引っ越しは「平日」と「日曜」が安い!休日で土曜より日曜をお勧めする理由とは?

本記事は広告を含む場合があります。

引っ越しの料金は平日や休日で異なりますが、一般的には土曜日は休日の中でも料金が高くなる傾向があります。

そのため、引っ越しを考える際には休日であっても土曜日よりも日曜日をお勧めしています。この記事では引越しの休日と平日の料金について解説します。

※8割以上が利用!人気の引越し一括査定2選

1、引越し侍【業界No.1の提携数】
業界最多の300社以上の中からアナタに合った激安な業者を選ぶことができます。東証プライム上場のエイチームが運営しているので安心して利用できます。
  • 業界最多!300社以上から最安値の業者を選択
  • 東証プライム上場の会社が運営していて安心
  • 管理人の実例:78,200円→35,000円(半額以下の値下げに成功)

利用率No.1!引越し侍はこちら

2、スーモ引越し【電話入力不要】
大手リクルートが提供している「SUUMO引越し見積もり」は業界唯一の電話入力が任意になっています。電話対応が面倒な人や見積もりメールでとりあえず比較したい人向けです。
  • 業界唯一!電話番号入力が任意
  • 大手のリクルートが運営
  • 管理人の実例:85,000円→42,000円(半額以下の値下げに成功)

電話入力不要!スーモ引越しはこちら

【平日・土・日・祝】で引越し見積もり料金相場を比較

24日までの平日 25日以降の平日 土曜 日曜 祝日 3月 4月
単身引越し 50,000円 55,000円 60,000円 57,500円 55,000円 100,000円~175,000円 60,000円~100,000円
家族引越し 90,000円 99,000円 110,000円 103,500円 99,000円 180,000円~315,000円 108,000円~180,000円

上の表は単身と家族の引越しで、様々な時期別の引越し料金の相場表になります。

見ての通り、平日、祝日、日曜、土曜の順番で引越し料金が高くなっていくのが分かると思います。

同じ平日でも1日~24日の平日と25日以降の平日料金では5,000円程度違いが出るのが分かると思います。

また、3月と4月は引越し業界の繁忙期になるので2倍から3.5倍、価格が高くなってきます。

関連記事【2024年完全版】引っ越し見積もり費用相場・料金目安※時期・人数・場所別

祝日・日曜日よりも土曜日の引越し料金が高くなる理由とは

祝日・日曜日よりも土曜日に引越しをする方が高くなる理由はいくつかあります。

まず、多くの人が土曜日に引越しをすることを希望しているため、需要が高まります。

そのため、引越し業者もその需要に合わせて価格を上げることがあります。特に月末の土曜日は、多くの人が二重家賃を少なくするために殺到するため、価格が1.5倍以上に跳ね上がることがあります。

また、同じ土曜日でも、月の前半や中旬などは比較的安いことが多いです。これは、月末に比べて需要が少なくなるため、引越し業者が価格競争を行うことがあるからです。

そのため、引越しを考えている方は、できるだけ月の前半や中旬に引越しをすることがおすすめです。

平日に引越しをする場合のメリットとデメリット

平日に引越しをする場合のメリット

平日に引越しをする場合のメリットとして、引越し業者の予約がしやすく、交通状況が休日に比べて良いこと、引越し費用が休日に比べて安くなる場合があることが挙げられます。

  • 引越し業者の予約がしやすい
  • 平日は休日に比べて交通状況が良い
  • 引越し費用が休日に比べて安くなる場合がある

平日に引越しをする場合のデメリット

しかし、仕事や学校のスケジュールと引越し日程が重なる場合、休暇を取らなければならないというデメリットがあります。また、平日は通常忙しいため、引越しの準備が難しい場合があることも念頭に置く必要があります。

  • 仕事や学校のスケジュールと引越し日程が重なる場合、休暇を取らなければならない
  • 平日は通常忙しいため、引越しの準備が難しい場合がある

休日に引越しをする場合のメリットとデメリット

休日に引越しをする場合のメリット

引越しを休日にするメリットは、仕事や学校のスケジュールと引越し日程が重ならず、引越しの準備がしやすく、家族や友人の手伝いが得られる可能性が高いことです。

  • 仕事や学校のスケジュールと引越し日程が重ならない
  • 引越しの準備がしやすい
  • 家族や友人の手伝いが得られる可能性が高い

休日に引越しをする場合のデメリット

反対にデメリットを言えば、引越し業者の予約が取りづらく、休日は通常混雑するため、交通状況が悪い場合があり、引越し費用が休日に比べて高くなる場合があるというデメリットもあります。

  • 引越し業者の予約が取りづらい
  • 休日は通常混雑するため、交通状況が悪い場合がある
  • 引越し費用が休日に比べて高くなる場合がある

【結論】安く引越しする方法はこの4つ

  • 24日までの平日(平日の中での需要が低い時期)
  • 【大前提】どんな引越しでも安くしたいなら相見積もり(業者間の比較競争により値下げ)
  • 定額料金の単身パック(遠距離の単身引越しでも安い)
  • くらしのマーケット(引越しの個人間取引、荷物量の少ない近距離の引越し向き)

平日の需要が低い24日までの引越し

引越し業者の混雑する週末や月末を避けて、平日の需要が低い24日までの引越しを選ぶことで、料金を抑えることができます。

相見積もりをすることで業者間の競争により値下げを狙う

複数の引越し業者に相見積もりを依頼し、それぞれの料金を比較することで、業者間の競争により値下げを狙うことができます。

遠距離の単身引越しでも安く済ませることができる定額料金の単身パックを利用する

単身パックは、一定の荷物量に合わせた定額料金で引越しを行うことができます。

遠距離の引越しでも、この単身パックを利用することで、費用を抑えることができます。

荷物量の少ない近距離の引越し向きの個人間取引「くらしのマーケット」を利用する

「くらしのマーケット」は、引越しをする人とトラックを持っている人をマッチングさせる個人間取引です。

荷物量が少なく、近距離の引越しであれば、安く済ませることができます。ただし、注意点としては、信頼性の確保やトラブル時の対応が業者とは異なる点があります。

ありがちな引越しの休日に関する疑問集

三連休で引越しする場合どこが一番安い?

三連休の場合は圧倒的に最終日が安くなります。

これは、土日と同じように、多くの人が初日や中日に引っ越しをするため、最終日の需要が低くなるためです。つまり、最終日は需要と供給のバランスが崩れ、引っ越し業者側は引っ越しの予約を埋めるために、安い価格を設定する可能性があるわけです。

飛び石連休(休み・平日・休み)はどこが一番安い?

そもそも「飛び石連休」とは、日曜日や祝日などの休日が、間に平日を挟んで続くことを言います。(例:4月3日日曜、4月4日月曜(平日)、4月5日祝日)

飛び石連休の場合は、真ん中の平日が安くなるわけではなく、有給を取って三連休を作る人が多いため、料金的には通常の三連休と同じ傾向があります。

そのため、引っ越しを検討する場合は、最終日に引っ越すことを考えると、料金が安くなる可能性があります。

関連記事

  1. 失敗から学んだ引越しの荷造りのコツ!家族・一人暮らし必見!

  2. 福岡-佐賀の引越しが半額!?料金相場・格安業者・安くなる裏技特集

  3. 引っ越しの期間は最短で何日?※退去~入居まで。時短テク紹介!

  4. 【比較表付】引っ越し単身パック全16種類を比較(料金・サイズ・サービス等)

  5. イエプラ(無料賃貸探し)の評判は悪い?ガチ口コミや特徴を調べてみた

  6. 【スマホ割・都道府県別】引越し先で最もおすすめのネット回線※最安・最速調査

  1. 池田ピアノ運送のピアノ引越し料金や口コミ裏情報まとめ。

    2024.04.17

  2. 【レビュー】タコヤキ引越センターの口コミ裏情報まとめ。

    2024.04.13

  3. 養生テープの比較調査※100均(ダイソー等)・通販・コンビニ・ホーム…

    2024.04.08

  4. サカイ引越センターの冷蔵庫だけの配送・処分・買取料金

    2024.04.03

  5. 【福岡市だと5,000円!?】引越しのヨシムラの口コミ裏情報

    2024.03.21

  1. 【2024年完全版】引っ越し見積もり費用相場・料金目安※時期・人数・…

    2023.01.05

  2. 【比較表付】引っ越し単身パック全16種類を比較(料金・サイズ・サー…

    2022.10.15

  3. 【スマホ割・都道府県別】引越し先で最もおすすめのネット回線※最安…

    2022.04.07

  4. 洗濯機・冷蔵庫だけの引越しが一番安いのは?(ヤマト・赤帽・業者・…

    2021.06.17

  5. 東京の引越しで安い業者10選・費用相場・おすすめ大手業者ランキング

    2018.09.03