引っ越しの靴のおすすめ荷造り方法や準備、注意点まとめ。

引越しの際に、よく気をつけて荷造りしなければいけないのが靴です。特に靴をたくさん持っていて大事にしている人は、梱包に十分配慮しなければいけません。

もし梱包をいい加減にいしてしまったら、靴を傷めてしまう恐れがあります。

そこで引越しをする時に靴をどのように梱包すれば良いのか、引越しの際の靴の荷造りについてアドバイスします。

前提:引越しで靴を荷造りする前に準備しておきたい3つのこと

  • 靴の汚れ落とし
  • 靴の色移り対策
  • 靴の型崩れ対策

まず靴の梱包前にしっかり手入れしておきたいのが、靴の汚れ落としです。もし靴に汚れがついたまま梱包してしまったら他の靴まで汚れてしまいかねません。

ですから靴の汚れは事前に落としておき、きれいな状態で梱包するのが大前提です。

また汚れだけでなく色移り対策を行うことも汚れ落としと同様に忘れてはいけません。

特にホワイト系の靴を持っている人は、よりいっそうの注意が必要です。濃い目の靴とはなるべく密接させず、各々の靴を新聞紙などで包めば色移りしないです。

さらに靴の型を維持するため、型崩れ対策にも力を入れるべきです。型崩れをさせないためには靴の中に緩衝材の役割を果たす新聞紙などを入れ、なるべく積み重ねないよう荷造りすると型崩れを予防できます。

おすすめ①、引越し業者のシューズボックスを使う

もしも靴の荷造りをきっちりと行える自信がない場合は、サカイ引越センターやアート引越センターなどがサービスを提供しているシューズボックスを使うのも悪くありません。

引っ越し業者のシューズボックスを使うメリットは、靴を収納して運ぶ目的のボックスなので靴の梱包作業をしなくて良い点です。

もしも大量の靴を所有していて自分だけできちんとした荷造りができそうにない場合は、シューズボックスを利用することで靴の収納と運搬が格段に楽になります。

ただしシューズボックスは引越し業者によってはオプション扱いとなるため、別途追加料金が発生する場合があります。そこがシューズボックスのデメリットです。

参考までに下記に大手2社の靴の梱包方法やシューズボックスの紹介動画がYOUTUBEに投稿されていましたので掲載しておきます。

アート引越センターの靴の梱包方法やシューズボックスの紹介動画

サカイ引越センターの靴の梱包方法やシューズボックスの紹介動画

おすすめ②、100均のシューズシューズボックスを使う

靴を収納するために都合の良い箱を持っていない人は、ダイソーやキャン★ドゥやセリアといったいわゆる100均で売られているシューズボックスを買って使うのも手段の1つです。

100均のシューズシューズボックスを使うメリットは、安価ながら使い勝手が良いところです。もしも持っていく靴の数がそれほど多くないなら、100均のシューズシューズボックスで十分です。

ただしいくら100均とはいえ、何足分も買ったらコストがかさみます。また引越し先で保管しておくのも場所を取りますので、そのデメリットがあることを忘れてはいけません。

ダイソーのシューズボックス

セリアのシューズボックス

キャン★ドゥのシューズボックス

おすすめ③、ダンボール箱を使う

シューズボックスを使う以外の方法では、ダンボール箱を使うのもありです。

ダンボール箱のメリットは、かなりの数の靴を収納できてなおかつ持ち運びもしやすい点です。

強度も十分ですしダンボール箱自体はまったく重くありません。ですのでシューズボックスの代わりにダンボール箱を使うのはどちらかといえば妥当な考え方です。

ですがダンボール箱にもデメリットがあります。それは靴をたくさん詰め込んだ時、下にある靴がペシャリと潰れてしまいやすいことです。

もしお気に入りの靴が潰れてでもしたら目も当てられません。靴が潰れないよう細心の注意を払うことが大切です。

おすすめ④、購入時の靴箱を使う

購入した時の靴箱を良い状態で保管している人は、購入時の靴箱を使うことが可能です。

荷造りで購入時の靴箱を使うメリットは、何といっても靴のサイズにピタリと合っているので型崩れしにくい点です。

よほど乱雑に入れたり強い衝撃を与えなければ、靴を型崩れさせることなくそのままの状態で引越し先へと運べます。ですので靴箱を捨ててさえいなければ、靴箱をシューズボックスにできます。

しかし靴が何十足もある場合は、荷造りも運搬も容易ではありません。そのデメリットがありますので、靴箱を使うのに適しているのは靴の数が少ない時だけです。

注意!ブーツはブーツキーパーで型崩れ防止を!

数ある靴の中でも引越しの際に特別な梱包をしなければいけないのが、ロングブーツなどのブーツです。

もし「ブーツを丁寧に梱包するのは面倒だから」といって適当に荷造りすれば、ブーツが型崩れしてしまう恐れがあります。

もし持っているブーツのすべてが型崩れしたら、激しく後悔するのはいうまでもありません。

そこで目をつけたいのが、ブーツの型崩れを防止するためのブーツキーパーです。

ブーツキーパーを使ってブーツが型崩れしないようしっかりと対処し、なおかつブーツを立てて梱包すれば型崩れの防止は可能です。ブーツをたくさん持っている人は、よく気をつけて梱包したほうが良いです。

関連記事

  1. hikkoshi-reizouko-dengen

    引越しの冷蔵庫の電源は何時間前に切る?何時間後に入れる?忘れたら?

  2. 固定電話の引越し手続きと固定電話解約という選択肢について

  3. 耐震マットの効果の評判や付け方・はがし方の注意点を調査。

  4. 【2020年最新版】引越しの挨拶はする?しない?今時のマナーについて

  5. 引越し時のテレビの梱包方法や梱包費用について

  6. 【10分】引っ越し前後でやることチェックリスト(一人暮らし・家族編)

引越し一括見積もり3選

  1. 相模原市にある激安引越し業者9選!

    2020.09.18

  2. 神奈川(横浜)~兵庫(神戸)の引越しが半額!?料金相場とおすすめ業者

    2020.09.17

  3. 佐賀の安い引越し業者ランキング・佐賀県発着の引越し口コミ

    2020.09.16

  4. 引越し+不用品買取がお得にできる引越し業者5選

    2020.09.14

  5. 最安9,000円!?京都にある引越のフレンズの口コミ評判と特徴まとめ。

    2020.09.14

  1. 9月の引越しで大事なこと5つ(料金相場・縁起・賃貸・高い日・安い日)

    2018.05.09

  2. 【完全版】引越し見積もり料金が極限まで安くなる23の裏技!

    2018.02.07

  3. LIFULL引越し(旧ホームズ引越し)で見積もりした結果。125,000円→?

    2017.12.13

  4. 【口コミ】引越し達人セレクトを使ってみた結果。63,800円→?

    2017.12.13

  5. 衝撃!SUUMO(スーモ)引越し見積もりを使ってみた結果、85,000円→?

    2017.12.08