引越しの訪問見積もり前に汚い部屋を掃除した方が良い理由と緊急対応策5つ

汚い部屋=汚部屋。汚部屋住まいだと、人を呼んだり部屋にあげるのをためらってしまいますね。引越しの場合、業者に依頼するのであれば、そうは言ってもいられません。

別に恥ずかしいわけではないから、そのままでも大丈夫…と開き直ってしまうと実は損をしてしまいます。汚部屋脱出のチャンスでもありますから、引越しを機会に片づけに着手してみませんか?

※8割以上が利用!人気の引越し一括査定2選

1、引越し侍【業界No.1の提携数】
業界最多の300社以上の中からアナタに合った激安な業者を選ぶことができます。東証プライム上場のエイチームが運営しているので安心して利用できます。
  • 業界最多!300社以上から最安値の業者を選択
  • 東証プライム上場の会社が運営していて安心
  • 管理人の実例:78,200円→35,000円(半額以下の値下げに成功)

利用率No.1!引越し侍はこちら

2、スーモ引越し【電話入力不要】
大手リクルートが提供している「SUUMO引越し見積もり」は業界唯一の電話入力が任意になっています。電話対応が面倒な人や見積もりメールでとりあえず比較したい人向けです。
  • 業界唯一!電話番号入力が任意
  • 大手のリクルートが運営
  • 管理人の実例:85,000円→42,000円(半額以下の値下げに成功)

電話入力不要!スーモ引越しはこちら

引越しの訪問見積もりの際にどれくらい部屋が汚いとまずい?

汚部屋に引越し業者に見積もりに来てもらう時には、雑誌で見るようなピカピカすてきルームへ大変身…させる必要はありません。衣類やファッション雑貨が多少散らかっている程度なら汚部屋にすらなりません。

大型の家具家電のサイズと個数が把握できて、どこに何があるかざっくりと把握できる程度であれば問題ありません。段ボールの必要数も目測で大体わかるからです。足の踏み場もない、廊下にまで物が溢れている、となると動線確保のためにスペースを作る必要があります。

ただし生ごみやビン・缶、飲みかけて放置したペットボトルなどはニオイや衛生的な問題もあるので、分別ルールに従ってまとめておきましょう(できれば収集日に合わせて捨てておきましょう)。

引越しの訪問見積もり前に汚い部屋を掃除した方が良い理由


汚部屋に引越し業者の人を入れるのは恥ずかしい、だけではなく訪問見積もりの時に汚部屋だと損をしてしまうんです。というのも、訪問見積もりの際に何を見るのかというと、お部屋の数と広さ、荷物の量です。そこから作業時間やトラックの大きさを計算していきます。

物が多ければ多いほど作業は増えますし、トラックも大きいものを用意しなくてはいけません。トラックは積載量が多いほど値段が上がります。ですから、ごちゃごちゃした部屋だと高額な見積もりが叩き出されてしまうのです。

それだけではありません。もしかしたら引越しを断られてしまうかもしれません…!理由ですか?引越しは作業日までにある程度荷物をまとめなくてはいけません。

梱包作業があまりにもできていない場合は次の依頼の妨げになる、と業者側からキャンセルされるケースすらあるんですよね。すごくキツイ言葉になりますが…汚部屋にしてしまっているということは、上手に整理整頓ができなくてだらしがない人、と思われるんです。

当日の作業開始時間までにやるべきことをやれない依頼者と判断される可能性があります。どうしても引越さなくてはいけない事情があるのであれば、業者が見つからないのは絶望しかありません。

訪問見積もりまで時間がない!汚部屋の緊急対応策

部屋の掃除や整理整頓が得意なら、最初から汚部屋の住人にはなりません。そんなズボラさんでも、見積もり前に最低限頑張って置くべきポイントを押さえましょう。

歩く場所を確保する

まずは各部屋で歩ける場所を確保します。見積もりの作成には家財道具がどのくらいあるか総量を確認しなくてはいけません。見回ることができない部屋があると、荷物量を多めに見繕われてしまいます。

風呂・車などに隠す

もし、それなりの量の見られたくないもの(下着など)があって、片づける場所がないのであればお風呂場か車に持ち込みましょう。見渡す程度ですがクローゼットや押し入れには見積もりの際にざっとチェックが入ります。

お風呂場のチェックはまずしません。お風呂場に置いてある水回り品は、たいていどこの家庭でも同じようなものが置いてあるため、荷物量の把握が容易だからです。また、自家用車も引越しの見積もりで確認することはありません。

ただ、一旦隠したとしても引越し当日に見積もりよりも大幅に荷物が増えていたら目も当てられません。隠したことに安心しないで、見積もり担当者に隠した荷物の大きさや量を伝えることも忘れずに。

処分するものを把握しておく

汚部屋事情を考えると、見積もり前に不用品をすべて処分するのは難しいでしょう。不用品と持っていくものの仕分けをして、見積もり担当者が来た時に「このあたりはすべて処分します!」と見た目でわかるように伝えられるのがベストです。

そうでなくても、現場で捨てるもの、持っていくものをスムーズに伝えられる状態にしておきましょう。

大型家具家電など大きな荷物をみえる状態にしておく

大型家具・家電は積み込むトラックの大きさを決めるのに重要なファクターです。サイズ感がわかるように見える状態にしておきましょう。

くらしのマーケット等の掃除代行を利用する

ここまで見ただけでも、掃除や整理整頓が苦手な人はうんざりしてしまうかもしれませんね。

そんな時には「くらしのマーケット」などから掃除の代行サービスを利用しましょう。多少お金はかかりますが、大手の専門業者より安く、スピーディーに依頼ができます。

くらしのマーケットであれば汚部屋どころか、ゴミ屋敷レベルのカオスでも対応業者が見つかります。清掃代行業者の人は汚部屋・ゴミ屋敷を見慣れていますから、恥ずかしがらずに思い切って依頼してみましょう。

くらしのマーケットのハウスクリーニング詳細

引越しの訪問見積もりで、部屋の汚さよりも大事なこと

部屋がどれだけ汚れていようがなんだろうが、どんな引越しにも共通する大事な点が2つあります。荷物の整理や処分でお金がかかる可能性がある分、ここでしくじるとさらなる出費に泣くはめになるかもしれません。

相見積もりすること

相見積もりは絶対にするべきです。既に「物凄い汚部屋だと断られるかも…」とは書いていますが、これはごく少数例。引越し会社も手に負える範囲であればお仕事はほしいのです。

しかし、ライバルが存在しなければその業者は依頼者側に最低限のサービスしかしてくれません。まして汚部屋という負い目を持っているため、遠慮がちになる依頼者も少なくありません。

できれば考慮してほしいことを受け入れてもらうためにも、競争相手が必要です。これはソフト面のサービスだけではなく、金額にも言えることです。業者同士を比較して、こちらがベストだと思う業者を選べるんですよ、という姿勢を示しましょう。

相見積もりを検討するなら、一括見積サイトから申し込むと便利ですよ。サイトから契約業者へ連絡が行くので、こちらから説明しなくても相見積もり前提で引越し業者も動いてくれます。1社ずつ電話を掛けたり申込フォームに入力する手間も省けます。

一日でも早く行動すること

汚部屋をどうにかしてから見積もり依頼をしよう、とするのは悪手です。というのも見積もりの予約は埋まってしまうことがあるからです。

仕事の都合でリミットが決まっている場合には、なおのこと早めに予約を入れてください。3~4月の引越しピークには、大げさではなく希望する業者に見積もりも作業依頼もできない事態が普通に発生します。

また、料金が低くてサービス精神旺盛な「コスパの良い」業者からさっさと予約枠は埋まっていきますから、比較的お高めの業者から選ばざるを得ません。

そして日程を後回しにするほど各業者の引越し作業枠も埋まってしまうため、業者サイドが値引きやサービスをしてまで依頼してもらおう、という意識が薄くなっていきます。

言葉は悪いですが、足元を見られる状態ですね。後手後手の行動はデメリットばかりです。汚部屋の掃除より見積もりの予約が優先ですよ!

大抵の場合は見積もりの予約から訪問までに数日の間がありますから、その期間で上記に記したようなザックリとした片づけをしましょう。

引越し業者の見積もり予約はいつまでに行う?2週間前は遅い?

訪問見積もりが苦手な人におすすめな、WEB完結型見積もりサービス

今までもネットの手続きだけで見積もりができるサービスがありましたが、コロナ禍で人との接触を避けるためにオンライン見積もりサービスを充実させる引越し業者が増えてきました。

Zoomやラインを利用して実際の画像を担当者に見てもらうため、依頼者の主観に依った従来の入力フォーム型の見積もり依頼よりも正確な見積もりが可能です。もちろん大手ですら全社が対応しているわけではありませんが、他人を家にあげるのが苦手であれば検討してみてください。

また、1人暮らしであれば単身パックなら(従来型ではありますが)WEB完結タイプの業者もあります。単身パックは積載できる荷物量が少ないため、物で部屋が溢れかえっている汚部屋の住人とは相性が悪いように思えます。

しかし、寝具や数着の衣類などほぼ身一つで引越そう、とことん断捨離をしよう!と決意した人にはピッタリのプランですよ。引越しを機会に、ミニマムライフに切り替えてもいいかもしれませんね。

関連記事

  1. 安すぎも注意!?引っ越しの追加料金がかかるトラブル9パターン。

  2. 引越し時のバルサンのタイミングと使い方・注意点!害虫とサヨナラ。

  3. サカイ引越センターのダンボール回収費やサイズ、キャンセル時の値段

  4. 失敗から学んだ引越しの荷造りのコツ!家族・一人暮らし必見!

  5. 引っ越しの観葉植物の疑問5つ(業者・運び方・縁起・処分・海外)

  6. 東京電力の引越れんらく帳とは!?特徴やデメリット・メリット・評判。

  1. 栃木県小山市の引っ越しが安い!?見積もり相場よりも半額にする方…

    2023.02.06

  2. 【掘り出し業者】釧路市の引越しが半額!?引っ越し料金が安い業者…

    2023.02.03

  3. 倉敷市の引越しが半額に!?倉敷の安い引越し業者と見積もり価格相場

    2023.02.02

  4. 東村山市で安い引越し業者はこの3社!東村山市の引っ越し役立ち情報…

    2023.02.01

  5. 【掘り出し業者】帯広市で安い引っ越し業者3選!見積もり相場や口コ…

    2023.01.27

  1. 【2023年完全版】引っ越し見積もり費用相場・料金目安※時期・人数・…

    2023.01.05

  2. 【比較表付】引っ越し単身パック全16種類を比較(料金・サイズ・サー…

    2022.10.15

  3. 【スマホ割・都道府県別】引越し先で最もおすすめのネット回線※最安…

    2022.04.07

  4. 東京の引越しで安い業者10選・費用相場・おすすめ大手業者ランキング

    2018.09.03

  5. 2023年2月の引越しが半額!?料金相場・格安裏技体験談・賃貸物件

    2018.06.08