アート引越センターのダンボールサイズや回収費用、貰える枚数など

仕事や進学で引っ越しが必要になったら、必ずやらなければいけないことは荷造りです。

ですが自分でダンボールを用意するとなると、なかなか手に入るものでもない上に大きさはバラバラ、使い古しのものだと強度も心配…という人は多いはず。

ダンボールは通常、引越業者に引越の依頼をするともらえるようになっています。

今回は大手引越業者のアート引越センターのダンボールについて何枚?サイズは?という疑問を解決していきたいと思います。

※8割以上が利用!人気の引越し一括査定2選

1、引越し侍【業界No.1の提携数】
業界最多の300社以上の中からアナタに合った激安な業者を選ぶことができます。東証プライム上場のエイチームが運営しているので安心して利用できます。
  • 業界最多!300社以上から最安値の業者を選択
  • 東証プライム上場の会社が運営していて安心
  • 管理人の実例:78,200円→35,000円(半額以下の値下げに成功)

利用率No.1!引越し侍はこちら

2、スーモ引越し【電話入力不要】
大手リクルートが提供している「SUUMO引越し見積もり」は業界唯一の電話入力が任意になっています。電話対応が面倒な人や見積もりメールでとりあえず比較したい人向けです。
  • 業界唯一!電話番号入力が任意
  • 大手のリクルートが運営
  • 管理人の実例:85,000円→42,000円(半額以下の値下げに成功)

電話入力不要!スーモ引越しはこちら

アート引越センターのダンボールの無料で貰える枚数は?


基本的にアート引越センターでもらえるダンボールは全て無料です。部屋に営業の人が来て見積もりを出すときにざっと部屋を見て何枚ほど用意するかを決めていきます。

単身の引越しで20枚ほど用意してくれるケースが多いでしょう。無料でもらえる段ボールの上限ははっきりとは決まっていません。

家族の人数によって20枚で済むところもあれば50枚以上必要になるところもあるためです。

単身なのに50枚以上必要など、明らかに多い枚数を頼むと有料になる可能性もありますが、この辺りは営業の人との交渉次第で融通の利くものだと考えていいでしょう。

【引越し完了後】 アート引越センターのダンボール回収費用と連絡先


アート引越センターでは引越し完了後の荷解きで空いたダンボールは引越しから3ヶ月以内であれば無料で引き取りに来てくれます。

ただし無料なのは1回だけなので、2回目以降、または3ヶ月を過ぎた場合は有料での引き取りとなります。

営業の人の名刺の電話番号にかけてもいいですし、ホームページに記載されているフリーダイヤルに電話しても回収の依頼ができます。

3ヶ月以内で1回目であればどれだけの量が出ても無料なので、早めに荷解きを終わらせてしまった方がお得です。

アート引越センターのダンボールについての連絡先・電話番号
【電話番号】0120-0123-33
【受付時間】8:00~20:00

アート引越センターのダンボールサイズ(大きさ)と種類は?

ダンボールのサイズはSケースとMケースの2種類あります。Sケースは縦、横、奥行の全てが350㎜の正方形の箱で、割れ物、食器、CDや本などを入れるのにちょうどいいサイズです。

Mケースは縦350㎜、横500㎜、奥行350㎜の長方形の箱で、衣類をたたんで2つ並べて入れて丁度収まるくらいのサイズとなっています。

さらにガムテープも3色用意され、割れ物など取り扱いに注意の必要なものは赤、引っ越し後すぐに開けるものは黄色、急ぎではないものは白という色分けで荷造りしておくと、引越し後にそのガムテープの色によって搬送スタッフの人が荷解きしやすいように荷物を置いていってくれます。

アート引越センターのダンボールが足りない!追加したい場合は無料・有料?

アート引越センターのダンボールは基本的に無料で、それは追加をしても同じことです。不足分は電話で追加依頼をすれば持って来てくれます。

ただし営業の人の都合によて電話してもすぐに来られないということもあるので、早めに梱包に取り掛かり不足した時の連絡も早めにするとギリギリになって慌てなくて済みますよ。

不在の時には玄関前に置いていってくれるのでそれに合わせて家にいなければいけないという事もありません。欲しいダンボールのサイズもこちらで自由に決められます。

契約キャンセルに伴うアート引越センターのダンボールはどうなるの?(返却費用や買取値段、手数料等)

契約をキャンセルした時のダンボールの扱いですが、組み立てて使ってしまったダンボールは買取になります。はっきりとした金額は明記されていませんが、およそ1枚500円ほどです。

未使用のものは担当の店舗に持ち込むか、送料を自己負担で営業店に郵送や宅配便で送ることで引き取ってもらえます。その際の引き取り料はかかりません。

また、別の引越し業者に引越しを依頼するのであればその業者から未使用のダンボールを返却してもらえるというサービスを行っている業者もあります。
別の業者に頼むのであれば相談してみるのも良いでしょう。

関連記事引越し契約のキャンセル料金や理由、ダンボール返却など(業者別)

アート引越センターのダンボールについての口コミ評判

関連記事

  1. 近距離引越し(同市内)の費用相場と安いおすすめ業者5選

  2. 【危険!】引っ越しの電子レンジの梱包方法や注意点をチェック

  3. キュラーズ(トランクルーム)の全て。口コミ評判や最短解約日数、全店舗料金

  4. 「引っ越しました。」お知らせはがきはどこで買う?100均、通販、郵便局比較。

  5. 引っ越しの観葉植物の疑問5つ(業者・運び方・縁起・処分・海外)

  6. 赤口(しゃっこう)で引っ越しの契約して大丈夫?対策や縁起について解説

  1. 東村山市で安い引越し業者はこの3社!東村山市の引っ越し役立ち情報…

    2023.02.01

  2. 【掘り出し業者】帯広市で安い引っ越し業者3選!見積もり相場や口コ…

    2023.01.27

  3. 引っ越しの準備に便利なおすすめスマホアプリ全13種類を共有!※andr…

    2023.01.26

  4. net引越センターの見積もり料金やリアルな口コミ評判は悪い!?

    2023.01.24

  5. 長野にある赤帽(引越し業者)の料金相場や口コミ評判まとめ

    2023.01.17

  1. 【2023年完全版】引っ越し見積もり費用相場・料金目安※時期・人数・…

    2023.01.05

  2. 【比較表付】引っ越し単身パック全16種類を比較(料金・サイズ・サー…

    2022.10.15

  3. 【スマホ割・都道府県別】引越し先で最もおすすめのネット回線※最安…

    2022.04.07

  4. 東京の引越しで安い業者10選・費用相場・おすすめ大手業者ランキング

    2018.09.03

  5. 2023年2月の引越しが半額!?料金相場・格安裏技体験談・賃貸物件

    2018.06.08