【2023年版】引っ越しのサカイの単身パックを15種類と比較!※サイズ・料金など

数ある引っ越し業者の中でも、高い知名度を誇る「サカイ引越センター」。

引っ越しを検討するときに候補に挙げる人も多いでしょう。サカイ引越しセンターの単身パック「小口便引越プラン」は、お得なのか。徹底的に解剖してみました。

※8割以上が利用!人気の引越し一括査定2選

1、引越し侍【業界No.1の提携数】
業界最多の300社以上の中からアナタに合った激安な業者を選ぶことができます。東証プライム上場のエイチームが運営しているので安心して利用できます。
  • 業界最多!300社以上から最安値の業者を選択
  • 東証プライム上場の会社が運営していて安心
  • 管理人の実例:78,200円→35,000円(半額以下の値下げに成功)

利用率No.1!引越し侍はこちら

2、スーモ引越し【電話入力不要】
大手リクルートが提供している「SUUMO引越し見積もり」は業界唯一の電話入力が任意になっています。電話対応が面倒な人や見積もりメールでとりあえず比較したい人向けです。
  • 業界唯一!電話番号入力が任意
  • 大手のリクルートが運営
  • 管理人の実例:85,000円→42,000円(半額以下の値下げに成功)

電話入力不要!スーモ引越しはこちら

引っ越しのサカイと15種類の単身パックを料金・サイズ・エリアで比較

引越し業者
(サービス名)
①同一都道府県内 ②東京~大阪 サイズ(横×奥行×高さ) 立平(㎥) エリア
サカイ引越センター(小口便コース) ※近距離の引越し× 54,000円 105×75×144cm 1.13㎥ ・宮城県・山形県・福島県
・東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県
・石川県・富山県・福井県
・滋賀県・京都府・大阪府・奈良県・兵庫県
・福岡県・佐賀県・大分県・熊本県
カルガモ引越センター(コガモ便) 19,800円 ※関東圏限定 175cm×175cm×210cm 6.43㎥ 東京・埼玉・神奈川・千葉
ヤマトホームコンビニエンス(わたしの引越) 18,700円 30,800円 104×104×170cm 1.83㎥ 全国※沖縄以外
日本通運(単身パックS) 19,800円 28,600円 108×74×155cm 1.23㎥ 全国※一部離島が対象外
日本通運(単身パックL) 22,000円 34,100円 108×104×175cm 1.96㎥ 全国※一部離島が対象外
日本通運(単身パック積んでみる1.5㎥) 18,700円 30,800円 100×100×150cm 1.50㎥ 全国※一部離島が対象外
西濃運輸(カンガルー引越便) 18,700円 24,200円 100cm×100cm×100cm 1㎥ 全国※沖縄以外
西濃運輸(カンガルー単身MAX+1) 41,800円 49,500円 115×128×170cm 2.5㎥ 全国※沖縄以外
福山通運(青春引越便) 19,800円 28,600円 110×110×190cm 2.30m³ 全国※沖縄離島以外
ハトのマークの引越センター(小鳩パック) 24,150円 35,700円 110×80×170cm 1.49㎥ 全国※沖縄離島以外
SGムービング(カーゴプラン) 35,200円 66,000円 100×75×145cm 1.08㎥ 全国※沖縄以外
日本引越センター(学生•単身パックプラン) 18,700円※栃木限定 24,200円※栃木~大阪 105cm×105cm×145cm 1.59㎥ 栃木発限定の単身パック
琉球物流(単身パックS) 19,800円※沖縄本島内 54,230円※沖縄~東京 74×108×154cm 1.23㎥ 沖縄発限定の単身パック
琉球物流(単身パックL) 22,000円※沖縄本島内 68,970円※沖縄~東京 104×108×174cm 1.95㎥ 沖縄発限定の単身パック
キタザワ引越センター(単身カーゴパック) 23,000円~26,000円 37,500円 110×110×190cm 2㎥ 全国※沖縄以外
BIG引越センター(混載便エコノミープラン) ※300km以上の長距離用 49,500円 150cm×150cm×180cm 4.05㎥ 関東圏から全国

※表はすべて税込み表記です。
※表中の金額はHP掲載情報で、ない場合のみ電話概算見積もりの金額。
※当サイトの単身パックの定義:複数人のカーゴを1台の車で運ぶプランやサービス

上記の一覧表を見ながら比較をしていきましょう。

【料金】で比較した結果

わかりやすい東京-大阪間で比較してみると、ほとんどの業者が2~3万円台の料金で収まっている中、5万円を超えています。表の中でSGムービングに次いで高額です。

ただ、あくまで東京-大阪間の利用を例にとった場合です。別の地域間で料金見積もりを取った場合は逆転現象が起こる可能性もあります。

【荷物量・サイズ】で比較した結果

料金が高めですから、運べる荷物量は多いのでしょうか?サイズは105cm×75cm×144cm、立平1.13㎥で、一覧表の中では3番目に小さいです。

高さも最大144cmと、やはり全体の中でも2番目の低さです。荷物が多目の人、背の高い家具がある人にとってはあまり使い勝手が良いとは言えないプランです。

【エリア】で比較した結果

サカイ引越センターの単身パックはエリアが分かれています。

【東北エリア】宮城県・山形県・福島県
【関東エリア】東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県
【北陸エリア】石川県・富山県・福井県
【関西エリア】滋賀県・京都府・大阪府・奈良県・兵庫県
【九州エリア】福岡県・佐賀県・大分県・熊本県
以上19の都府県が発着地の両方である場合に限り、単身パックを利用できます。関東・関西の大都市圏は含まれていますが、東海地方の愛知県(名古屋)などは大都市圏だとしても対象外です。

しかも、長距離引っ越しに特化しているため、同一エリア内での引っ越しには対応していません。利用者を選ぶタイプのプランと言えるでしょう。

関連記事【比較表付】引っ越し単身パック全16種類を比較(料金・サイズ・サービス等)

引っ越しのサカイの単身パックの引越し見積もり費用相場・料金目安

東北エリア 関東エリア 北陸エリア 関西エリア 九州エリア
東北エリア \ 45,000円 55,000円 60,000円 70,000円
関東エリア 45,000円 \ 50,000円 50,000円 60,000円
北陸エリア 55,000円 50,000円 \ 40,000円 55,000円
関西エリア 60,000円 50,000円 45,000円 \ 50,000円
九州エリア 70,000円 60,000円 55,000円 50,000円 \

※表の料金は電話見積もりした金額やアンケート調査した金額からざっくりと算出した目安表です。

引っ越しのサカイは、公式ホームページでも引っ越し料金を公表していません。料金の目安がわからないまま見積もりを申し込むのはちょっとどころではない勇気が必要ですよね。そこでアンケートや電話で見積もりを依頼した結果を参考にして料金をまとめたところ、上記の表のように算出されました。

東北エリア-関東エリアのように隣接エリアだと45,000円程度、東北から九州エリアと最も離れているエリア間だと70,000円程度となっています。遠い地域になってもそこまで極端に料金が上がるというわけではなさそうですね。

念のためお伝えしますが、公式ホームページ上で料金目安が提示されていないため、シーズンや予約の埋まり具合によっては金額が大きく上下する可能性があります。上記の表も参考程度に留めておいてください。

引っ越しのサカイの単身パック以外のおすすめ単身パック

ここまでサカイ引越センターの単身パックを見てきました。金額は他の多くの業者と比べても高め、運べる荷物は少なめ、対応地域は限られる…。

正直に言って全力でオススメできるかというと、言葉を濁してしまわざるをえません。ですので、他の業者で「これはイイ!」と思った単身プランを紹介します。

カルガモ引越センター(コガモ便)

東京・埼玉・神奈川・千葉の地域内で単身引越しを検討している方、特に荷物が多めで単身パックにまとめられるか不安をお持ちの方なら、「コガモ便」一択!と言っていいほどオススメです。

他の最安プランと比べて1,000円ほど高いのは事実なのですが、積載量を確認してみてください。175cm×175cm×210cmと縦横広々、高さも2m越えです。立平にして6.43㎥と、余裕で他の業者の2~3倍以上の量を運搬してもらえます。

ちなみに、対象地域の中でも東京都から出発する人に最もオススメしたいです。というのも、東京出発のプランに最安値が適用され、他の件だと若干値上がりするからです(とはいっても1~2千円程度です)。
関連記事カルガモ引越センターの評判は最悪?トラブルがないか調べてみた。

ヤマトホームコンビニエンス(わたしの引越)

全国対応業者(沖縄を除く)でオススメなのは「わたしの引越」。よく、大手業者の引っ越しは高いと言われますが、同一都道府県内であればなんと18,700円と意外なことに最安値の金額です。

一覧表には載せてはいませんが、オプションも豊富です。大手企業だけあって、金額を押さえたい・オプションを追加してきめ細かいサービスを受けたいなど、幅広いニーズに応えてくれるプランです。

引っ越しのサカイの単身パックを利用した人の口コミ評判

女性
女性

金額的には安い方かも

投稿者27歳女性
人数単身引っ越し
業者名サカイ引越センター
場所福岡から大阪の引越し
料金80,000円→59,000円

転職により引っ越し致しました。12月に福岡市から大阪市に引っ越しました!部屋は1Kから1ルームです。階数は3階→1階になりました。

引越し料金は59,000円でした。初期費用総額は詳しくは覚えておりませんが20万円ほどだったと記憶しております。

引越しの荷物の内容は、ほとんど買い替えたので大きなものといえばマットレス、洗濯機、冷蔵庫くらいです。その他は買い替えたので段ボールに入るものばかりでした。

荷造りにかかった時間は5日ほどだったと記憶しております。食器は新聞紙に包んで梱包し、靴や衣類はビニールに入れたりして段ボールに入れました。

訪問時の見積もり対応は他社の方がよかったですが、金額の面でこちらを選びました。

電話対応は、見積もりの日程を急に変更してもらったにも関わらず、すごく優しい対応でした。当日はテキパキと仕事してくださり、スムーズに終わりました!

スタッフさんの印象は可もなく不可もなくと言う感じでした。処分は知人にお願いしたので2万円ほどで済みました。処分したものは、食器棚やローテーブルです。

男性
男性

初めは若いスタッフで疑ってましたが、腕は最高でした。

投稿者40代男性
人数1人
業者名サカイ引越センター
場所宮城から東京の引越し
料金53,000円→48,000円

転職が決まり、ゴールデンウイークに引っ越しをすることになりました。
一人暮らしで荷物も多くなかったので単身パックを利用し、1LDKから1LDKへ、部屋の大きさは余り変わらない所への引っ越しです。

午前中に折返し電話からの見積もり依頼で、その日に見積もり下見に来てくれ、一通り荷物を確認して1時間程見たら、見積もりの提示がありました。

価格交渉も初めの提示額から5千円値下げしてくれ、引っ越し当日を迎えることになりました。2トントラック1台と3名のスタッフが来て、まずはテキパキと養生をしました。

スタッフと明るく、丁寧な作業を心がけており、1時間半程で全ての荷物をトラックに載せました。

ダンボールは自分で用意して、引っ越し当日はカーゴに乗せるだけにしていました。

引っ越し先に到着して、荷物を入れるのですが、細かく置く位置の確認があり、ベッドの組立や設置も完璧にしていただけました。

口コミを見て初めて頼みましたが、また機会があれば依頼したいと思いました。

実際にSNSやインターネットに投稿している人の口コミを見ていくと、まず料金は上の一覧表と比べて少し高い金額設定になっていることが多いみたいですね。

現場のスタッフもテキパキと手際が良く、荷物の扱いも丁寧だったと高評価。

急な予定の変更や、見積もり御価格の交渉に応じてくれた実績があるのも好感度が高いですね。積み込める量が多くはないので、引越しついでに断捨離を決行したい人には確かに向いているのかもしれません。

一方では見積もり段階で20~30万円程を提示された人もいました。ファミリープランではなく単身パックで、の話です。もしかしたら3~4月の引っ越し繁忙期だったのかもしれません。

ただ、同時に見積もりをした他の業者だと5分の1以下の金額提示だったという口コミもあり、一概に繁忙期だからという理由だけではなさそうです。目を剥くほどの高額見積もりを引っ越し業者が提示してくる場合は、遠回しに依頼をお断りしている場合もあります。

依頼者(候補)に対して「できれば断ってくれ」と思っている相手が良い仕事をしてくれるとは思えませんし、そういう業者に高い金額を支払うのも癪です。

少し高すぎないかな?変だな?と思った場合はその場で契約をせずに、他の引越し業者の見積もりと比較検討することを強くお勧めします。

実際に利用しなかった人たちは他の業者の見積もりと比べて、自分にとって魅力的な提示をしてきた業者を選んで上手に引っ越しを済ませています。

引っ越しのサカイの単身パックの段ボールや資材オプションまとめ

サカイ引越センターの単身パック(小口便引越プラン)は段ボールやその他資材は有料オプションとなっています。

Aパック
ダンボール大5個 ダンボール小5個 ガムテープ1個 布団袋1枚
税込3,300円
Bパック
ダンボール大5個 ダンボール小5個 食器包装紙100枚 エアキャップ10m ハンガーBOX ガムテープ1個 布団袋2枚
税込6,600円
単身資材パック
ダンボール大10個 ダンボール小10個 ガムテープ1個 布団袋1枚
税込6,600円

もちろん、上記は欲しい人だけで、自分で資材を揃えることができるなら不要です。
関連記事サカイ引越センターのダンボール回収費やサイズ、キャンセル時の値段

まとめ(注意点)

ここまで見てきたように、サカイ引越センターの単身パックはお得で使い勝手が良いとは言えないというのが正直な感想です。

まず、料金設定が高めに感じるという点。次に、利用できる現住所と引っ越し先の住所・地域が限定的であるという点。そして積載量がかなり少なめだという点です。3つの条件が重なってしまうと、やはりコスパが良いとはどうしても言えませんね。

料金はシーズンやタイミングによって変動があるので、一括見積や相見積もりをして、他社より安くなる場合もないわけではなさそうです。荷物量と地域をクリアしていて、そういう結果になったのならば無理に候補から外す必要はありませんよ。

サカイ引越センターの単身パックを最初から候補として除外する必要はありませんが、候補に入れるのであれば他の引っ越し業者と慎重に比較する必要があるでしょう。

関連記事

  1. 小さな引っ越し(少量荷物)の最適解!ミニ引越し便プラン5選。

  2. 【比較表付】引っ越し単身パック全16種類を比較(料金・サイズ・サービス等)

  3. 赤帽(神奈川県)引越しの料金と口コミをガチ調査。

  4. 【衝撃】名古屋市の赤帽の引越し料金と口コミを徹底調査!

  5. 【2023年最新版】単身引越しの安い業者ランキング※83社から厳選

  6. 宮崎県の赤帽引越しでおすすめはこの4社!口コミと料金相場付き。

  1. 栃木県小山市の引っ越しが安い!?見積もり相場よりも半額にする方…

    2023.02.06

  2. 【掘り出し業者】釧路市の引越しが半額!?引っ越し料金が安い業者…

    2023.02.03

  3. 倉敷市の引越しが半額に!?倉敷の安い引越し業者と見積もり価格相場

    2023.02.02

  4. 東村山市で安い引越し業者はこの3社!東村山市の引っ越し役立ち情報…

    2023.02.01

  5. 【掘り出し業者】帯広市で安い引っ越し業者3選!見積もり相場や口コ…

    2023.01.27

  1. 【2023年完全版】引っ越し見積もり費用相場・料金目安※時期・人数・…

    2023.01.05

  2. 【比較表付】引っ越し単身パック全16種類を比較(料金・サイズ・サー…

    2022.10.15

  3. 【スマホ割・都道府県別】引越し先で最もおすすめのネット回線※最安…

    2022.04.07

  4. 東京の引越しで安い業者10選・費用相場・おすすめ大手業者ランキング

    2018.09.03

  5. 2023年2月の引越しが半額!?料金相場・格安裏技体験談・賃貸物件

    2018.06.08