離島引越し(コンテナ輸送)の費用相場とおすすめ引越し業者5選!

離島に引越しする場合料金が高くなるとお考えの方は、どの様にして引越し料金を抑えて行くかがポイントになります。

そこで無料の引越し一括見積もりサイトの活用が効果的に複数業者の引越し料金の比較が出来ます。

この記事では離島から本島へ、本島から離島へ、または離島から離島への引越しで気になる費用相場やおすすめの格安業者を紹介しています。

離島引越しが半額⁉8割以上が利用している人気の引越し一括査定3選

※8割以上が利用!人気の引越し一括査定3選

1、引越し侍【業界No.1の提携数】
業界最多の300社以上の中からアナタに合った激安な業者を選ぶことができます。東証一部上場のエイチームが運営しているので安心して利用できます。
  • 業界最多!300社以上から最安値の業者を選択
  • 東証一部上場の会社が運営していて安心
  • 管理人の実例:78,200円→35,000円(半額以下の値下げに成功)

利用率No.1!引越し侍はこちら

2、引越し達人【最速30秒で査定】
引越し達人セレクトは荷物情報入力が任意なので最速30秒で無料見積もりをすることができます。時間がない人や荷物情報がまだ不明という人におすすめです。
  • 業界最速!入力が簡単で30秒で無料査定
  • 荷物情報の入力が任意
  • 管理人の実例:63,800円→31,000円(半額以下の値下げに成功)

最速30秒!引越し達人はこちら

3、スーモ引越し【電話入力不要】
大手リクルートが提供している「SUUMO引越し見積もり」は業界唯一の電話入力が任意になっています。電話対応が面倒な人や見積もりメールでとりあえず比較したい人向けです。
  • 業界唯一!電話番号入力が任意
  • 大手のリクルートが運営
  • 管理人の実例:85,000円→42,000円(半額以下の値下げに成功)

電話入力不要!スーモ引越しはこちら

離島引越し(コンテナ輸送)の費用・料金相場はいくら?

日本の本土から遠く離れた離島に引越しをする場合の料金相場ですが、引越し業者の規模や、引越し先の離島に支店や支社が有るのと無いのとではその料金に大きな差が生まれてきます。

一般的に離島への引越し料金の相場ですが、例えば東京から沖縄に引越しをされる場合の料金相場として、最安値料金は40万円程で引越しが出来る業者もあれば、最高値では70万円程の場合も有ります。

中には100万円も掛かったケースも有るので、離島へ引越しをされる場合にはきちんと料金の比較検討をする事が大切です。

離島引越し(コンテナ輸送)が高い理由

離島に引越しする場合、何故その料金が高くなってしまうのかを考えて見ましょう。例えば東京から沖縄に引越しをする場合、その移動距離はおおよそ2,000kmになって来ます。

この移動距離が長い事が引越し料金が高い事に直接的に関係してきますが、中でも一番の理由は離島に引越しする場合には必ずフェリーや航空機によって家財等を運ぶ必要が有る為です。

通常の引越しではトラック等で家財を運ぶだけで済む所が、離島への引越しの場合には必ずフェリーや飛行機を使用したコンテナー輸送が必要になるのでその分の料金が掛かる事になります。

フェリーを使った場合には、飛行機で家財を運ぶよりも料金的に安くする事は出来ますが、通常の引越しでは必要の無い料金です。仮に引越し荷物に車を積む場合だけでも5万円から10万円程の料金が掛かりますので、離島への引越しがいかに費用が掛かる理解する事が出来ます。

離島引越しでおすすめの引越し業者5選!

長崎・福岡の離島引越レスキュー隊(中村引越センター)

長崎・福岡の離島引越レスキュー隊」では島から島への「離島引っ越し」に対応しており、事前に業者とのお時間を合わせておくことでコミュニケーションの円滑さや、各地域の最低引っ越し料金から「30~40%」の割引サービスを展開しています。

離島引っ越しと言えども冷暖房器具の取り付けオプションが存在しないというわけではなく、一般の引っ越しと何ら変わることのない電子機器の設置に自身のないお客様でも豊富なオプションサービスから引っ越しプランを選択する事が可能です。

長崎・福岡の離島引越レスキュー隊は離島引っ越しでのお見積りが「最短5分」と高速な事も特徴的です。

引越センターTSUDA

「引越センターTSUDA」は引っ越し時の荷物をすべて「コンテナ」で運ぶ特徴を持っており、北海道から沖縄までのすべての離島に対し引っ越し作業の対象としています。

引越センターTSUDAでは通常の引っ越しプランの他にも「無料プラン」が非常に充実しています。「蛇口の漏れ戦点検」や「照明器具の取り付け」「ガス栓のチェック」など、離島間の引っ越しに関わらず制約のない引っ越しサービスを受けることが可能なのです。

日本全国荷物をコンテナで運んでいるので人件費が安価で利用料も安く依頼することが可能ですし、荷作りを行う場合は段ボールやハンガーボックスの貸し出しも行ってもらえます。

さくら引越しセンター(鹿児島通運)

「さくら引越しセンター」での離島間の引っ越しは「マリックスライン」と呼ばれる船舶事業の貨物船で荷物を運ぶことになります。

引越対象地域は「日本全国」となっており、荷物がコンテナに届かない範囲から運ばなければならない場合はさくら引っ越しセンターからのトラックが向かうので離島でも安心して業者の到着を待つことが可能です。

お見積りはすべて無料となっており、公式サイトでも注目ポイントとしている通り「豊富な人材」がそろっているので離島引っ越しと言えども作業に手間取る心配はなく安心して引越依頼を頼むことができます。

沖縄急送引越センター

離島県である沖縄県から他県への引っ越し実績はすべて船舶を利用した物となっており、「沖縄急送引越センター」では日本全国の船舶会社との強固な信頼関係により荷物届の不手際を心配せず、なおかつ格安での離島引っ越しを提供しているのです。

「船舶会社直径列」に属する引っ越し業者であるため、いわゆる「仲介料」が発生しない仕組みを取っており、このシステムにより離島間の船舶ををしようした引っ越しに関しても中間費用が発生しないお手頃価格で依頼を行う事が可能なのです。

お見積りは無料で行え、公式WEBサイトやお電話からでもどちらからでも見積もり依頼を出す事が可能です。

日本通運

日本通運では「国内海上輸送」という7隻の定期高速船により、北海道~東京航路、東京~九州・瀬戸内航路の引っ越しを可能にし迅速にすべての作業を完了させる事ができます。

全国に位置する「8か所の主要港」の行き来した輸送を行っており、トラックの長距離移動とは違い重厚なコンテナにお客様のお荷物を積み運んでいるので荷物に傷がつくことはありません。

国内海上輸送では「沖縄県向け」の「東京港・大阪港・博多港」から向けた海上輸送を行っていることも特徴的であり、引越予約もWEBから24時間いつでも行う事が出来るので難しい手続気をする必要なく引越依頼が可能です。

もっと安くしたいなら離島引越しができる引越し業者で相見積もり!

離島に引越しをされる場合、いかにしてその引越し費用を安く抑えるかがポイントになります。そこで料金を少しでも安くする為のポイントを確認しておきましょう。

先ず大切な事は引越し先の離島に引越し業者の支店や支社が有るだけで引越し費用が変わって来ます。これはフェリー便等で輸送された荷物を現地で引き受け後、新たな引越し先への輸送迄を一手に引き受けてくれる為、現地側でのトラックの手配等が最初から引越し料金に含まれているからです。

又、引越し先の離島での交通事情や流通事情にも明るい為、突発的な追加料金の発生等が起こり難いと言うメリットが有ります。

更に離島への引越し料金を少しでも安くする為に大切な事は無料で出来る「引越し一括見積もりサイト」を活用し、離島への引越し料金の比較を行う事です。

ポイントは離島への引越しの料金相場の把握と最安値の業者の選定基準をご自身で把握できる点に有ります。是非、離島への引越しを考えている方は引越し一括見積もりサイトを利用して見ましょう。

関連記事

  1. 東京-福岡の引越しを安く!費用相場・格安業者・日数・裏技特集

  2. 5,000円で引越し!?エコサコサービスの口コミ評判と特徴。※鶴見区

  3. 大阪-岡山の引越しが半額⁉料金相場・単身格安業者・日数まとめ

  4. 体験談から分かる11月の引越し料金を相場より圧倒的に安くする方法

  5. 大阪-茨城の引越し!料金相場・おすすめ業者・口コミ・安くなる秘訣

  6. 【衝撃】名古屋市の赤帽の引越し料金と口コミを徹底調査!

  1. 東京23区専門!ワンルーム引越センターの口コミや費用を徹底調査。

    2021.04.20

  2. 【5年調査】札幌の引越屋本舗が半額!?口コミ評判や特徴まとめ

    2021.04.19

  3. 【24社比較】姫路市の単身引越し業者5選※料金相場・口コミ・特徴

    2021.04.18

  4. マリンカーゴ沖縄の引越し配送料金や口コミを調べてみた。

    2021.04.16

  5. 引っ越しの観葉植物の疑問5つ(業者・運び方・縁起・処分・海外)

    2021.04.12

  1. 2022年2月の引越しが半額!?料金相場・格安裏技体験談・賃貸物件

    2018.06.08

  2. 引越し一括見積もりサイトの比較から見るおすすめ3つ※2021年最新版

    2018.05.03

  3. 5月のイメージ画像

    5月の引越しが半額!?料金相場や安くなる方法、縁起、物件探し

    2018.03.13

  4. 【完全版】引越し見積もり料金が極限まで安くなる23の裏技!

    2018.02.07

  5. 【口コミ】引越し達人セレクトを使ってみた結果。63,800円→?

    2017.12.13