引越し難民対策!引越しシェアリングサービスHi!MOVE(ハイ!ムーブ)とは

引っ越しはしたいけれど、費用が捻出できないから引越しを諦めてしまう、そんな「引越し難民」を救済するサービスが登場しました!

引越し一括見積もりサービスである引越し達人セレクトを運営している株式会社グライドが2019年1月18日にリリースされた「Hi!MOVE(ハイ!ムーブ)」というサービスをご存知ですか?

シェアリングエコノミーの考え方を利用して、大幅に引越し費用を抑えることができるサービスです。

この「Hi!MOVE」、リリース以来様々な他サービスと提携してより使いやすいサービスへと発展しています。「HiMOVE」の特徴から提携サービスの特徴まで、詳しくご紹介します。

引越しシェアリングサービスHi!MOVE(ハイ!ムーブ)とは?

引越しって意外と色々なハードルがあり、したいと思っていてもなかなか腰が上がらなかったりしますよね。いざ動き出してみると、見積もりの時点で詳細な個人情報が必要になったり、いくつもの引越し会社に来てもらって見積もりを取らなければならなかったり。

「Hi!MOVE」はそんな引越しのハードルを取り除き、簡単に、かつ割安に引越しができるサービスです。その特徴はなんと言ってもスマホで撮影した写真と住所、引越し先等最低限の情報を送ればすぐに見積もりが取れてしまうこと。

見積もり金額に納得できれば、その後必要な情報を入力して申し込みをすることができます。また、既存の引越し会社が所有するトラックの空き時間を利用して引越すことや、その際に他の顧客とトラックのスペースをシェアすることで、大幅に引越し費用を抑えます。

なんと他社の平均料金より約2万円抑えることができるんですよ!現在は1LDKまでの部屋に対応しており、一人暮らしの方の新生活の大きな助けになりそうです。

Hi!MOVE公式サイトはこちら

Hi!MOVEと空いたスペースを活用する「モノオク」が業務提携

使っていない部屋やクローゼットなど余ったスペースを所有する人と、荷物を置くためのスペースを探している人をマッチングする「モノオク」。このサービスと「Hi!MOVE」が2019年2月6日より業務提携を開始しました。

「引越しはしたいけれど、趣味のコレクションを全て移動するのは正直大変」「一時的に引越さなければならないだけだから、必要最低限のものだけ持って引越したい」そんな望みを叶えてくれます。

また、多くの人が引越しをすることによって費用が高騰してしまう時期に、モノオクを利用して一時的にものを預け、必要最小限のものだけを先に移動させるという利用法もお得です。引越しの値段が落ち着いてから「モノオク」で預けたものを引き取ることで費用を抑えることができるというわけです。

Hi!MOVEとレシート買取サービスの「ONE(ワン)」が業務提携

2019年2月14日より、レシート買取アプリ「ONE(ワン)」と「Hi!MOVE」の業務提携が始まりました。「ONE」は対象のレシートを買い取りユーザーに現金が還元されるサービスです。

レシートが瞬時に現金になると爆発的な話題になったこのアプリが、引っ越しの見積書を買い取りを開始したということです。

毎年3月・4月には引越し価格が高騰するため、「ONE」で最新の相場を把握し利用者へ情報の還元をすることが目的の一つであるということです。

5. 見出し:

Hi!MOVEと家具の月額制レンタルサービス「airroom」が業務提携

「airroom」は1ヶ月単位で500円から家具が借りられるサービスです。

単身赴任など一時的に引越したいときや気軽に部屋の雰囲気を変えたい場合に便利に利用できます。2019年2月21日より、この「airroom」と「Hi!MOVE」が業務提携を開始しました。

「airroom」では一時的に家具を預けることができる「airroomトランク」というサービスも行っており、引越し時に運ぶ荷物を減らすことで費用を抑えることができます。

また、要らなくなった家具を「airroom」で売ったり、処分することもできます。このサービスも引っ越し費用の削減に有効に利用できますね。

Hi!MOVEとすぐにお金がもらえる「タイミー」が業務提携

2019年3月22日より「Hi!MOVE」は「タイミー」というワークシェアサービスと業務提携を開始しました。

これまでにご紹介した提携サービスは全て引越ししたい方の費用を抑えるということでの提携でしたが、ここでは「Hi!MOVE」で引越し作業を請け負う引っ越し業者の業務との提携になります。

「タイミー」は応募や面接なしで空き時間にすぐ働けてお金がもらえるというサービスです。3月、4月の引っ越しシーズン、引っ越したい人は例年と変わらず多いのに対し、引っ越し会社は人手不足。

需要と供給のバランスが崩れているのではないかと予想されています。「タイミー」と「Hi!MOVE」が提携することで、引越し会社の人材不足を解消するということです。

関連記事

  1. 【2019年最新版】引っ越しにおける方位って?方角で気を付ける点

  2. 自転車引っ越しの防犯登録・配送料金相場・処分費用まとめ

  3. 引越しでnhkを解約できる人・できない人の条件とは?

  4. 引越し契約のキャンセル料金や理由、ダンボール返却など(業者別)

  5. 引越しの手伝いのお礼の相場や便利屋業者の値段はいくら?

  6. 引越し侍のガチ口コミ!電話がしつこい?ネットで見積もりしてみた。

引越し一括見積もり3選

  1. 長崎県の安い引越し業者4選!それに料金相場や大手業者の口コミも。

    2019.07.12

  2. life link引越センターで見積もりしてみた。口コミと値下げ交渉術。

    2019.07.01

  3. 引越しに絶対使える!引っ越しの便利グッズ5選

    2019.06.25

  4. 沖縄配送の料金と口コミ | 沖縄の引越しは安くなるのか!?

    2019.06.17

  5. 新潟~神奈川(横浜市)の引越し料金を相場よりも圧倒的に安くする方法

    2019.06.10

  1. 7月の引越し料金が相場より4万円安くなるために私がした5つのこと

    2018.04.16

  2. 【完全版】引越し見積もり料金が極限まで安くなる23の裏技!

    2018.02.07

  3. LIFULL引越し(旧ホームズ引越し)で見積もりした結果。125,000円→?

    2017.12.13

  4. 【口コミ】引越し達人セレクトを使ってみた結果。63,800円→?

    2017.12.13

  5. 衝撃!SUUMO(スーモ)引越し見積もりを使ってみた結果、85,000円→?

    2017.12.08

2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031