auひかりを引越し時に解約・継続する費用と工事費を無料にする方法

本記事は広告を含む場合があります。

ポケットWi-Fiに比べて速度の力が強いことからauひかりを利用している方は多いと思います。

設置する時は簡単ですし、料金もそれほどかからず毎月一定額で利用できるという魅力があるauひかりですが、引っ越しの手続き方法やそれにかかる料金、そして引っ越しを機にauひかりを解約する時に発生する料金のことを詳しく知っている方は少ないはずです。

そのため「え?お金がかかるの!?」と引っ越し直前に知る方が結構居ます。そうならないためにも事前にauひかりについての料金を知っておくことでいざ引越しをする時や解約をする時に急な出費をせずに済みます。

では、auひかりの引越し手続きと費用、解約料金などをまとめてご紹介します。

auひかりの引越し手続き方法

auひかりの引越し手続きはパソコンやスマートフォンを使ったインターネット手続きまたはお電話から行え、パソコンやスマートフォンを使ったインターネット手続きをする場合はauのマイページにある「お引越し情報入力フォーム」より手続きを行うことができます。

お電話から手続きをする場合は「KDDIお客さまセンター」へお問い合わせをして手続きを行うことができます。どちらの方法であれ、お手続きの流れとしては6ステップです。

①まずはプロバイダーへ連絡
パソコンやスマートフォンを使ったインターネットまたはお電話にてauひかりのプロバイダーへ連絡
②au受付
auのKDDIへ登録後、ステップ③まで1~3週間程の時間がかかります。
③回線工事日のご連絡
メールまたは電話にてauひかりから連絡が来ます。
④ご利用開始のご案内と宅内機器のお届け
宅配便にて機器一式をお届けします。
箱の中に「ご利用開始のご案内」という紙が同封されているので、箱を開封して中身を確認してください。
⑤光回線工事当日
工事日決定後から工事当日までは2~4週間程かかります。自宅の付近の電柱から光ファイバーの引き込みを行い、自宅内に光コンセントを設置します。ちなみに、工事当日は立ち会いがないと光回線工事ができません。
⑥宅内機器の接続
auひかりから届いた機器を、接続設定ガイドを見ながら取り付けます。
⑦利用開始
すぐにauひかりを利用できます。

auひかりの引越し手続き(継続利用)に必要な費用総額

auひかりの引越し手続き(継続利用)では戸建てとマンションで総額費用は異なります。

戸建て(auひかりホーム)タイプの引越しの場合

内訳 料金(税込み)
新規工事費用 41,250円
工事費用の残債 0~41,250円
登録料 3,300円
合計 44,550円~85,800円
戸建ての場合登録料で3,300円、新規工事費用で41,250円、工事費用の残債で0~41,250円の合計44,550円~85,800円となります。

auひかりマンションタイプの引越しの場合

内訳 料金(税込み)
新規工事費用 33,000円
工事費用の残債 0~33,000円
登録料 3,300円
合計 36,300円~69,300円
マンションの場合登録料で3,300円、新規工事費用で33,000円、工事費用の残債で0~33,000円の合計36,300円~69,300円になります。

登録費の3,300円というのは事務手数料です。

新規工事費用というのは新たにauひかりを契約するということではなく、引っ越し先でauひかりの回線を引くための「新規」ということです。

新しい場所で新たにauひかりの回線を引くということに対しての新規工事となります。

ちなみに、プロバイダ会社が独自で引っ越しキャッシュバックを行っている場合は新規工事費用の全額キャッシュバックが受けられることがあります。実質無料で新規工事を行えるということです。

工事費用が気になる方は事前に新規工事のキャッシュバックについてお問い合わせなどしてみると良いでしょう。そして初期工事費用の残債というのは受け取るはずだったキャッシュバックの残金になります。

auひかりは初期工事費用のキャッシュバックを毎月の月額利用料の割引で行っているのですが、途中解約の場合残金の支払い義務が生じます。

戸建てだと60ヶ月、マンションだと24ヶ月以内の移転の場合一度残債を支払う必要があるのです。

移転や解約でも一旦は支払い義務が生じるのですが、移転の場合引っ越し後は支払った分が割引などで還元されるシステムになっています。

もっと分かりやすく説明をすると、1度は料金が発生するけれど、後に還元されて手元に戻ってくるということです。

auひかりの引越し手続き(継続利用)に必要な費用総額は、キャッシュバック等を考えず1度に支払わなくてはならない料金はこれ位だと頭に入れておくと良いでしょう。

引越しを機にauひかりを解約する場合の手続きと費用

引っ越しを機にauひかりを解約する場合の手続きとしては2ステップです。
①auのKDDIお客様センターに連絡をして解約手続きを行う
②レンタルしているモデムなどの機器を返却する
たった2ステップで簡単にauひかりを解約することができちゃいます。

ちなみに、auひかりの解約はauのショップ窓口やホームページからの受付はしていなく、KDDIお客様センターのみでの受付となっています。auひかりの解約でかかる費用としては、契約プランや解約するタイミングによって料金が異なります。

auひかりhomeの場合、ずっとギガ得プランは加入から3年ごとで加入月とその翌月が契約更新のタイミングになります。そのため契約期間中に解約をすると15,000円の解約料金が発生します。

ギガ得プランは加入から2年ごとで加入月とその翌月が契約更新のタイミングで、契約期間中に解約となると9,000円の解約料金が発生します。

そしてauひかりマンションの場合、お得プランAは加入から2年ごとで加入月とその翌月が契約更新のタイミングとなっていて、契約期間中に解約となると7000円の解約料金が発生します。

標準タイプの場合契約更新のタイミングがないためいつ契約を解除しても解約料金は一切発生しません。

auひかりマンションの標準タイプ以外のプランで契約をしている方は、契約更新のタイミングを逃すと必ず解約料金が発生するということを覚えておくと良いでしょう。

auひかりの引っ越し先での工事費を無料にする3つの方法

スマートフォンや携帯電話の場合引っ越しをしても料金は今までと何も変わらず、引っ越し手続きもショップやネットから簡単に行えますが、auひかりは引っ越し料金が発生したりと色々と面倒な部分があります。

そこで今回はauひかりの初期費用相当額割引キャンペーンを利用したお得な引っ越し方法や、移転引越しキャッシュバック、他のインターネット回線会社への乗り換えキャンペーンについてのお得な情報を分かりやすくご紹介します。

①auひかりホーム(マンション)の初期費用相当額割引で引っ越しをする

初期費用相当額割引というのは、auひかりホームが独自に行っているキャンペーンになります。

このキャンペーンを利用するとauひかりホームの設置時に支払った工事費用分を毎月の利用料金の割引として分割キャッシュバックされるため、引っ越し先での工事費用分を実質無料で行うことができるという嬉しいサービスです。

ちなみに、こうしたキャンペーン等を利用せずにauひかりホームの引越しをすると41,250円程の支払いが発生します。

ですが初期費用相当額割引を上手く利用すればインターネットの料金が1,243円(税込)割引×22カ月割引(初回:1,254円(税込)割引)、電話代が毎月500円割引となり、割引額の合計が41,250円になるのです。(※auひかりマンションタイプなら合計33,000円になるように割引される)

こうしたことから引っ越しの時にauひかりホームの工事費用分を割引で実質無料で行えるという仕組みになっています。

言い忘れてしまいましたが、初期費用相当額割引キャンペーンの対象者はauひかりネットと電話をセットで申し込んだ方のみとなっているので、そうでない方は初期費用相当額割引キャンペーンは対象外になるのでご注意ください。

②プロバイダーからの移転引越しキャッシュバックを受ける

auひかりでインターネット利用する場合、必ずどこかのプロバイダーと契約しています。

契約したプロバイダーの会社が独自に移転引越しキャッシュバックを行っている場合、引っ越し工事費用を補える金額のキャッシュバックを受けられることがあります。

ちなみに、auひかりが契約しているプロバイダーの会社はau one net・@niffy・@T COM・BIGLOBE・DTI・So-netの6社となっています。

auひかりプロバイダー別のキャッシュバック
  • au one netのキャッシュバック内容はネットと電話の申し込みで初期費用相当額割引
  • @niffyは初期費用残債相当額の@niffy使用権をプレゼント・契約解除料無料・回線撤去費用を免除
  • @T COMは5,000TLCポイントプレゼント
  • BIGLOBEは30,000円キャッシュバック・月額料金の値引き・工事残債分値引き
  • DTIはアート引越センターからの見積もりを取ると引っ越し料金25%OFF
  • So-netは工事残債分キャッシュバック・契約解除料無料・ホーム回線撤去費用免除・月額料金の割引・ホームずっとギガ得プランの利用で戸建て向け高速サービスが一定期間割引

プロバイダーの会社によって割引やキャッシュバックの内容が異なりますが、キャッシュバックキャンペーンを受けるためには1度解約をして引っ越し先で新たに新規契約する必要があります。

ちなみに、新規契約をする際は以前契約をしていた方が再度契約をしてしまうとキャッシュバックを受けることができないため、解約後に新規で契約をする際は同一名義で契約しないように注意しましょう。

③他のインターネット回線会社の乗り換えキャンペーンを使ってauひかりを解約する

auひかりを解約して他のインターネット回線の会社に乗り換えると、多くのキャッシュバックを受けられる場合があります。

ちなみに、auひかりを解約してフレッツ光に乗り換えた場合キャッシュバックはありません。

ですがauひかりを解約して

  • ドコモ光に乗り換えると新規工事料最大18,000円が無料・dポイント10,000prプレゼント、
  • ソフトバンク光に乗り換えるとauひかりへ支払わなくてはならない解約違約金と撤去工事費を全額キャッシュバック・最大24,000円キャッシュバック
  • NURO光に乗り換えると開通から2ヶ月後に40,000円のキャッシュバック・月額料金から総額40,000円割引・So-net設定サポートサービスが無料
といったキャッシュバックを受けることができます。

引っ越しを機に他のインターネット回線会社に乗り換えることはauのスマートフォンや携帯電話を使っていない方にオススメの方法となっています。

auのスマートフォンや携帯電話を使っていない方は「引越しのインターネットは解約手続きをして新規契約がお得!」の「キャリアとのセット割(光コラボ)で安い!人気NO.1~3位は1位NURO光、2位auひかり、3位ドコモ光!」の項目を見てみるといいと思います。

現在auのスマートフォンや携帯電話を使っている方の場合auひかりを使うことでauスマートバリューという割引が適用されています。

auスマートバリューという割引は、例えば4人家族が全員auのスマートフォンや携帯電話を使っていて契約内容がauフラットプランの場合、auひかりを契約すると毎月スマホ1台につき1,000円相当が割引されています。

そのため4人家族となると毎月4,000円分、半年で24,000円分の割引が適用されているのです。

なので、auひかりから他のインターネット回線会社に乗り換えた場合初めはキャッシュバックによってお得に感じられますが、長期的に考えるとauひかりを解約せずにauひかりを使い続ける方がお得になります。

関連記事

  1. 引越しでタンスの中身は出す?出さない?配送や処分についても。

  2. 【30秒で分かる】赤帽の引っ越し料金表を作成してみた。※5つの例を紹介

  3. 冷蔵庫だけの配送は赤帽・ヤマト・引越し業者のどれの料金が安い?

  4. 女性の引っ越しに!盗聴器調査を無料で行える引越し業者まとめ。

  5. 引っ越したいけど金がない!初期費用を極限にまで減らす10の方法

  6. 引っ越しのダンボールの全知識!サイズや枚数、無料入手方法、裏技まとめ

  1. 池田ピアノ運送のピアノ引越し料金や口コミ裏情報まとめ。

    2024.04.17

  2. 【レビュー】タコヤキ引越センターの口コミ裏情報まとめ。

    2024.04.13

  3. 養生テープの比較調査※100均(ダイソー等)・通販・コンビニ・ホーム…

    2024.04.08

  4. サカイ引越センターの冷蔵庫だけの配送・処分・買取料金

    2024.04.03

  5. 【福岡市だと5,000円!?】引越しのヨシムラの口コミ裏情報

    2024.03.21

  1. 【2024年完全版】引っ越し見積もり費用相場・料金目安※時期・人数・…

    2023.01.05

  2. 【比較表付】引っ越し単身パック全16種類を比較(料金・サイズ・サー…

    2022.10.15

  3. 【スマホ割・都道府県別】引越し先で最もおすすめのネット回線※最安…

    2022.04.07

  4. 洗濯機・冷蔵庫だけの引越しが一番安いのは?(ヤマト・赤帽・業者・…

    2021.06.17

  5. 東京の引越しで安い業者10選・費用相場・おすすめ大手業者ランキング

    2018.09.03