大阪-新潟の引越し料金が相場の半額!?おすすめ業者・口コミ・日数

本記事は広告を含む場合があります。

この記事では大阪-新潟の引越しにまつわる情報を紹介しています。

大阪~新潟間の引越を安くするには複数の業者に見積もりをお願いする「相見積もり」を活用するのがおすすめです。

smart引越し管理人
smart引越し管理人
特に、大阪から新潟の引越しは大阪の引越し業者、新潟から大阪の引越しなら新潟県にある引越し業者からアイミツすることが肝心です。

その相見積もりをする場合はインターネットで一度に複数の引っ越し業者に見積依頼ができる「引越し一括見積もり」が便利です。負担なく一番安いところを探せます。

※8割以上が利用!人気の引越し一括査定2選

1、引越し侍【業界No.1の提携数】
業界最多の300社以上の中からアナタに合った激安な業者を選ぶことができます。東証プライム上場のエイチームが運営しているので安心して利用できます。
  • 業界最多!300社以上から最安値の業者を選択
  • 東証プライム上場の会社が運営していて安心
  • 管理人の実例:78,200円→35,000円(半額以下の値下げに成功)

利用率No.1!引越し侍はこちら

2、スーモ引越し【電話入力不要】
大手リクルートが提供している「SUUMO引越し見積もり」は業界唯一の電話入力が任意になっています。電話対応が面倒な人や見積もりメールでとりあえず比較したい人向けです。
  • 業界唯一!電話番号入力が任意
  • 大手のリクルートが運営
  • 管理人の実例:85,000円→42,000円(半額以下の値下げに成功)

電話入力不要!スーモ引越しはこちら

大阪-新潟の引越し費用・料金相場

単身引越し 二人の引越し 家族引越し
通常期※1 46,000円 92,000円 188,000円
繁忙期※2 70,000円 144,600円 383,000円

※1通常期(1月、5月、6月、7月、8月、9月、10月、11月、12月)
※2繁忙期(2月、3月、4月)
※上表はあくまでも参考値なので適切な引越し金額を保障するものではございません。

料金相場は時期や輸送に使う車両によって異なります。単身者が軽トラック(作業員1人)で引越する場合は46,000円で、2トントラック(作業員2人)になると92,000円になります。

カップルや夫婦2人の引越では2トントラック(作業員2名)で92,000円、3人家族となると3トントラック(作業員2名)で144,600円です。4名以上の大家族では4トントラック(作業員3名)でコストは188,000円になります。

3月と4月の繁忙期は引っ越し需要が著しく高まり人員が足りなくなるため料金が高騰します。大阪-新潟間は輸送距離が600㎞と長いため繁忙期における料金の上乗せは大きく、383,000円ほどになります。繁忙期は2倍の費用がかかると考えてください。

大阪-新潟間の引越しを単身パックを利用するといくら?

単身者の引越は荷物が少ないため単身パックなどの混載便を活用するのがおすすめです。

単身パックの料金は運送業者ごとに決まっています。日通はSサイズが27,000円でLサイズが32,000円。ヤマトは29,000円です。

いずれも大阪から新潟に輸送する場合の料金になっています。日通のSサイズはお得ですが冷蔵庫や電子レンジなどを収めたら洗濯機を入れるスペースはありません。

ただし、単身パックは送り先が同市など近すぎる場合は利用できません。理由は荷積みや配送を効率的に行うためです。大学生などが同じ市内に引っ越す場合は代わりに軽トラック輸送を利用するといいでしょう。安いところなら15,000円ほどで済みます。

大阪-新潟の引越し!人気の格安大手引越し業者

大阪から新潟の引越しと新潟から大阪の引越しでは人気の引越し業者が異なってきます。ここではそれぞれの人気の格安業者を紹介したいと思います。

大阪から新潟で人気の引越し業者BEST2 新潟から大阪で人気の引越し業者BEST2
1位 アート引越センター大阪中央支店
アート引越センターの口コミ
サカイ引越センター新潟西支社
サカイ引越センターの口コミ
2位 ハート引越センター大阪センター
ハート引越センターの口コミ
アーク引越センター新潟支社
アーク引越センターの口コミ

大阪から新潟で人気の引越し業者【No.1】サカイ引越センターの口コミピックアップ

男性
男性
作業員の丁寧な作業とアドバイスで気持ち良く引越しができました。

投稿者32歳男
人数2人
場所大阪府堺市から新潟県新潟市への引越し
料金170,000円→158,000円

私の本家が新潟県新潟市にあり町も長閑で住みやすそうだったので引っ越すことに決めました。

引越しの日時も費用が安い5月にしました。アパートからの引越しで、住んでいたアパートは2LDKで物もかなりあり、二階に住んでいたので初めは17万円くらいになると言われました。

ですが、業者の方から売れる物と処分する物を引越し前までにしておけばかなり費用を下げられるとアドバイスを頂いたのでとてもありがたかったです。

そのアドバイスのおかげで家電系はそのまま持っていくことにしましたが、長く使っていたタンスやテーブルなどの家具をリサイクルショップに引き取ってもらい、最終的に158,000円ほどになりました。

梱包の段ボールは業者の方が用意して頂いたので用意する手間が省けてありがたかったです。箱に詰めるのも詰める種類を指示してくれて隙間なく段ボールに詰めることができました。

そして新潟市に運んでもらい新しいマンションに着いて運んでもらう時も床に布やプラベニヤなどをひいて養生をして丁寧に運んでもらいその部屋その部屋に分別して運んでもらえたのですごく引越しが楽に終われたのでとても嬉しかったです。

大阪-新潟の引越し!おすすめの格安地域密着の引越し業者

大阪から新潟で人気の地域密着引越し業者BEST2 新潟から大阪で人気の地域密着引越し業者BEST2
1位 アップル引越センター
アップル引越センターの口コミ
中越通運
中越通運の口コミ
2位 愛の引越サービス
愛の引越サービスの口コミ
らくーだ引越センター
らくーだ引越センターの口コミ

新潟から大阪の地域密着引越し業者【No.1】中越通運の口コミピックアップ

男性
男性
繁忙期を外したので安く、かつ早く引越しをすることができた

投稿者34歳1人
人数1人
場所新潟県新潟市から大阪府大阪市の引越し
料金120,000円→64,000円

転勤のため新潟県新潟市から大阪府大阪市まで引越しすることになりました。1階アパートから小さめのマンションの2階へ引越しです。

申し込みや見積もりから2週間後に引越しをしなければならず、急いで複数の業者に見積もりに来てもらいました。夏休み前頃なので料金はそんなに高くつきませんでした。

3社に見積もりをしてもらい、一番最初のアーク引越しの120,000円から、最後に来てもらった中越通運の64,000円まで下げることができました。自分で梱包をすれば料金が安くなると聞いて、無料の段ボールとガムテープをもらってから自分でやることにしました。

荷物の量は、普通の一人暮らしの女性なのでそこまで多くなかったと思います。着てない冬服はハンガーがついたまま大きめの段ボールに入れてしまいます。衣装ケースに入っている物もそのまま入れてしまいます。

スーツケースに5泊分くらいの着替えと化粧品などを入れておきます。その他の服をクリアケースに入れておき、直前まで着るものや使うものをそこから出すようにしてました。

食器の梱包はタオルを間に挟みました。本は重いので小さめの箱に入れます。そうしないと開ける時に自分が大変な思いをします。それから、沢山バッグを持っているのですが、形が崩れないようにバッグの中にストールやマフラーなどを入れておいたのですが、これはよかったです。

あまり綺麗に詰めようとせずにどんどん段ボールに入れていくのが早く終わらせるためのコツです。割れ物だけ気をつけておけば十分です。当日はスタッフの人がとても素早く搬出してくれました。

養生もしっかりとしてくれましたので、大きな家電を搬出するときも安心して見ていました。翌日引越し先で受け取りをしますが、この時も早かったです。あっという間に段ボールと家電を搬入してくれました。

開梱も自分でやらなくてはいけなかったのでひたすら開けていきます。段ボールは近くのスーパーの資源ごみ回収ボックスに入れました。ゴミの日を待つと部屋の中が段ボールでいっぱいになります、早く捨てた方が良いです。

時間があまりない中での引越しでしたが、業者の方も繁忙期ではなかったようで対応が早くて、スムーズに引越しをすることができました。

大阪-新潟間の引越しでかかる時間や日数・距離は?

大阪で荷積みをして、新潟で荷下ろしを完了させるまでに必要とされる日数の目安は約1.5日です。繁忙期や交通渋滞が予想される時期なら、この日数の2倍近くかかるケースもあります。

荷積みにかかる時間は単身で30分~1時間、3人家族だと1.5時間ほどです。梱包に時間のかかる食器類が豊富にある場合や、荷物の数が多い場合はこれよりも長くなります。

大阪から新潟までの輸送トラックの移動距離は高速道路を使った最短経路で、およそ620㎞です。

選べる配送手段は車両(トラック)、鉄道、船などがあります。一般的なのはもちろん車両です。

大阪-新潟間の引越しを自力で引越しする場合高速料金やレンタカー代はいくら?

引越し費用を最小に抑えるにはレンタカーを借りて自力でするのが一番です。

気になる費用は、レンタカー代がハイエースを12時間借りて11,000円ほど、ガソリン代が約12,000円、高速料金がユニバーサルシティランプから新潟西ICまでで14,380円です。また、乗り捨て料金は39,600円になります。

合計すると76,980円となります。業者に頼んだ場合、夫婦2人の引越費用はおよそ90,000円です。全て自分でやる方が10,000円以上お得になります。

単身者なら身体的に厳しいところはりますがハイエースの代わり軽トラックを使うこともできますから、費用はさらに6,000円ほど安くなるでしょう。

大阪-新潟間で、自動車を陸送する場合の値段は?

車を複数保有している場合、自分が運転して運べない車の陸送を業者に依頼することになります。大阪から新潟への引越は移動距離が600㎞を超えるため陸送代が気になるでしょう。

大阪の陸送業者「ゼロ陸送」「幸新陸送」「日本陸送株式会社」の陸送費用から相場を計算したことろ、自走できる車両を陸送するケースで60,000円前後かかります。

ガソリン代は依頼する業者によって対応が違います。大阪から新潟への移動に必要なガソリン代は無視できない額ですから、料金にガソリン代が含まれる業者に依頼するのが賢明です。

引越業者によっては陸送も引越プランに含まれています。複数の業者に依頼すると対応が面倒ですから引越業者に一任しましょう。費用も抑えられます。

大阪-新潟の引越しを安くする裏技3つ!

引越し一括見積もりで引越し業者探しと相見積もりを行う

引越しを依頼するからには料金が安い引越し業者を見つける必要があります。その際には引越し一括見積もりサイトを利用するのがおすすめです。

おすすめする理由として一括見積もりでは入力した情報を元に複数の引越し業者へ一斉に見積もりを出してくれるメリットがあります。

一斉と言う事は同じ複数の引越し業者へ依頼となっても1社ずつ見つけ出して見積もりを提出と言った事はしないで済むので時間短縮にもなります。

また、依頼する業者も引越しするエリア内は営業エリア内の業者のみに依頼してくれるのでエリア外で対応不可となる事もありません。

一括見積もりのメリットは他にも相見積もりも出来る事にも注目して欲しいです。一括見積りでは複数の業者がいる以上は相見積もりを行うのも非常に簡単です。

見積もり結果を待つだけじゃなくHPで掲載されている金額を元に検証も出来るので依頼をする前にまずは簡単に調べてみると言った事も行えます。

業者によっては通常の引越しプランとは別により安くなるプラン(通常よりも半額近くまで割引等)やキャンペーンを見積もりを出してくれた人限定で紹介してくれる事もあります。

安い引越しを希望なら一括見積りにも目を通しておいた方がお得です。

引越し業者優先でスケジュールを組んでもらう

引越しのスケジュールは基本的にお客様の都合のいい日を優先して組んでくれます。

しかし、スケジュールの作成を引越し業者の方で決めてもらっても良いのであれば業者優先でお任せするのもおすすめです。

その理由として引越し業者の中には引越しスケジュールを業者優先にする事でお得になるプランがあるからです。

業者優先のプランは時間フリー便や午後割等各業者として名称は違えど、基本的には引越し依頼が集中しにくい時間帯を優先的に選ばれています。

特に平日に関しては土日祝に比べればスケジュールの空きが確保されやすく、業者優先のプランでは平日の利用を推奨されています。勿論、推奨するからには相応の特典も用意されています。

スケジュールの空きがある以上は土日祝よりもトラックやスタッフの手配もしやすく、更に時間的にも余裕があります。

更に料金面でも先程紹介したプランが使えるのに加えて、平日限定で使える割引サービスも適用され、数字で表すと約20~50%程が割引として適用されます。

同じ引越しプランでもスケジュール、特に曜日が1日違うだけで金額が大幅に変わってしまいます。

平日に休みが取れたり時間指定に拘り等自分が優先的に決めたいと思っていないのであれば、業者優先のプランを依頼した方がお得になります。

使用するトラックは自分専用に手配はしない

引越しで使うトラックは基本的に依頼したお客様へ貸し切りの状態です。しかし、トラックを貸し切り状態で無くても良いのであれば貸し切りにしない方がお得になります。

特に1台のトラックで複数のお客様の荷物を運んでもらう混在便はその代表例と言っても良いです。混在便では文字通り複数のお客様の荷物と一緒の状態で運んでもらう事になり、スケジュールに関しても業者の方が優先になりやすいです。

その代わり、トラック使用料の料金は他のお客様と割り勘の状態となるので出費に関しては大幅に抑えられます。

3人利用していれば1/3の料金を支払えば良いので、自分用に丸々トラック1台手配してもらうよりも断然に安いです。

更にもう1つおすすめなのが帰り便の利用です。

帰り便は他の業務(法人向けに荷物の運搬)や別のお客様の引越しで使用していたトラックが営業所へ帰る途中に立ち寄ってもらい荷物を運んでもらうプランです。

このプランは帰る方向と引越し先の方向が同じである事とトラックのスケジュールが優先になりやすいと成約は多いです。その変わりに新規にトラックを手配せずに済み、トラック代も安くなります。

時間に余裕があり、引越し費用を安くしたいなら帰り便もおすすめです。

関連記事

  1. 【30秒で分かる】赤帽の引っ越し料金表を作成してみた。※5つの例を紹介

  2. 【20社比較】尼崎の安い単身引っ越し業者3選+料金相場+口コミ

  3. 東京-奈良の引越しが半額!?料金相場・安い業者・格安裏技特集!

  4. アップル引越センターの評判は悪い!?【見積もりが安くなる方法】

  5. 山形-大阪の引っ越しの全て。費用相場、安い業者とその口コミなど

  6. 柏市の引っ越しは要確認!安い引越し業者や裏技体験談など

  1. 池田ピアノ運送のピアノ引越し料金や口コミ裏情報まとめ。

    2024.04.17

  2. 【レビュー】タコヤキ引越センターの口コミ裏情報まとめ。

    2024.04.13

  3. 養生テープの比較調査※100均(ダイソー等)・通販・コンビニ・ホーム…

    2024.04.08

  4. サカイ引越センターの冷蔵庫だけの配送・処分・買取料金

    2024.04.03

  5. 【福岡市だと5,000円!?】引越しのヨシムラの口コミ裏情報

    2024.03.21

  1. 【2024年完全版】引っ越し見積もり費用相場・料金目安※時期・人数・…

    2023.01.05

  2. 【比較表付】引っ越し単身パック全16種類を比較(料金・サイズ・サー…

    2022.10.15

  3. 【スマホ割・都道府県別】引越し先で最もおすすめのネット回線※最安…

    2022.04.07

  4. 洗濯機・冷蔵庫だけの引越しが一番安いのは?(ヤマト・赤帽・業者・…

    2021.06.17

  5. 東京の引越しで安い業者10選・費用相場・おすすめ大手業者ランキング

    2018.09.03