引っ越しの靴のおすすめ荷造り方法や準備、注意点まとめ。

引越しの際に、よく気をつけて荷造りしなければいけないのが靴です。特に靴をたくさん持っていて大事にしている人は、梱包に十分配慮しなければいけません。

もし梱包をいい加減にいしてしまったら、靴を傷めてしまう恐れがあります。

そこで引越しをする時に靴をどのように梱包すれば良いのか、引越しの際の靴の荷造りについてアドバイスします。

※8割以上が利用!人気の引越し一括査定2選

1、引越し侍【業界No.1の提携数】
業界最多の300社以上の中からアナタに合った激安な業者を選ぶことができます。東証プライム上場のエイチームが運営しているので安心して利用できます。
  • 業界最多!300社以上から最安値の業者を選択
  • 東証プライム上場の会社が運営していて安心
  • 管理人の実例:78,200円→35,000円(半額以下の値下げに成功)

利用率No.1!引越し侍はこちら

2、スーモ引越し【電話入力不要】
大手リクルートが提供している「SUUMO引越し見積もり」は業界唯一の電話入力が任意になっています。電話対応が面倒な人や見積もりメールでとりあえず比較したい人向けです。
  • 業界唯一!電話番号入力が任意
  • 大手のリクルートが運営
  • 管理人の実例:85,000円→42,000円(半額以下の値下げに成功)

電話入力不要!スーモ引越しはこちら

前提:引越しで靴を荷造りする前に準備しておきたい3つのこと

  • 靴の汚れ落とし
  • 靴の色移り対策
  • 靴の型崩れ対策

まず靴の梱包前にしっかり手入れしておきたいのが、靴の汚れ落としです。もし靴に汚れがついたまま梱包してしまったら他の靴まで汚れてしまいかねません。

ですから靴の汚れは事前に落としておき、きれいな状態で梱包するのが大前提です。

また汚れだけでなく色移り対策を行うことも汚れ落としと同様に忘れてはいけません。

特にホワイト系の靴を持っている人は、よりいっそうの注意が必要です。濃い目の靴とはなるべく密接させず、各々の靴を新聞紙などで包めば色移りしないです。

さらに靴の型を維持するため、型崩れ対策にも力を入れるべきです。型崩れをさせないためには靴の中に緩衝材の役割を果たす新聞紙などを入れ、なるべく積み重ねないよう荷造りすると型崩れを予防できます。

おすすめ①、引越し業者のシューズボックスを使う

もしも靴の荷造りをきっちりと行える自信がない場合は、サカイ引越センターやアート引越センターなどがサービスを提供しているシューズボックスを使うのも悪くありません。

引っ越し業者のシューズボックスを使うメリットは、靴を収納して運ぶ目的のボックスなので靴の梱包作業をしなくて良い点です。

もしも大量の靴を所有していて自分だけできちんとした荷造りができそうにない場合は、シューズボックスを利用することで靴の収納と運搬が格段に楽になります。

ただしシューズボックスは引越し業者によってはオプション扱いとなるため、別途追加料金が発生する場合があります。そこがシューズボックスのデメリットです。

参考までに下記に大手2社の靴の梱包方法やシューズボックスの紹介動画がYOUTUBEに投稿されていましたので掲載しておきます。

アート引越センターの靴の梱包方法やシューズボックスの紹介動画

サカイ引越センターの靴の梱包方法やシューズボックスの紹介動画

おすすめ②、100均のシューズシューズボックスを使う

靴を収納するために都合の良い箱を持っていない人は、ダイソーやキャン★ドゥやセリアといったいわゆる100均で売られているシューズボックスを買って使うのも手段の1つです。

100均のシューズシューズボックスを使うメリットは、安価ながら使い勝手が良いところです。もしも持っていく靴の数がそれほど多くないなら、100均のシューズシューズボックスで十分です。

ただしいくら100均とはいえ、何足分も買ったらコストがかさみます。また引越し先で保管しておくのも場所を取りますので、そのデメリットがあることを忘れてはいけません。

ダイソーのシューズボックス

セリアのシューズボックス

キャン★ドゥのシューズボックス

おすすめ③、ダンボール箱を使う

シューズボックスを使う以外の方法では、ダンボール箱を使うのもありです。

ダンボール箱のメリットは、かなりの数の靴を収納できてなおかつ持ち運びもしやすい点です。

強度も十分ですしダンボール箱自体はまったく重くありません。ですのでシューズボックスの代わりにダンボール箱を使うのはどちらかといえば妥当な考え方です。

ですがダンボール箱にもデメリットがあります。それは靴をたくさん詰め込んだ時、下にある靴がペシャリと潰れてしまいやすいことです。

もしお気に入りの靴が潰れてでもしたら目も当てられません。靴が潰れないよう細心の注意を払うことが大切です。

おすすめ④、購入時の靴箱を使う

購入した時の靴箱を良い状態で保管している人は、購入時の靴箱を使うことが可能です。

荷造りで購入時の靴箱を使うメリットは、何といっても靴のサイズにピタリと合っているので型崩れしにくい点です。

よほど乱雑に入れたり強い衝撃を与えなければ、靴を型崩れさせることなくそのままの状態で引越し先へと運べます。ですので靴箱を捨ててさえいなければ、靴箱をシューズボックスにできます。

しかし靴が何十足もある場合は、荷造りも運搬も容易ではありません。そのデメリットがありますので、靴箱を使うのに適しているのは靴の数が少ない時だけです。

注意!ブーツはブーツキーパーで型崩れ防止を!

数ある靴の中でも引越しの際に特別な梱包をしなければいけないのが、ロングブーツなどのブーツです。

もし「ブーツを丁寧に梱包するのは面倒だから」といって適当に荷造りすれば、ブーツが型崩れしてしまう恐れがあります。

もし持っているブーツのすべてが型崩れしたら、激しく後悔するのはいうまでもありません。

そこで目をつけたいのが、ブーツの型崩れを防止するためのブーツキーパーです。

ブーツキーパーを使ってブーツが型崩れしないようしっかりと対処し、なおかつブーツを立てて梱包すれば型崩れの防止は可能です。ブーツをたくさん持っている人は、よく気をつけて梱包したほうが良いです。

楽天の「ブーツキーパー」一覧:https://www.rakuten.co.jp/

アマゾンの「ブーツキーパー」一覧:https://www.amazon.co.jp/

シューズボックスが無料レンタルできる引っ越し業者一覧

シューズボックスが無料レンタルできる引っ越し業者とできない業者を一覧表にしました。

引越し業者 1箱の容量 レンタル数 利用条件
サカイ引越センター 12足収納可 2箱 ササッと予約以外すべて無料利用可
アート引越センター
(エコ楽ボックス)
8足収納可 2箱 見積もりの際に必要な人は連絡必須
アリさんマークの引越社 × × ×
ハート引越センター × × ×
日通 8~9足収納可
(ロングブーツ入れあり)
1箱程度 同日発着の近距離引っ越しのみ利用可
アーク引越センター × × ×

関連記事

  1. 【危険!】引っ越しの電子レンジの梱包方法や注意点をチェック

  2. 【全て網羅】引っ越し後のやることリスト・忘れがちな事。

  3. 引っ越しで包丁の梱包方法と捨て方などの疑問や注意点をまとめてみた。

  4. 【破損注意】引っ越しで衣装ケースの中身はそのままだと危険!?

  5. 単身赴任の引っ越しの全知識 | 転勤費用・準備リスト・おすすめ業者など

  6. 引越しの訪問見積もり前に汚い部屋を掃除した方が良い理由と緊急対応策5つ

  1. 栃木県小山市の引っ越しが安い!?見積もり相場よりも半額にする方…

    2023.02.06

  2. 【掘り出し業者】釧路市の引越しが半額!?引っ越し料金が安い業者…

    2023.02.03

  3. 倉敷市の引越しが半額に!?倉敷の安い引越し業者と見積もり価格相場

    2023.02.02

  4. 東村山市で安い引越し業者はこの3社!東村山市の引っ越し役立ち情報…

    2023.02.01

  5. 【掘り出し業者】帯広市で安い引っ越し業者3選!見積もり相場や口コ…

    2023.01.27

  1. 【2023年完全版】引っ越し見積もり費用相場・料金目安※時期・人数・…

    2023.01.05

  2. 【比較表付】引っ越し単身パック全16種類を比較(料金・サイズ・サー…

    2022.10.15

  3. 【スマホ割・都道府県別】引越し先で最もおすすめのネット回線※最安…

    2022.04.07

  4. 東京の引越しで安い業者10選・費用相場・おすすめ大手業者ランキング

    2018.09.03

  5. 2023年2月の引越しが半額!?料金相場・格安裏技体験談・賃貸物件

    2018.06.08