引越しの冷蔵庫の中身(冷凍食品、調味料、ナマモノ)の対処法2つ

本記事は広告を含む場合があります。

引越し日が迫っている時に、冷蔵庫の電源は前日に抜いておくことは引越し業者からも聞いてると思います。(⇒引越しの冷蔵庫の電源は何時間前に切る?何時間後に入れる?忘れたら?)

しかし、冷凍食品や調味料といった1日では使い切れない食品をどのようにしたら良いのか分からない人も少なくありません。冷蔵庫の中身をそのまま捨ててしまっては勿体無いと考えるものの、どうしたら良いか分からないと悩みがちです。

この記事では引っ越しの際の冷蔵庫の中身の対処方についてちょっとしたテクニックを紹介したいと思います。

基本は引越し当日までに使い切るのが理想


引っ越しが決まるまでの間には、物件を見に行って申し込みをし審査に通過してから初期費用の振込を行って賃貸契約が完了するまでの期間があります。

冷蔵庫の中身は、引越し当日から逆算して1周間前から計画的にカラにしておくことが理想です。

一見すると運搬中には冷蔵庫の中を開けないので、中身を入れたままにしても調味料程度ならば良いと考えがちですが、ボトルに入っている調味料であっても運搬時に破裂したり冷蔵庫内部を破損させてしまうリスクがつきものです。

2週間前程度から新たな調味料の購入は控えた上で1周間前には加工食品を中心に計画的な消費を心掛けると良いでしょう。

生鮮品のみ数日前まで購入して補充することがあっても、2日前程度迄には使い切ることが望ましいです。調味料についても、ビン類はゴミ出し日が限られているので、早期に使い切るようにしなければ、廃棄に困るでしょう。

使い切れなかった場合の対処法1、(クーラーboxや発泡スチロール)


引越し前日迄に使い切れなかった食材や調味料がある場合には、当日にクーラーボックスへ保冷剤や凍らした2Lペットボトル等と共に入れて移動することで、処分せずに済ませることが出来ます。(ただし長距離の引越しで2~3日かかる場合は微妙です・・・特に夏場は・・)

引っ越し業者では、食中毒に対する責任を追えないのであくまでもクーラーボックスに入れて運搬することは自己責任です。

引越し業者のトラック荷台は、短時間の引っ越しであっても高温となりやすいので生モノ系の輸送は原則として委託出来ません。常温で販売されている調味料ならば、クーラーボックスへ保冷剤と共に入れて運べば処分を免れることが出来るでしょう。

バターといった乳製品については、食中毒に対するリスクが高まるので同一市区町村や移動時間が短い場合に限り運ぶ程度にすべきです。

くれぐれも冷蔵庫に入れたままとはしないように注意が必要です。サカイ引越センターといった大手では、冷蔵庫梱包前に中身の確認をするので入れたままにしておくと指摘されます。

使い切れなかった場合の対処法2、 (クール宅急便)

引越し日になっても使い切れなかった食材のうち、冷蔵であっても賞味期限迄の期間が長く未開封ならば、冷蔵または冷凍による宅配便を利用して転居先へ配送することが出来ます。

前日のうちに宅配便にて出してしまえば、日時指定を行なうことで受け取りも楽になるでしょう。

ただしクール宅急便の日付指定は、配達担当の宅急便センターに到着した日から3日以内(到着日を含む)なので注意が必要です。

その他の注意点として、クール便であっても開封済みの食品は輸送中に封が開いてしまい中身が飛び散る原因となりかねません。

宅配便を利用した食品の移動は、中身が未開封であることが前提です。また、宅配便にかかる送料が食品の本体価格を上回る事態とならないように注意しなければならないでしょう。

一度処分して新たに買い直した方が安い事態になってしまうと、無駄な費用となりかねません。早期に冷蔵庫の中身を空に出来れば、引っ越し前日のうちに中身を整理出来るだけでなく、掃除も隅々まで出来るメリットがあります。

なお、クール便を含むクロネコヤマト引越しの口コミが気になる人は「クロネコヤマトの引越しの評判は悪い!?ガチ口コミと料金相場」で確認してみてください。

クール宅急便の公式ページはこちら

その他の引っ越しの冷蔵庫の中身に関する裏技

クーラーボックス等がない場合は、引越し日当日のギリギリまで冷蔵庫を開けずにおいておく(勿論、コンセントは抜いた状態で)。またその際に保冷剤も一緒に入れておくと、保冷効果もアップすると思います。

上のツイッターの投稿のように、実家の近場の引っ越しの場合や知り合いが近くにいる場合に使える裏技です。

その他引っ越しの冷蔵庫の中身に関する疑問集

冷蔵庫の中身を入れたまま引っ越しはOK?

運搬時の重さ、液漏れなどの機械的なダメージ、引越し業者がそもそも対応してくれないなどの理由により、基本的に冷蔵庫の中身を入れたまま運搬するのは推奨していません。

関連記事

  1. JR貨物のコンテナ引越しの特徴と料金相場、おすすめ業者。

  2. 引っ越しで包丁の梱包方法と捨て方などの疑問や注意点をまとめてみた。

  3. LIFULL引越し(旧ホームズ引越し)で見積もりした結果。125,000円→?

  4. 赤口(しゃっこう)で引っ越しの契約して大丈夫?対策や縁起について解説

  5. 【税込1000円以下】イオンの引越し挨拶品でおすすめの粗品・ギフト8選

  6. 引越し見積もりシミュレーションを利用する人がカモと言われる訳。

  1. 【東京⇔大阪限定】引越しの単身パック8社比較※料金・サイズなど

    2024.04.20

  2. 池田ピアノ運送のピアノ引越し料金や口コミ裏情報まとめ。

    2024.04.17

  3. 【レビュー】タコヤキ引越センターの口コミ裏情報まとめ。

    2024.04.13

  4. 養生テープの比較調査※100均(ダイソー等)・通販・コンビニ・ホーム…

    2024.04.08

  5. サカイ引越センターの冷蔵庫だけの配送・処分・買取料金

    2024.04.03

  1. 【2024年完全版】引っ越し見積もり費用相場・料金目安※時期・人数・…

    2023.01.05

  2. 【比較表付】引っ越し単身パック全16種類を比較(料金・サイズ・サー…

    2022.10.15

  3. 【スマホ割・都道府県別】引越し先で最もおすすめのネット回線※最安…

    2022.04.07

  4. 洗濯機・冷蔵庫だけの引越しが一番安いのは?(ヤマト・赤帽・業者・…

    2021.06.17

  5. 東京の引越しで安い業者10選・費用相場・おすすめ大手業者ランキング

    2018.09.03