女性一人暮らしの単身引越しでも安心なおすすめ引越し業者BEST5!

本記事は広告を含む場合があります。

転勤や転職などで、女性が一人で引っ越しをするというのは全く珍しくない話です。

ですが女性一人での引っ越しとなると、男性と違って圧倒的に力がない分荷造りの段階から心配なことが出てくることもあります。

何をどこまで引越し業者にお願いしていいのか、また、どの引越し業者なら安心して任せられるか、企業別に特徴やお得なパックなどと一緒にご紹介しましょう。

smart引越し管理人
smart引越し管理人
女性スタッフを起用した引っ越し作業は通常の引っ越しよりも割高傾向にあります。時間に余裕がある方やすこしでも料金を安くしたいなら「相見積もり」をおすすめします。

※8割以上が利用!人気の引越し一括査定2選

1、引越し侍【業界No.1の提携数】
業界最多の300社以上の中からアナタに合った激安な業者を選ぶことができます。東証プライム上場のエイチームが運営しているので安心して利用できます。
  • 業界最多!300社以上から最安値の業者を選択
  • 東証プライム上場の会社が運営していて安心
  • 管理人の実例:78,200円→35,000円(半額以下の値下げに成功)

利用率No.1!引越し侍はこちら

2、スーモ引越し【電話入力不要】
大手リクルートが提供している「SUUMO引越し見積もり」は業界唯一の電話入力が任意になっています。電話対応が面倒な人や見積もりメールでとりあえず比較したい人向けです。
  • 業界唯一!電話番号入力が任意
  • 大手のリクルートが運営
  • 管理人の実例:85,000円→42,000円(半額以下の値下げに成功)

電話入力不要!スーモ引越しはこちら

アート引越センターのレディースパック


引越し業者最大手とも言われるアート引越センターですが、大手と言われるだけあって多くのパックやプランが存在します。

中でもレディースパックは女性単身の引っ越し向けの内容となっており、当日の作業員は全員女性が来ます。

デリケートな荷物の取り扱いも安心で、女性の目線ならではの細やかなサービスが受けられるので女性にはとてもうれしいパックとなっています。

アート引越センターには他にも荷造りから荷解きまで行ってくれるコースもあり、レディースパックでも組み合わせて頼むことが可能です。

引越日をアート引越センターに任せると引越料金が半額になる引越待ち割キャンペーンや、ホームページで見積りを申し込むと引越代金が特別価格になるインターネット限定特別割引の併用も出来るので、上手に組み合わせて引っ越しを依頼すると通常パックよりも安くお得に引越しできます。

直接家に来てもらって見積もりを出す場合でも、大手なので何かと割引や値下げ交渉も可能です。ただしレディースパックは一部地域ではまだ準備中なので、自分の地域が対応しているかどうかは見積もりの段階でしっかり確認しましょう。

アート引越センターのレディースパック

共立トランスポートのミニトラ便(レディス・単身・シルバー引越し)

大阪を拠点とした共立トランスポートのサービスであるミニトラ便なら、一人暮らしの女性限定で女性スタッフを最低1名添乗し作業を依頼することが可能です。

トラックサイズは軽4トラックで、およそ以下のような荷物量を積載することが可能です。

軽4トラックの積載量例
  • 冷蔵庫(小)
  • 洗濯機(洗濯容量5kgまで)
  • 食卓テーブル(小)
  • カラーボックス
  • シングルベッド
  • テレビ(小)、テレビ台(小)
  • 掃除機
  • 電子レンジ
  • 扇風機
  • ダンボール8個
引っ越し運び入れと運び出し作業を手伝うAコースだと12,000円+距離で依頼することができます。

また、テレビ・冷蔵庫・タンス・ベッド・洗濯機・机などの家具家電5点までの配送(軽四1台+作業手伝いあり)で8,000円~というFコースもあります。

共立トランスポートのミニトラ便

関連記事共立トランスポートで引越した人の口コミ評判(料金付)や特徴

レディアス引越センター

東京・千葉・埼玉・神奈川の発着の引っ越しであればレディアス引越センターの依頼できます。

ここは女性専用のプランやパックなどはありまえんが、各プランの料金がとても安く、引っ越しにかかる時間も最短で90分と比較的的短いプランが多いので人気があります。

オプションの中には盗聴器発見もあるので、女性に優しい引越し業者です。

料金プランを見てみても荷物の少ない女性や学生向けのミニミニプランやワンルームプランなど、単身者に優しいプラン料金で依頼できるので経済的にも安心できます。

ペットがいる場合は提携会社に依頼して受けてもらうこともできるので、一緒に移動せずにペットも業者にお願いしたい場合は見積もりの段階で必ず伝えましょう。

レディアス引越センターの公式サイト

関連記事レディアス引越センターの勧誘電話がしつこい?ガチ口コミ評判

ライフポーター・ワタナベ運輸の女性限定単コミ便


こちらも関東圏限定の引越し業者なので知らない人もいるかもしれません。

女性限定の単コミ便というプランがあり、テレビやDVDデッキなどの配線や、洗濯機や冷蔵庫も繋いでもらえ、さらに荷物積み込み後と引越し後に掃除もししてもらえるので安心の業者です。

料金も女性限定の料金15,000円をベースに、スタッフが一人プラス、トラックが1台プラス、というように金額が少しずつ上がりますが、どれも安いです。

こちらの会社では短期のアルバイトは雇っておらず、きちんと教育を受けた正社員やスタッフなので、企業としての信頼感も高く評価できます。

オプションも様々で、不用品廃棄取次サービスもあるので、引っ越しの際にいらなくなったけど女性一人では廃棄が難しいような大きなものも処分場へ運んでもらえるのでいい点です。

ライフポーターの女性限定単コミ便

関連記事ライフポーター・ワタナベ運輸の引越しのガチ口コミ評判!

株式会社ムーバーズのなでしこレディース引越し

株式会社ムーバーズには女性用のプランやパックなどはありません。恐らく女性スタッフだけで来てほしいと頼んでも応じてもらえない可能性が高いです。

引越しプランは通常コースのほかに3つあり、荷造りから荷解きまで全て依頼できるもの、荷解きだけ自分んで行いあとは業者に依頼できるものなどで分かれています。
クレーゼットにかけた衣類をハンガーごと移動できる専用のハンバーボックスも無料で用意してもらえますし、タンスの引き出しに衣類を入れたままにしていてもOKなので、一人で荷造りするのでも比較的楽に準備できます。

ムーバーズはアートなどと違い支店の数が多くないので、自分の住んでい地域だと特別に料金が発生しないかどうか見積もりの時によく確認しましょう。

ムービングエスのレディース引越し

関連記事ムービングエス(ムーバーズ)の評判は最悪?ガチ口コミと料金相場

女性引越し(レディースパック)を安くするための3つの方法!

引っ越しのシーズンである繁忙期を避けること

引っ越し料金を安くする1つ目の方法は、3月や4月といった繁忙期を避けることです。

引っ越しのシーズンである3月や4月は引っ越し業者にも依頼が多くなる時期なので割引がないので、繁忙期を避けることで引っ越しの料金を安くすることができます。

繁忙期以外の時期というと5月から2月になりますが、その中でも9月は転勤が多くなる時期なので繁忙期と同じくらいの金額になってしまいます。

引っ越し会社によってはこの時期は安くなるといった目安を紹介しているところもあるので、お得に引っ越し出来る日をチェックしてみるのもおススメです。

なので、引っ越し料金を安く済ませるには3月、4月、9月といった引っ越し依頼が多くなる時期を避けることで料金を安く済ませることが可能になります。

引っ越し作業を行う時間を指定しない

引っ越し料金を安くする2つ目の方法は、引っ越し業者に作業開始時間をお任せする形の時間帯をフリーにしておくと、引っ越し料金を安く済ませることができます。

時間帯を引っ越し業者にお任せすることで作業開始時間が何時になるか分からないといったデメリットはあるものの、料金を1円でも安く済ませたいと思っている方は時間帯を指定しない方法を取り入れるのが良いです。

時間帯がフリーと言っても、前日に何時頃に来ますと連絡が来て、当日も作業員から今から行きますと連絡があるので、ずっと待ちぼうけということはないでしょう。

ただ、遅くなってしまうと近隣の方に迷惑となってしまうので、前もって遅い時間に引っ越し作業を行う旨を話しておくと良いです。

その場で即決せず、引っ越し一括見積もりを利用する

最初の業者の見積もりで即決しないことが引っ越し料金を安くできることが多いです。

引っ越し業者の営業さんから「今契約してくれたらこの値段でやりますよ」と言われるケースは多いです。

見積もり時に即決を求めるような言い方をするということは、その後に他社の見積もりを取らせたくないという思いも込められています。

その場で即決せず、他の業者に見積もりを取る予定があると伝え、もう少し値引きしてくれるなら契約しますとこちらから条件を付け加えることで値引きを引き出し、より引っ越し料金を安くなる可能性を高めます。

そのために、引っ越し業者の一括見積もりを活用してどこの業者が一番安く見積もれるかを確認し、もし「この値段でやりますよ」と言われた値段よりも安い業者があればこの値段より安くするなら契約しますと伝えると値引きしてもらえることがあります。

なので、引っ越しの見積もりは1社だけでなく一括見積もりを活用して複数社見積もりを取っておき、即決させるような言い方をされても交渉できるようにしておくと良いです。

関連記事

  1. アリさんマークの引越社の評判は悪い?ガチ口コミ・料金相場・裏技

  2. 沖配引越センターの口コミ評判は悪い?良い?沖縄県浦添市の業者

  3. 東京ムービングは最悪?最高?口コミ評判や見積もり料金相場

  4. 三八五引越センターは安い?ガチ口コミ評判!【東北の引越し業者】

  5. くらうど引越センターの評判や料金相場はどう?仙台市の引越し業者

  6. ワールド引越サービスの口コミ評判を調査。(大阪枚方・横浜・東京)

  1. 【東京⇔大阪限定】引越しの単身パック8社比較※料金・サイズなど

    2024.04.20

  2. 池田ピアノ運送のピアノ引越し料金や口コミ裏情報まとめ。

    2024.04.17

  3. 【レビュー】タコヤキ引越センターの口コミ裏情報まとめ。

    2024.04.13

  4. 養生テープの比較調査※100均(ダイソー等)・通販・コンビニ・ホーム…

    2024.04.08

  5. サカイ引越センターの冷蔵庫だけの配送・処分・買取料金

    2024.04.03

  1. 【2024年完全版】引っ越し見積もり費用相場・料金目安※時期・人数・…

    2023.01.05

  2. 【比較表付】引っ越し単身パック全16種類を比較(料金・サイズ・サー…

    2022.10.15

  3. 【スマホ割・都道府県別】引越し先で最もおすすめのネット回線※最安…

    2022.04.07

  4. 洗濯機・冷蔵庫だけの引越しが一番安いのは?(ヤマト・赤帽・業者・…

    2021.06.17

  5. 東京の引越しで安い業者10選・費用相場・おすすめ大手業者ランキング

    2018.09.03