ハート引越センターのダンボール回収やサイズ、枚数等の悩み解消!

家の住み替えや就職や進学などのライフイベントでは場合には引っ越しをすることがよくありますが、そのためには引っ越しの準備や作業が必要になってきます。

所帯全体で引っ越しの準備や作業を行う場合には引っ越し業者を利用することが多くなりますが、その際に意外とネックになるのが荷造り用の段ボールの準備や処分です。

そこで今回は、無料で準備してくれるハート引越センターのダンボール回収サービスの特徴や注意点などを紹介していきます。

ハート引越センターのダンボールの回収サービスの特徴や注意点は?

ハート引越センターは引っ越し業者の中でも大手になりますが、荷造り用の段ボールを無料で提供しています。

提供された段ボールは引っ越し作業が完了した後には回収サービスも同時に行ってくれるので、引っ越しのための荷造り用の段ボールの準備と処分の手間が掛かりません。

この後に詳しく段ボールのサイズなど枚数などを紹介しますが、大小さまざま段ボールの種類が用意されているので、どのような荷物も丁寧に梱包することができます。

ただし、ハート引越センターの回収サービスで注意することが一つだけあり、それは「無料の回収は1回だけ」ということです。

段ボールの回収が済んだ後に、仮に回収漏れがあったとしても2回目の回収サービスは有料となってしまうのでその点だけは注意が必要です。

無料で貰えるハート引越センターのダンボールのサイズや枚数は?足りない場合の追加も無料?

ハート引越センターの無料で提供してくれる段ボールの枚数は「最大50枚」となっています。

一世帯での引っ越しのための荷造り用の段ボールの枚数としては50枚もあれば十分な数で、一般の4~5人家族の引っ越しの場合にはおそらく50枚までは必要ないかと思います。

また、一般的な荷造り用の段ボールのサイズの種類は、「Sサイズ(奥行34cm/幅39cm/高31cm))と「Mサイズ(奥行38cm/幅49cm/高35cm)」の2種類のサイズの段ボールが用意されています。

その他にも、ハンガーを引っ掛けることができる「ハンガーBOX(奥行47cm/幅48cm/高101cm)」と、着物を綺麗に梱包できる「和装用段ボール(奥行37cm/幅86cm/高18cm)」といった特殊梱包の段ボールもあります。

50枚以内ならいくら追加しても無料で段ボールを届けてくれます。ただ、50枚を超える場合は有料となってしまいますのでご注意ください。

【ハート引越センター】ダンボール以外の梱包資材は何があるの?

ハート引越センターでは段ボール以外にも梱包資材はいくつかあります。

最も多く使われる梱包資材は食器やガラス製品などを梱包する緩衝材になり、エアーキャブという小さなプチプチの気泡緩衝材が付いている梱包資材が用意されています。

ハート引越センターでは、食器やガラス製品などをこのエアーキャブの緩衝材で一つ一つ丁寧に梱包してからスポンジ素材の緩衝材と一緒に段ボールに同封して荷造りしています。

また、ロール段ボールといったロール状になっている段ボール資材があり、大きめの照明器具や壊れ物を梱包するときにはこのロール段ボールで全体を包んで梱包していきます。

このように、ハート引越センターでは段ボール以外にも食器や小物など様々な荷物が引っ越し作業で破損しないように、用途ごとに梱包資材を使い分けています。

ハート引越センターのダンボールに関するツイッターの口コミ

ハート引越センターのダンボールに関するツイッターの口コミ評判をまとめてみました。賛否両論あります。なお、ハート引越センターの引越しの口コミもまとめていますので気になる人は参考にしてみてくださいね。

ハート引越センターの引越し料金を安くする裏技とは!?

最後にハート引越センターの引っ越し料金を安くする裏技を紹介します。

ハート引越センターでは様々な引っ越しプランが用意されていますが、その中でも最安値のプランは「基本プラン」になっています。

基本プランの場合には荷造りなどを自分で行わなければなりませんが、他のプランよりも安い料金となっています。

また、ハート引越センターでは、ネット接続やハウスクリーニングなどの様々なオプションプランがありますが、それらのオプションをつけないことでも安く引っ越しをすることができます。

その他の裏技としては「引越し一括見積もり」といった、引っ越し業者を一括で見積もることができる検索サービスを利用することもオススメです。

引っ越し業者はハート引越センターだけではなく様々な業者があるため、最安値の引っ越し業者を見つけるには一括見積もりを利用してみるのもいいでしょう。

関連記事

  1. 引越しに絶対使える!引っ越しの便利グッズ5選

  2. アート引越センターのダンボールサイズや回収費用、貰える枚数など

  3. 引越し荷物の一時預かりサービスの料金相場や無料or安い保管方法

  4. 【引越しの梱包作業省略】便利な食器ケースがある引越し業者4選!

  5. 引越しのインターネットは解約手続きをして新規契約がお得!

  6. 引越し契約のキャンセル料金や理由、ダンボール返却など(業者別)

引越し一括見積もり3選

  1. JR貨物のコンテナ引越しの特徴と料金相場、おすすめ業者。

    2020.01.28

  2. ベストロジコムの引越し評判とその他もろもろ。

    2020.01.15

  3. 岡山の引っ越しが安い!見積もり時の裏技とおすすめ業者5選

    2020.01.05

  4. 京都にあるシティ引越センターの口コミ評判+特徴、安くなる方法。

    2019.12.25

  5. 熊本の安いおすすめ引っ越し業者と見積もりが安くなる方法

    2019.12.20

  1. 【完全版】引越し見積もり料金が極限まで安くなる23の裏技!

    2018.02.07

  2. 2020年3月の引越し料金が半額?費用相場は?予約はいつごろから?

    2018.01.12

  3. LIFULL引越し(旧ホームズ引越し)で見積もりした結果。125,000円→?

    2017.12.13

  4. 【口コミ】引越し達人セレクトを使ってみた結果。63,800円→?

    2017.12.13

  5. 衝撃!SUUMO(スーモ)引越し見積もりを使ってみた結果、85,000円→?

    2017.12.08

2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031