引越しのハンガーボックスの無料レンタル業者や最安値購入先は?

引越し作業をする際には、大型の家具家電を除いて段ボール箱に荷物を予め梱包しておくのが鉄則です。しかしながら、スーツやドレスといったデリケートな衣装は畳んで収容するとシワが寄ってしまいます。

せっかくの衣装を台無しにしないように用意されている引越し用のアイテムがハンガーボックスです。

ハンガーボックスとは何?メリット・デメリット解説

ハンガーボックスはハンガーと衣装が掛けられるようにしてある、段ボールかプラスチックでできた箱です。自分で使用するときに組み立てて使うので、作業前に家に置いておいてもスペースを取りません。

組み立て自体も簡単で力作業でもありませんから、女性一人でも十分に組み立てられます。ハンガーボックスの大きさは高さ100×横50×縦50(単位はcm)程度で、メーカーによる差はほとんどありません。このサイズの収容力は夏服にしておよそ15着、コートなどの厚手の冬物で7~10着ほどになります。

引越し作業前に大切な衣装をハンガーボックスの中に掛けておけば、作業当日に作業員がハンガーボックスごとトラックへ積み込み作業をしてくれます。

なので皺が寄ることなく、大切な衣服をそのまま新居に持ち込むことができるのです。新居に到着したときも開封してそのままクローゼットに直行させられるので、手間いらず。以上がハンガーボックスのメリットです。

ではデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

まず収納できる衣類が意外と少ないので、その選別に時間が掛かるというのがひとつ。また、ハンガーボックスで運びたい衣類が多いとボックスの数が増え、トラックの積載量(体積)を圧迫する可能性も考えられます。

最悪なのは当日、推奨許容量を超えて詰め込んだ挙句、衣装に皺が寄ってしまったり、入りきらなかった洋服をビニールで運搬する羽目になるという点です。
事前に自分で荷物の梱包をするのであればこのような事態は防げることも多いのですが、完全なお任せパックですと、当日になって見積もりが甘かったと気付くケースもあります。

ハンガーケースへの収容やケースからクローゼットへの移し替えを当日に作業員任せにすると、汚損の危険があります。どういうことかと言いますと、他の荷物を運搬した手で衣装に触れる、あるいは作業中に汗をかいているのでその汗が付着してしまうということです。

傷つけたくない大切な衣類だからこそ、わざわざハンガーボックスに入れて運搬するのに、これでは本末転倒もいいところです。そういったリスクが気になるようでしたら、お任せパックを申し込んでいたとしても、自分の手で作業をした方が安全と言えます。予めその旨を申し出ておけば、引越し業者側も気を遣う点が減るため快諾してくれるでしょう。

無料でハンガーボックスがレンタルできる大手引越し業者3選

引越し業者大手のクロネコヤマト、アート引越センター、引越しのサカイではハンガーボックスを無料でレンタルをしてくれる場合があります。

クロネコヤマト

ヤマトの場合、どの引越しプランでもハンガーボックスを無料でレンタルできるわけではありません。対象になっているのは「引越らくらくタイムリーサービス」ぐらいです。

厳密に言うと梱包資材として段ボール製のハンガーボックスが使い切りで用意してあり、エコ資材を選択するとプラスチック製のリユース可能なハンガーボックスが使えます。

「段ボール」として他の梱包資材と一緒に前もって届くため、事前に自分で荷造りをする必要がありますが、これは他人が触れて汚れる心配がないとも言えますね。

単身パックではハンガーボックスの用意はありませんし、ヤマトでは現在梱包資材の販売を中止しているため、「引越らくらくタイムリーサービス」以外ではハンガーボックスを含めた梱包資材を自分で調達しなくてはいけないことに留意しておきましょう。

アート引越センター

アートの場合は梱包資材一式に含まれる、段ボール製の「ハンガーボックス」と繰り返し使うレンタル品でポリプロピレン・ポリエチレン製の「ハンガーケース」と呼び分けているようです。

この「ハンガーケース」の方を選択すれば、無料でレンタルをすることが可能です。ただし、数に限りがあるためか地域によってはハンガーケースのレンタルは引越し作業が1日行程で終了する場合にのみと限定されます。長距離移動で数日掛けた引越しの場合では、利用できないケースも発生します。
 

サカイ引越センター

サカイでは段ボール製のハンガーボックスの用意はいなく、繰り返し使えるプラスチック製のハンガーケースのみを用意しています。5箱まで無料でレンタルができるのが魅力ですね。

引越しの当日にトラックで運ばれてきますので、衣類の収納作業はそこからになります。従って予め「ハンガーケース運び出すだけ」の状態に準備をしておくことはできませんが、仕訳をしておかないと時間が押してしまうので注意しましょう。

【自分で引越しする人向け】ハンガーボックスを購入するにはどこが安い?

自分で引越しをする際にハンガーボックスだけ購入したい場合、引越し業者は対応してくれないことがほとんどです。ですが、梱包材を専門に扱う業者も存在します。

「Do・net」ではポリプロピレン製の折り畳み式ハンガーボックスを5枚セットで販売しています。カラーはブルーとグリーンの2種類で価格は1セット税込26,500ないしは28,000円。ハンガーバーが付属しているセットの方が価格は高くなっています。引越し作業が多い方にとっては、繰り返し使えて自宅での保管も場所を取らないので、非常に便利なセットです。

しかし、1回こっきりの引越しでしか使わないとなると、中々に高額にも感じられる金額です。そんなときはホームセンターの通販を利用してみてはいかがでしょうか。

段ボール製のものなら1,500円程度から、プラスチック製のものなら5,000円ぐらいから販売があります。楽天市場やアマゾンでも出品がありますのでチェックをしてみてください。

>>楽天市場のハンガーボックス一覧はこちら
>>アマゾンのハンガーボックス一覧はこちら

メルカリやヤフオクでも安く手に入りますが、出品しているかどうかは運次第ですので頼り切ってはいけません。それに、ほとんどが中古品なので汚損・破損がないか要注意です。

このような再利用をする場合、特に段ボール製のものは耐久性が落ちている可能性もあります。一番安いと感じたのは「段ボールA(エース)」というサイトのハンガーボックスで、税別740円でした。

>>ダンボールA(エース)のハンガーボックス一覧はこちら

一般的なハンガーボックスとおなじサイズで15kgまで収容可能だったので、耐久力もなかなかのものです。最低購入数が2つだったので、衣類が少ない人には向かないかもしれませんが検討の余地アリでしょう。

引越し業者によってはハンガーボックスのレンタル料を取る場合もあるので注意しよう。

先述したように大手の引越し業者ではハンガーボックスを無料で貸し出してくれる場合「も」あることをお伝えしています。

大手3社であれば上記のケース以外は有料になるのです。もちろん他の業者でも、どんなケースでも完全に無料というところは少ないでしょう。

ですので、見積もりの際にはしっかりハンガーボックスが何箱借りれるか、どこまで無料かなどの要望や疑問点を業者につたえるのが肝心です。引越しの見積もりの時には大型の家具家電に気を取られて、ハンガーボックスまで注意が向かない人が多いのです。

引越し業者はそういうケースを山ほど見ているので、当日対応できるように準備をしてきてくれます(もちろん、してくれない業者だってあります)。

してきてくれるのはとてもありがたいのですが、オプション料金発生…という予想外の出費を招くことにもなるのです。最も良心的な引越し業者は、見積もり担当者のほうからハンガーボックスについて言及してくれるのですが…。

業者と相談するときにはメモなどに注意点を書き出して整理しておき、質問をできるように準備しておいた方が「ああすればよかった」と後悔することもないでしょう。

↓8割以上が利用している人気の引越し一括見積もり2選↓

1、達人セレクト【最速30秒で見積もり完了】

引越し達人セレクトは数ある一括見積もりサービスの中でも最も速く30秒で無料見積もりをすることができます。

荷物情報の入力も任意なのでまだ荷物情報の詳細が分からないという人も取り合えず無料見積もりだけでもしておくとその後料金交渉がスムーズに進みます(‘ω’)ノ

管理人の過去の実例をだすと引越し達人セレクトで見積もり比較したところ、63,800円から31,000円まで値下げすることに成功しました。

  • 業界最速!入力が簡単で30秒で無料見積もり
  • 荷物情報の入力が任意
  • 管理人の実例:63,800円→31,000円(半額以下の値下げに成功)

最速30秒!引越し達人セレクトはこちら

2、スーモ引越し【業界唯一の電話入力不要】

CMでもお馴染みの大手リクルートが提供している「SUUMO引越し見積もり」の優れた特徴は電話番号を入力しなくても無料見積もりができるところです。

申し込み後の電話対応が面倒な人や見積もりメールでとりあえず比較したい人にはおすすめです。

ちなみにスーモ引越しで見積もり比較したところ85,000円から42,000円まで値下げすることに成功しました。

  • 業界唯一!電話番号入力が任意で無料見積もり
  • 大手のリクルートが運営
  • 管理人の実例:85,000円→42,000円(半額以下の値下げに成功)

電話入力不要!スーモ引越しはこちら

関連記事

  1. クロネコヤマトの単身パックの大きさ・見積もり料金などの悩みを解決

  2. 【2019年最新版】引越しの挨拶はする?しない?今時のマナーについて

  3. イエプラ(無料賃貸探し)の評判は悪い?ガチ口コミや特徴を調べてみた

  4. 【衝撃】引越しの見積りや荷物等でトラブルにあった人の口コミ体験談

  5. 【口コミ】引越し達人セレクトを使ってみた結果。63,800円→?

  6. 【裏技】パンダの引っ越し(引越しのサカイ)の見積もりが安くなる方法

引越し一括見積もり3選

  1. 赤帽(神奈川県)引越しの料金と口コミをガチ調査。

    2019.11.08

  2. 引越しの挨拶の品物はどこで買う?楽天とアマゾンのおすすめ粗品6選

    2019.11.05

  3. sss(スリーエス)引越センターは安いのか?口コミや見積もり料金を調…

    2019.10.24

  4. 大阪~鹿児島の引越し料金を相場よりも劇的に安くする方法。

    2019.10.11

  5. 結婚後の引越し手続きや費用総額、裏技まとめ

    2019.10.10

  1. 10月の引越し料金が相場より2万円安くなった方法と縁起・賃貸情報。

    2018.05.10

  2. 【完全版】引越し見積もり料金が極限まで安くなる23の裏技!

    2018.02.07

  3. LIFULL引越し(旧ホームズ引越し)で見積もりした結果。125,000円→?

    2017.12.13

  4. 【口コミ】引越し達人セレクトを使ってみた結果。63,800円→?

    2017.12.13

  5. 衝撃!SUUMO(スーモ)引越し見積もりを使ってみた結果、85,000円→?

    2017.12.08

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930