ゆうパック引越しの料金はいくらか段ボール数別に検証してみた。

荷物の搬送と言ったらゆうパック。ゆうパックを取り扱っているコンビニはローソン、ミニストップ、セイコーマートと手広いですし(一部除外店舗あり)、そもそも郵便局は日本の各地にあります。

しかも拠点の郵便局なら24時間対応もしているので、じつは利便性は高いのです。でも、引越しをするのにゆうパックだけを利用するのは可能なのでしょうか。

この記事ではゆうパック引越しの割引や利用条件などを調査し、引越しで有効活用できるか検討してみました。

↓8割以上が利用している人気の引越し一括見積もり2選↓

1、達人セレクト【最速30秒で見積もり完了】
引越し達人セレクトは数ある一括見積もりサービスの中でも最も速く30秒で無料見積もりをすることができます。

荷物情報の入力も任意なのでまだ荷物情報の詳細が分からないという人も取り合えず無料見積もりだけでもしておくとその後料金交渉がスムーズに進みます(‘ω’)ノ

管理人の過去の実例をだすと引越し達人セレクトで見積もり比較したところ、63,800円から31,000円まで値下げすることに成功しました。

  • 業界最速!入力が簡単で30秒で無料見積もり
  • 荷物情報の入力が任意
  • 管理人の実例:63,800円→31,000円(半額以下の値下げに成功)

最速30秒!引越し達人セレクトはこちら

2、LIFULL引越し【単身引越し向け】
CMでも有名な株式会社LIFULL(旧ホームズ)が運営するライフル引越しの最大の特徴は赤帽やクロネコヤマト等単身引越しが得意な業者と多数提携している点にあります。

さらに登録後好きな業者を自分で自由に選択することができるので、煩わしい引越し業者からの営業電話対応も最小限に抑えることができるというメリットもあります。

実際、管理人である私自身ライフル引越しで単身引越しの見積もり依頼をしたところ、125,000円から60,000円まで値下げすることに成功できました。

  • 赤帽やクロネコヤマト等単身引越しが得意な業者と多数提携
  • 大手の株式会社LIFULL(旧ホームズ)が運営
  • 管理人の実例:125,000円→60,000円(半額以下の値下げに成功)

単身向け!LIFULL引越しはこちら

>>引越し一括見積もりサイトの比較記事はこちら


ゆうパック引越しで嬉しい3つの割引について

1、持ち込み割引

事業所の郵便窓口に自分で荷物を持ち込むと荷物1つあたり120円の割引が受けられます。

2、同一宛先割引

過去1年以内に差し出されたゆうパックで、これから届けてもらう宛先と同じ宛先が記載されたゆうパックラベルの控えを添えておくと荷物1つ当たり60円が割り引かれます。ただし、受取人払いや着払いでの発送はできません。

また「~同一あて先割引~」の欄に既に押印がしてあるラベルを、もう一度利用することはできません。

一般的な引越しではあまり使用しないかもしれませんが、実家に帰る場合や先に新居に入居していた家族の元に後で合流する場合には役に立つでしょう。

3、複数口割引

宛先が同一のものを同時に2つ以上差し出すと、1個あたり60円の割引が適用されます。同一宛先割引と同様、受取人払いや着払いは適用外です。

郵便局でしか割引をしてもらえないのか

これらの割引は郵便局のほか、ゆうパック取り扱いをしているコンビニエンスストアでもしてくれます。24時間窓口が空いている拠点の郵便局にはちょっと遠いという場合に、近場のコンビニを利用しても割引が適用されるのはありがたいです。

割引の併用可否

同一先割引と複数口割引を併用することはできません。持ち込み割引と同一先割引、持ち込み割引と複数口割引であれば併用可能です。従って荷物1個あたり最大180円の割引が可能ということです。

引越に利用することを考えると、よほど荷物の少ない人以外は荷物が複数になるはずですので、持ち込み割引と複数口割引の併用になるでしょう。

ゆうパック引越しの段ボール数(5・10・30箱)別の料金

東京~大阪で段ボールサイズ140、重さ25㎏未満の場合

では段ボールに引越し荷物を詰めて送る場合にどのくらいの金額になるのでしょうか。ここでは段ボールサイズ140cm(縦・横・高さの合計)の荷物を東京から大阪の引越しで送付すると仮定して料金を見ていきます。

段ボール1箱当たりの送料が1,910円です。したがって段ボールが5箱の場合は9,550円です。

これに持ち込み割引と複数口割引を適用させると、合計8,650円になります。

段ボールが10箱の場合は19,100円ですが、持ち込み割引と複数口割引を適用させると17,300円になります。段ボール30箱を送る場合には53,700円のところ、持ち込み割引と複数口割引を反映させれば51,900円に抑えることが可能です。

東京~大阪で段ボールサイズ140、重さ25㎏以上30㎏以内の場合

通常、ゆうパックで運搬できる荷物の重量は1個あたり25kgまでです。25kg以上30kgであれば重量ゆうパックを利用することになります。

重量ゆうパックでは通常のゆうパック1個あたりの料金に500円加算されます。よって重量ゆうパックを利用した場合、140cmサイズの段ボールを東京から大阪へ送付するのに1個あたり2,410円の費用がかかります。

5個であれば12,050円、持ち込み割引・複数割引の適用で11,150円、10個であれば24,100円、2つの割引適用後は22,300円です。30個の場合には72,300円で割引後には66,900円となります。

ゆうパックの引越しの集荷依頼は無料?有料?

ゆうパックでは窓口に持ち込むと割引が適用されます。逆に言うと集荷依頼をすると割引がされないということです。

すなわち集荷依頼は無料のサービスです(割引される120円がサービス料と捉えることもできますが)。ちなみに、損害補償を担保するセキュリティサービスをオプションに選択しても、集荷してもらえます。

ゆうパック引越しで家電等は送れる?運べるモノ・運べないモノまとめ

日本郵便のホームページにはゆうパックで搬送できないものの一覧がありますが、「現金」や「個人情報を含むもの」はともかく、「爆発物」や「毒物」、「生き物」などごく常識的に考ればアウトなものばかりが列挙されていて、引越しの参考にはなりません。

しかし、段ボール箱の重量が25kgまで(重量ゆうパックを利用するなら30kgまで)、段ボールサイズは縦・横・高さの合計が170cmと考えるとある程度運べないものがわかってきます。

運べるもの

  • 電子レンジ・オーブントースター、炊飯器などのキッチン家電
  • 食器類・鍋やフライパンなどの食器類
  • 衣類、カーテン、化粧品(スプレータイプのものを除く)
  • 書物
  • 組み立て式のカラーボックスなど(分解していること)
  • 自転車(折りたたむか分解して段ボールに収まれば可能)
  • 分解・折り畳み可能な椅子・テーブル
  • 扇風機・未使用の石油ストーブ
  • テレビ・パソコン・プリンター
  • ガスストーブ
  • ふとん(専用の包装が必要、圧縮して段ボールに入れてもよい)

運べないもの

  • 洗濯機
  • 冷蔵庫(ホテルにあるような超小型タイプならギリギリ可能)
  • タンス
  • ベッド
  • ソファ
  • 大型かつ分解不可能な椅子・テーブル
  • エアコン・室外機・使用済み石油ストーブ
  • 分解できない自転車
  • ピアノ

ただし、未使用の石油ストーブはコンビニで受け付けない、ガスストーブは陸路のみ可能で空路には対応していないなど、受付窓口や運送方法で可否が分かれるものもあります。

ゆうパックではスタッフが荷物の梱包をすることはありませんから、楽器の場合も自分で梱包をしなくてはいけません。

ギターやバイオリンは170サイズに収まる可能性が高いですが、破損しないように梱包するのは素人では中々難しいでしょう。

セキュリティサービスを追加しても最高50万円しか保証されませんので、楽器に限らず高額でデリケートなものはゆうパックの利用を避けたほうが賢明です。
楽器と言っても小学生が使用する鍵盤ハーモニカやリコーダーなら問題ないでしょう。

大きめの家具家電がある場合は、引越し業者に依頼しよう!

以上を踏まえますと、ゆうパック「だけ」を使った引越しは身の回り品を非常にコンパクトにまとめられる人に最も向いていると言えます。

ただ大型の家具が1つか2つだけという場合には、他のものを段ボールに詰めてゆうパックで発送してあとは引越し業者を利用するという方法があります。

ヤマトホームコンビニエンスのように家具1つだけから受け付けてくれる業者もありますし、単身パック利用でも他の荷物が一切ない状態であれば積み込むことが可能な場合もあります。

ひとりでは手に負えない梱包や設置をお任せできるプランを採用している業者もありますから、ゆうパックと引越し業者の併用も検討してみるとよいでしょう。

関連記事

  1. 長距離引越し(コンテナ)の費用相場と格安おすすめ業者5選!

  2. ストーカー・DV等でバレずに引越したい人は夜逃げ屋がおすすめな理由

  3. 1万円以下!?都内での引っ越し費用が安い単身引越し業者おすすめ5選

  4. 東京電力の引越れんらく帳とは!?特徴やデメリット・メリット・評判。

  5. 引っ越しの立ち寄りプランの料金相場と安いおすすめ業者3選+口コミ

  6. 引越し契約のキャンセル料金や理由、ダンボール返却など(業者別)

引越し一括見積もり3選

  1. 長崎県の安い引越し業者4選!それに料金相場や大手業者の口コミも。

    2019.07.12

  2. life link引越センターで見積もりしてみた。口コミと値下げ交渉術。

    2019.07.01

  3. 引越しに絶対使える!引っ越しの便利グッズ5選

    2019.06.25

  4. 沖縄配送の料金と口コミ | 沖縄の引越しは安くなるのか!?

    2019.06.17

  5. 新潟~神奈川(横浜市)の引越し料金を相場よりも圧倒的に安くする方法

    2019.06.10

  1. 7月の引越し料金が相場より4万円安くなるために私がした5つのこと

    2018.04.16

  2. 【完全版】引越し見積もり料金が極限まで安くなる23の裏技!

    2018.02.07

  3. LIFULL引越し(旧ホームズ引越し)で見積もりした結果。125,000円→?

    2017.12.13

  4. 【口コミ】引越し達人セレクトを使ってみた結果。63,800円→?

    2017.12.13

  5. 衝撃!SUUMO(スーモ)引越し見積もりを使ってみた結果、85,000円→?

    2017.12.08

2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031