引越し時のテレビの梱包方法や梱包費用について

引越しをする際に段ボールへ衣類や小物などを梱包し、家具はそのまま引っ越し業者の方に運んでもらうというのは想像がつくと思います。

洗濯機や冷蔵庫も引っ越し業者へお任せだと思いますがテレビはどうしたらいいのか悩んだことはありませんか?

自分で梱包するのか、業者へお任せするのか、自分で運ぶ際はどのように梱包するのかなど、テレビの引越しのお悩みについて今回はまとめていきます。

そもそもテレビは引越し業者に依頼した場合、自分で梱包しないといけないの?

引っ越し業者に依頼して引越しをする際プランによっては業者の方が引越し当日に梱包をして運搬してくれます。

この時は業者の方が専用の梱包材を持ってきて梱包をしてくれるので特に心配することなく運んでもらえます。

プランが違うと自分でテレビを自分で梱包しなければならない事もあります。この際テレビがもともと入っていた箱があればいいのですがなければ段ボールと緩衝剤となるものを用意しなければなりません。

またコード類も自分でわかるようにまとめておくなど引越しが済んだ後に設置することも考えた梱包をしなければいけません。

基本的にはテレビの梱包は引っ越し業者がしてくれますが事前に梱包などについてよく確認、打ち合わせを行うのが良いでしょう。

梱包する前に液晶テレビのお手入れをする

液晶テレビを自分で梱包する際には事前にテレビの掃除などお手入れをするのが良いでしょう。テレビの裏側など引越しをするとき等でないとなかなか掃除をする機会がないですしゴミなどが付いた状態で梱包をすると傷が入る原因にもなります。

テレビをお手入れする際にはまずコンセントを抜くようにしましょう。コンセントを抜かずに作業をすると故障につながる場合もあります。

コンセントを抜きましたらテレビ上部やパネル部分の埃を柔らかい布などでまず除きましょう。

埃が取れましたら液晶画面部分を柔らかい布や専用のクロスなどにてやさしく拭くようにしましょう。力を入れてこすったり、目が粗い物などで拭くと傷が入る原因になるので注意してください。

テレビを掃除する際に用意するモノ
クリーニングクロス、中性洗剤、バケツ、専用クロスや柔らかい布



自分で引越しする場合のテレビの梱包方法

ここではテレビを自分で梱包する方法をご説明します。先ほども説明しましたがテレビを購入されて際の箱があればよいのですがない場合は段ボールが必要になります。

最近ですと専用の段ボールが販売されていることもあるので探してみましょう。段ボールにテレビを入れる際はテレビを緩衝剤で保護する必要があります。緩衝剤と毛布などを合わせて使うと液晶が割れにくくなります。

また緩衝剤等で保護する前に液晶部分に段ボールをつけるとより安全性が増しますのでお勧めです。

このように緩衝剤等を付けるので段ボールを購入する際はテレビの厚さと緩衝剤の厚さを考慮したものを用意する必要があるので購入する際は注意が必要です。

テレビを梱包する際は重量があるのでできれば二人で作業するのが良いでしょう。

テレビのみ送る場合はヤマト、ゆうパック、引越し業者のどれが安い?

テレビのみを送る場合に宅配業者であるヤマト、郵便局で発送可能なゆうパック、引っ越し業者のどこで頼むのが一番安いのでしょうか。

まずヤマトですとらくらく家財宅急便というサービスにて発送できます。このサービスは大型家具や家電を発送してくれるというもの。このサービスは運ぶものの3辺の大きさと距離で値段が決まってきます。

値段は決まっているので値引き交渉などはできません。ゆうパックもサイズにより値段が決まっているのですが家財宅急便よりサイズによっては送料が安くなることもあります。

ゆうパックでは自分でしっかり梱包をしないといけないのでその点で注意が必要です。最後に引っ越し業者ですが引っ越し業者ですと値段の値引き交渉が行えます。

状況や条件によって変わるので一概に言えませんが安く発送することもできます。サカイやアリさんなど引っ越し業者に関しては一度見積もりを取ってみるのが良いでしょう。

テレビの梱包は有料の場合もあるのでできれば自分で梱包しましょう。

関連記事

  1. 固定電話の引越し手続きと固定電話解約という選択肢について

  2. 【忘れがち!】引越しで必要な車の住所変更手続き4つ

  3. 耐震マットの効果の評判や付け方・はがし方の注意点を調査。

  4. 引越し時の原付・バイクの料金相場やおすすめ業者、手続きについて

  5. 引越しの冷蔵庫の中身(冷凍食品、調味料、ナマモノ)の対処法2つ

  6. 【裏技】引越しの不用品処分や買取はジモティ一・メルカリで!!