引越し時のIKEA家具の分解方法とイケア家具対応業者

北欧スウェーデン生まれのお洒落な家具が低価格で購入できることで有名なIKEAですが、そのIKEA製家具は引越しの際に運搬を断われることも多いのはご存知でしょうか。

ここでは、引越し時に必須のIKEA家具の分解の知識や、IKEA製家具を専門に分解・解体、運搬等を行う業者について検討し、できるだけ安くIKEAの家具を引越しする方法について触れていきます。

↓【イケア家具対応業者も探せる】人気の引越し一括見積もり3選↓

※8割以上が利用!人気の引越し一括査定3選

1、引越し侍【業界No.1の提携数】
業界最多の300社以上の中からアナタに合った激安な業者を選ぶことができます。東証プライム上場のエイチームが運営しているので安心して利用できます。
  • 業界最多!300社以上から最安値の業者を選択
  • 東証プライム上場の会社が運営していて安心
  • 管理人の実例:78,200円→35,000円(半額以下の値下げに成功)

利用率No.1!引越し侍はこちら

2、スーモ引越し【電話入力不要】
大手リクルートが提供している「SUUMO引越し見積もり」は業界唯一の電話入力が任意になっています。電話対応が面倒な人や見積もりメールでとりあえず比較したい人向けです。
  • 業界唯一!電話番号入力が任意
  • 大手のリクルートが運営
  • 管理人の実例:85,000円→42,000円(半額以下の値下げに成功)

電話入力不要!スーモ引越しはこちら

3、LIFULL引越し【単身向け】
LIFULL引越しは赤帽やクロネコヤマト等単身引越しが得意な業者と多数提携しているので単身者におすすめです。また荷物情報入力も任意なので最短30秒で無料見積もりも可能です。
  • 赤帽やヤマト等単身引越しが得意な業者と多数提携
  • 業界最速!入力が簡単で30秒で無料査定
  • 管理人実例:125,000円→60,000円(半額以下の値下げに成功)

単身向け!LIFULL引越しはこちら

悲報!あまり知られていない引越し時のikea家具の問題点

まずはこちらのツイッターの投稿を見てみてください。

このように引越し業者によっては、イケアの家具があると引越し自体を請け負ってもらえないケースも出てきます。

なぜIKEA家具(ベッド・本棚・テーブル)は対応してもらえない引越し業者が多いの?

引越しの際にIKEA製の家具について運搬を断られる原因は、IKEA製の家具の多くに使われる「木ネジ」にあります。

通常の家具の場合、留め金は締め手・受け手ともに金属を使用することが多いのですが、購入者自らの組み立てによることで低価格製品を提供しているIKEAでは、留める先の板自体にネジを挿しこんで組み立てるものが多いのです。

そもそも、この「木ネジ」というものは解体及び再度の組み立てをしないという前提で作成されており、最初に組み立てた時の強度こそあれど、一度分解した後に再度組み立て直すと、はめ込んであったネジ穴部分が広がってしまっており、家具としての強度が著しく落ちてしまうのです。

部品レベルでの分解が必要な点も作業に時間がかかる上、組み立てた後に破損やグラつきが生じて使用できなくなる恐れもあるため、引越し業者でIKEA製家具は運搬の対象外とする場合が多いのです。

IKEA家具の分解方法とは?

IKEA製品の多くに使われる木ネジを外す際の具体的な方法や注意点ですが、最も重要なのは、木ネジを抜く際に真っ直ぐ抜くことです。

ネジ部分が固くて抜きづらいからといって差し込んだ部分を広げるように動かしながら木ネジを抜いてしまうと、再度組み立てた際に家具としての強度を保てない恐れがあります。

木ネジが再度差し込んだ際のネジの効かなさは有名ですが、通常1度や2度のネジの抜き差しで全くネジが効かなくなるほど家具にダメージを与えることは多くありません。ですので木ネジを抜く際はまず真っ直ぐに抜くことを意識することが肝要です。

また、IKEAの家具は部品単位にまで解体する事が多いので、取り外すネジの量も多く、便利さから電動ドライバーを使用する人も多いかも知れません。

しかし、電動ドライバーでは当てた先がぶれやすく、木ネジを抜く際に穴を広げてしまう原因となりやすいので使用を控えた方が賢明です。

また、IKEA家具の解体時に必要な工具としては、カムロックの取り外しに使うプラスマイナスドライバー、4ミリから6ミリ頭の六角レンチ、木ダボを抜く際のペンチ、家具の背板を外す際に使うハンマーや釘抜き、13ミリの六角ボックスレンチの以上があればIKEA製の家具のほとんどの解体ができると言えます。

IKEA家具の引越し対応の引越し業者2社と料金目安

運搬を断られやすいIKEA家具ですが、引越し業社の中にはIKEAの分解や運搬に対応してくれるものもあります。

ここでは代表的な2社についてその引越し料金を比較しまとめていきます。

まず、IKEA製家具の分解・運搬・再組み立てを一括して行なってくれる「イケア引越しパック」を展開している職人引越しセンターでは、分解と再組み立てには他の一般的な家具と同じサービス料金が適用されています。

例としては、購入時の値段が50,000円のIKEAのワードローブを、都内立川から新宿までの距離の引越しで、分解・運搬・再組み立てを2名のスタッフで行った場合、まず、分解サービス料金として出張料2,000円、分解基本料3,000円、個別解体料として家具購入価格10%の5,000円、大型家具対応料3,000円がかかります。(合計13000円)

そして、引越しサービス料として軽トラックにて2名のスタッフを従事させることに15000円かかります。

最後に、再組み立てサービス料金として分解時と同じ額である13,000円がかかります。この3つのカテゴリーの料金総計は41,000円となります。

次に、IKEA家具専門引越しサポート企業として名をあげるカグッコシでは、木製ロフトベッドを23区内で引越す場合、分解・解体から再組み立てを一括して40,000円で請け負ってくれます。

運搬については基本的に他の引越し業者を手配することを推奨されていますが、対応ができないわけではないので見積もり時に確認をする必要があります。

また、カグッコシでは家具の購入時の金額によって解体費・組み立て費を決定することはせず、家具の大きさやジャンルによって料金を分けており、より公平で分かりやすい料金体系を実現しています。

IKEA家具分解の費用は引越し業者によって大きく異なるので相見積もりは必須!

分解や再組み立てまでを一貫して行ってくれる引越しサービス業者を選べば、IKEA製家具を引越し先の新居で使うことも諦める必要はありません。

しかし、ここで重要なのは引越し業者によってIKEA家具の分解・組み立て費用は大きく異なるということです。

先に挙げた2社以外にも、「アップル引越センター」「ホームレンジャー」という業者でも、IKEA製家具の分解・運搬・再組み立てを請け負ってくれます。

このようにIKEA製家具の引越し対応を売りとしている引越し業社は他にも多数ありますので、引っ越しにIKEAの家具を持ち出す場合は一度相見積もりを行い、料金を徹底的に比較検討するのをお勧めします。

また、基本的に大型となるIKEAの家具に対しての扱いや、オプション料金体系については引越し業者によってバラバラで多岐に渡るので、相見積もりの際には引越し一括査定サービスを利用して、IKEA家具引越しに関わる相場をしっかりと把握しつつ、短時間に一気に複数社の料金を比較するのが便利です。

関連記事

  1. 引越しのチャーター便・ 混載便・帰り便・コンテナ便の違いとは?

  2. ハート引越センターのダンボール回収やサイズ、枚数等の悩み解消!

  3. タクシー引越しか軽トラ引越し業者だとどっちが安い?

  4. 東京23区内の引越し・配送が一律3500円の「スタロジ」とは!?

  5. 引越しの郵便物の転送手続きやその期間・日数について

  6. 引っ越し時の保育園の疑問集。保育園に入れない!やそのまま変えたくない場合の対策

  1. 【口コミ評判】door引越し見積もりを使ってみた分かった特徴や料金

    2022.10.01

  2. 興進引越センターの口コミ評判はやばい!?特徴や裏技をチェック。

    2022.09.23

  3. minikura(寺田倉庫)を比較&使ってみて分かった事。※利用者の口コミ…

    2022.09.20

  4. 愛知(名古屋)~宮城(仙台)の引っ越しまとめ。おすすめ業者や料金調査

    2022.09.15

  5. 伊勢崎市の引っ越し役立ちまとめ!安い人気業者3選+体験談など

    2022.09.11

  1. 【スマホ割・都道府県別】引越し先で最もおすすめのネット回線※最安…

    2022.04.07

  2. 2022年2月の引越しが半額!?料金相場・格安裏技体験談・賃貸物件

    2018.06.08

  3. 10月の引越し料金が相場より2万円安くなった方法と縁起・賃貸情報。

    2018.05.10

  4. 引越し一括見積もりサイトの比較から見るおすすめ3つ※2022年最新版

    2018.05.03

  5. 5月のイメージ画像

    5月の引越しが半額!?料金相場や安くなる方法、縁起、物件探し

    2018.03.13