の目で確認しましょう。

楽天ひかりの公式サイト:https://network.mobile.rakuten.co.jp/hikari/

全国対応!格安SIMスマホユーザー向けの通常料金が安い回線なら「とくとくBB光」

格安SIMの場合は、スマホとのセット割引がない場合が多いです。また、大手キャリアユーザーでも、通信料の上限を低めに設定していると、セット割が適用されないorセット割にあまりうま味がなかったりします。そんな人におススメなのが「とくとくBB光」。

月額通信料はプロバイダ使用料込で、戸建てタイプ4,818円、マンションタイプ3,773円と他の回線に比べて安価です。安いからと言って回線速度が遅いというわけでもありません。

次世代技術v6プラス通信がオプション料金無料で利用でき、実際の速度も全国平均で下り350.73Mbps、上り305.35Mbpsを出しています。v6プラスに対応したルーターも無料でレンタル、3年が経過するとそのままプレゼントしてくれます。

基本工事費最大19,800円相当も実質無料です。他の回線と大きく違うのは、どのタイミングで解約しても、違約金がゼロという点(ただし、工事費分割割引期間中の解約の場合は工事費残債を支払う必要あり)。非常にシンプルでわかりやすい契約内容になっています。

とくとくBB光の公式HPはこちら

【ポケットwi-fi】速度、安定性重視なら「GMOとくとくBB」


自宅ではなく移動先でもスマホやノートPCで通信を頻繁に行う人にはポケットWi-Fiがおすすめです。

中でも「GMOとくとくBB」は速度と安定性に定評があります。WiMAX+5Gであれば下り最大2.7Gbpsを実現。

また月間通信容量の制限もありません(一定期間内に大量のデータ通信の利用があった場合、混雑する時間帯の通信速度を制限する場合あり)。Wi-Fi端末も最速で即日発送のため、転居後すぐにでもネット環境を整えたい人にもおすすめです。

「GMOとくとくBB」ならWi-Fi端末使用料が無料。通常料金は月額5,302年ですが、1か月目~24か月目までは4,158円、25カ月目以降は4,708円と永年割引も適用(Wi-Fi端末発送月は4,158円の日割り計算)。

また、auユーザーなら「auスマートバリュー」が、UQモバイルユーザーなら「自宅セット割」も使えます。「auスマートバリュー」の場合auの月額通信料から家族ひとりにつき最大1,100円の割引があります。

「GMOとくとくBB」ならスマホとWiMAX+5Gの契約でOK(光電話やテレビの契約不要)。UQモバイルの「自宅セット割」であれば毎月最大858円の割引です。対象は「くりこしプラン+5G(S/M/L)」となっています。

GMOとくとくBBの公式HPはこちら

【ポケットwi-fi】安さ重視なら「大容量WIFI」


「大容量WIFI」の通信速度は、貸し出される端末によって異なり、最大通信速度は下り72~150Mbps 上り37.5~50Mbpsとなっています。「大容量WIFI」はクラウドSIMを利用しており、auとソフトバンクの2つの電波のうち、より強力な回線に切り替えて提供しているという強みもあります。

「大容量WIFI」は、スマホとのセット割引がないものの大容量の名に恥じない最大500GBまでをカバー。

50GB2,400円、100GB2,900円、200GB3,900円、300GB4,900円、400GB5,900円、500GB6,900円と豊富なプラン。また、ギガを使い切っても1Mbpsの通信を利用できるメガチャージ(月額500円)など、豊富なオプションから取捨選択が可能です。

現在200GB・300GB・400GB・500GBのいずれかに申し込みの上、メガチャージ(月額500円)・サポートプラス(月額500円)・スマートコンシェルジュ(月額990円)に申し込むと、半年間どのギガプランでも月額990円で利用可能です。

オプション込みで2,980円になるので、500GBで申し込んだ場合は月額3980円がお得になります。半年後にオプションの解約は可能ですが、オプション変更手数料が500円ずつ発生することに注意です。また、一度解約してしまうとサポートプラスに再加入はできません。

大容量WIFIの公式HPはこちら

【ポケットwi-fi】引っ越しに伴う一時的な利用なら「NETAGE」がおすすめ

大抵のポケットWi-Fiレンタルは月単位。「NETAGE」には月額プラン・端末もあるのですが、1日単位でWi-Fi端末をレンタルしてくれる上、選択肢も豊富。引っ越しでネットの固定回線開通までのつなぎにもよく選ばれています。

対応も迅速で平日17時までの申し込みで即日発送、最短で翌日に到着し、電源を入れてパスワードを入力するだけで使用開始できるというお手軽さ。返却も返却用封筒(ゆうパケット)に機器を入れ、最寄の郵便ポストに投函するだけと、極めて簡潔です。

人気ナンバー1の端末はSoftBankレンタルFS030W。通信速度下り最大150Mbps、上り最大37.5Mbps。128gと軽くてコンパクトだから持ち運びにも便利。

1ヵ月の使用料は5,480円で、通信容量は1ヵ月50GBと大容量。また価格を重視する場合、同じ端末で1か月の上限を5GBにした場合、1,980円で借りることが可能です。

そこまでデータを使わず、1ヵ月しないうちに端末を返却する目途が立っている人の場合はかなりお得にレンタルできるでしょう。

大容量の端末ならSoftBankレンタルW07の無制限プラン。月額11,000円で、デイリープランなら1日あたり1,650円(上限11,000円)。最大通信速度は下り958Mbps、上り37.5Mbps。バッテリーも長持ちします。こちらはガンガンデータを使うけれど、短期間で返却する場合に魅力的なプランです。

端末のレンタルには工事費や事務手数料はかかりませんが、貸出・返却の往復手数料1,100円、安心保障(1日40円、1ヵ月あたり上限400円)が必要です。

NETAGEの公式HPはこちら


関連記事

  1. 【28社比較】中・小規模オフィスの引っ越しで安い業者6選(事務所・法人向け)

  2. 引越しそばの全て。食べるタイミングやおすすめ挨拶品やレシピ紹介

  3. 海外引越しの費用相場と高くなる理由、おすすめ格安引越し業者5選

  4. 【衝撃】引越しの見積りや荷物等でトラブルにあった人の口コミ体験談

  5. 引っ越し時のマットレスの悩みを解消する全知識!(梱包・料金相場・配送方法など)

  6. 東京電力の引越れんらく帳とは!?特徴やデメリット・メリット・評判。

  1. ハイエースレンタカーで引っ越し!積載量や積み方、レンタル料金比較

    2022.05.18

  2. 宮崎-大阪の引っ越しの全て。料金相場+人気業者+口コミ+格安裏技…

    2022.05.16

  3. coco引越センターの口コミ評判を調査して分かった料金や特徴。

    2022.05.12

  4. アート引越センターの(東西)札幌支店の料金や口コミで分かった事実。

    2022.05.08

  5. 【最新調査】広島県にある赤帽まとめ。料金相場や口コミ、裏技など

    2022.04.26

  1. 【スマホ割・都道府県別】引越し先で最もおすすめのネット回線※最安…

    2022.04.07

  2. 2022年2月の引越しが半額!?料金相場・格安裏技体験談・賃貸物件

    2018.06.08

  3. 引越し一括見積もりサイトの比較から見るおすすめ3つ※2022年最新版

    2018.05.03

  4. 5月のイメージ画像

    5月の引越しが半額!?料金相場や安くなる方法、縁起、物件探し

    2018.03.13

  5. 【完全版】引越し見積もり料金が極限まで安くなる23の裏技!

    2018.02.07