電子ピアノの引越し料金相場や分解・運搬・梱包時の注意点。

音量調整やヘッドホン使用でも問題なく使えて便利な電子ピアノ。グランドピアノに比べると圧倒的にサイズもコンパクトでお子さんの習い事や趣味の一環として、ご家庭に置いている方も多いようです。

そんな電子ピアノの引っ越しの時はどうするのがよいのでしょうか。今回は電子ピアノの引っ越しに関する悩みや気になる点を徹底調査の上、ご紹介したいと思います。

電子ピアノの引越し料金・費用相場は?

リビングや子供部屋など置かれることも多く生活の一部になることも多い電子ピアノですが、引越しの際の料金はいくらになるのでしょうか。

ピアノ専門業者に頼む場合、運ぶ距離に応じて金額が変動することが多く、相場的には10km圏内であれば12000円前後、50km圏内で20000円前後、100km圏内で30000円前後と設定している業者さんが多いようです。

引越しの業者さんに頼む場合、グランドピアノなど大型の場合は断られることもあるようですが、電子ピアノは扱いとしては「家電」に当たるため、他の荷物と一緒に運んでくれるようです。

繁忙期かどうかや距離によって変動する場合がありますが、単体としてではなく、引越しのパックの中に組み込まれる形が多く、特別な別料金を取られることは少なく、荷物のうちのひとつとして見積もられることが多いようです。

また、引越し先のお家の形状により、階段を使って搬入できなかったり、エレベーターに載せられないというようなことがあると追加の料金がかかる可能性がありますので予め注意が必要です。

電子ピアノの引越しは自分で可能?分解して運搬する時の注意点

電子ピアノは分解が可能です。分解可能なものの多くは本体部と下部のスタンド部分に分解が可能です。

分解方法は基本的には取り扱い説明書に「組み立て方」が記載されていますので見ながら組み立てと逆の順序で進めていけば問題なく分解できるでしょう。

取り扱い説明書を紛失や処分してしまった場合は、お持ちの電子ピアノのメーカーさんのホームページに行けば取り扱い説明書がダウンロードできるはずです。

分解自体は大人1人でも可能ですがスタンドと本体を分ける時には水平に持ち上げる必要があり、落としてしまったりした場合、ピアノ本体だけでなく、お家の床を傷つけてしまう恐れまであります。

加えて立てて持ち上げたりすると鍵盤トラブルのリスクにも繋がりますので出来れば大人2人以上で行うのがよいかと思います。

グランドピアノなどのように再設置後の調律は必要ありませんのでその点は自分で引越し可能ではありますが、梱包や運搬も精密機器の一つであるため、かなり慎重に行う必要があるでしょう。

電子ピアノはまとめて引越し業者に依頼するのがお得!

家庭に置かれるピアノはグランドピアノ、アップライトピアノ、エレクトーンピアノ、電子ピアノなどが主ですが、前者3つは引越し業者さんに「他の荷物と一緒に」という依頼は断られる可能性があり、ピアノ専門の業者さんに頼む必要が出てくる場合があります。

それに対し、電子ピアノは『ピアノ』ではなく、『家電機器』という扱いになりますので特別料金など取られることもなく、他の荷物とまとめて持って行ってもらえる可能性が高いです。

加えて、引越し業者さんの繁忙期となる年度開始前後(3月~4月)にならないタイミングを狙えば、他の荷物と合わせお得なパック料金などもあると思いますので電子ピアノ単体でピアノ専用業者さんにお願いするよりもお得になります。

また、自分で分解して運搬する方法もあり、こちらは金額的にはコストがかからないのですが、破損や鍵盤トラブルなどの恐れがあることを考えると引越し業者さんにお願いするのが安心かつ確実ではないかと思います。

関連記事

  1. 引っ越しの心付け(お礼)はモチベアップの為!相場やタイミングは?

  2. 引っ越したいけど金がない!初期費用を極限にまで減らす10の方法

  3. 引越し時の原付・バイクの料金相場やおすすめ業者、手続きについて

  4. 引越しラクッとNAVI使ってみた!(口コミ評判・デメリットまとめ)

  5. 一人暮らしの引越し先でポケットWi-Fi(BroadWiMAX)が人気の理由9つ

  6. 引越し一括見積もりサイトの比較から見るおすすめ3つ※2020年最新版