引越し+不用品買取がお得にできる引越し業者5選

引越しをする際に必ずといっていいほど出てくるのが「不用品」の問題です。

限られた時間の中で引越しを行いつつ、不用となってしまった家具や家電の廃棄や買取の手続きをするのはなかなか大変なものです。

そこで、引越しサービスと同時に不用品の買取等も対応してくれる便利な引越し業者5社厳選しましたのでご紹介します。

引越しと不用品の処分をいっぺんに済ませてしまえば、新生活のスタートも楽にできるのでオススメです。

smart引越し管理人
smart引越し管理人
引越しと買取が同時に可能な複数の引越し業者から相見積もりすることで引越し料金を最安値水準まで下げることができます。相見積もりでおすすめのサービスを以下で3つ紹介してます(^^)/

※8割以上が利用!人気の引越し一括査定3選

1、引越し侍【業界No.1の提携数】
業界最多の300社以上の中からアナタに合った激安な業者を選ぶことができます。東証一部上場のエイチームが運営しているので安心して利用できます。
  • 業界最多!300社以上から最安値の業者を選択
  • 東証一部上場の会社が運営していて安心
  • 管理人の実例:78,200円→35,000円(半額以下の値下げに成功)

利用率No.1!引越し侍はこちら

2、引越し達人【最速30秒で査定】
引越し達人セレクトは荷物情報入力が任意なので最速30秒で無料見積もりをすることができます。時間がない人や荷物情報がまだ不明という人におすすめです。
  • 業界最速!入力が簡単で30秒で無料査定
  • 荷物情報の入力が任意
  • 管理人の実例:63,800円→31,000円(半額以下の値下げに成功)

最速30秒!引越し達人はこちら

3、スーモ引越し【電話入力不要】
大手リクルートが提供している「SUUMO引越し見積もり」は業界唯一の電話入力が任意になっています。電話対応が面倒な人や見積もりメールでとりあえず比較したい人向けです。
  • 業界唯一!電話番号入力が任意
  • 大手のリクルートが運営
  • 管理人の実例:85,000円→42,000円(半額以下の値下げに成功)

電話入力不要!スーモ引越しはこちら

1、アップル引越センター

アップル引越センターでは、引越作業と同時に不用品の引取及び買取も依頼することができます。

主なメリットとしては3点あります。

まず、アップル引越センターは大手リサイクル会社とリサイクル業務における買取ノウハウをタイアップして共有しているため、不用品を格安のコストで減らし、高価格で買い取ってもらうことが可能です。

また有料での引取の場合も引越し作業と同時に行うことができ別途の作業費が掛からないので費用を抑えることができます。

2点目に、アップル引越センターでは、他の不用品買取業者等で買い取ってもらえないものも積極的に買い取っているのが特長です。

家庭で使用していた一般的な家具や家電であれば基本的には何でも回収可能となっています。

3点目は、引越し時に引取りや買取作業が可能なので、引越しと引取と合わせて2回立会う必要もなく手間や時間を大幅に削減できる所が同社のメリットです。

⇒アップル引越センターの公式ページ

関連記事アップル引越センターの評判は悪い⁉【見積もりが安くなる方法】

2、トレファク引越

トレファク引越の引越し時の不用品買取サービスの魅力点は、不用になった品物の買取や処分について細かく相談に乗ってくれたり、具体的な提案をしてくれたりする「買取・処分プランナー」と呼ばれる専門スタッフが、引越し見積時に依頼人の元へ伺うところです。

引越し時で不用となった品物について、プランナーが一つ一つ丁寧に査定してくれるので安心です。

トレファク引越の母体であるトレジャーファクトリーは、関東や関西を中心に100店舗以上を展開する総合リユースショップなので、そのノウハウを引越しにおける不用品買取に生かしています。

トレファク引越では「引越」及び「買取」料金をまとめて見積ってくれるので、引越し前の限られた時間を有効にできます。

さらに、買取品は引越し時に同時搬出となるため、冷蔵庫や洗濯機などといった家電を買取に出す場合でも、転居直前まで使うことができます。

また、トレファク引越では、買取不能品の処分方法を相談に乗ってくれるほか、引越し先にある品物の買取・処分・引取りまで請け負ってくれる幅広いサービスが特長です。

⇒トレファク引越の公式ページ

関連記事トレファク引越のガチ口コミ!買取や引越しの料金相場は?

3、キタザワ引越センター

キタザワ引越センターにおける引越し不用品回収の強みは、買取の見積もり査定から実際の引越し作業までを一貫してキタザワ引越センターのスタッフに依頼できる点です。

通常の場合、引越しをする業者に有料の処分を依頼しなければならないような品物についても、キタザワ引越センターなら一度の見積もりで全て完結させることができます。

このように、不用品を買取ってもらって引越し費用を安く抑えるプランがあるほか、他社では買い取ってもらえないものや買取を断られた品物についても、フィリピン、タイ、ミャンマー、カンボジアなどの東南アジア地域における支援活動の一環で、現地にて再利用される日用品として無料で回収する独自サービスがあります。

さらに、キタザワ引越センターでは「事前回収サービス」というものもあり、一部の処分品を引越しより先に引き取ってもらい、スペースが確保できたところでもう一度ゆっくりと不用品を整理できるというサービスもあるので便利です。

⇒キタザワ引越センターの公式ページ

関連記事キタザワ引越センターの口コミは悪い?引越し料金が安くなる方法

4、サカイ引越センター

サカイ引越センターでは、買い取った不用品をインターネットを中心とした販路において販売を進めているので、買取済みの不用品が販売されるまでにかかるコストの削減分を、買取価格に還元してくれるのがメリットです。

また、キズや汚れ、故障しているような買取品も、自社できちんとメンテナンスができるノウハウが備わっているので、多少商品に傷や汚れがあったり壊れていても買取が実現されています。

また、サカイ引越センターの査定専門スタッフは、年間で10万点以上の商品査定を取り扱う豊富なキャリアがあり、実績に裏付けされた高額提示が強みです。

引越し専門業者としての引越しサービスにおける技術・作業クオリティの高さはもちろん、引越し時に不要になったものを同時に査定に出すことが可能で便利となっています。

⇒サカイ引越センターの公式ページ

5、ドープランド

ドープランドの、引越し時不用品回サービスの特長は、引越し前後に出た不用品の回収処分だけでも請け負ってくれる点です。

もちろん、不用品買取回収だけでなく同社へ引越し作業自体も同時に依頼できるので、引越しと不用品回収をワンストップで可能となっています。

また、査定時の見積り金額に納得がいかなかった場合にキャンセルを行っても別途費用はかかることのない保証力も安心です。

買取に強みのあるドープランドならではの高価買取も魅力の一つで、不用品が一品のケースから複数・大量の不用品買取もリサイクルショップドープランドならではのノウハウで丁寧に査定をしてくれます。

そのため、一軒家などの複数人世帯での引っ越しにおける不用品回収も得意としています。

さらに、各商品のジャンルごとに専門の買取スタッフが在籍しているので、専門スキルに裏付けされた高額買取が可能となっています。

不用品買取の依頼は、

年中無休・出張費無料・即日対応も可能

となっている点もドープランドの強みです。

⇒ドープランドの公式ページ

関連記事【裏技】引越しの不用品処分や買取はジモティ一・メルカリで!!

関連記事

  1. kizuna引越センターの口コミ評判はどう?人気の引っ越し業者を調査

  2. じゅんすい引越サポートの口コミは悪い?良い?【福岡の引越し業者】

  3. シモツ引越サービスの評判は悪い!?引越し費用が半額になる裏技とは?

  4. レジェンド引越サービスの口コミは悪い⁉見積もり料金を安くする方法

  5. カンガルー便(西濃運輸)の引越しの評判は悪い?ガチ口コミまとめ

  6. ガッツムービングサービスの口コミは最悪⁉料金相場と安くなる方法

  1. 半額値下げ!?徳島の安い引越し業者3社・口コミ・費用相場紹介

    2021.04.30

  2. 【5年調査】高松市(香川)の引っ越しが半額!?人気業者と口コミ

    2021.04.27

  3. アイズ引越プランニングの口コミ評判で分かる事実※京都・大阪

    2021.04.22

  4. 足柄上郡にあるアイデア引越センターの口コミ評判※安くなる方法も

    2021.04.21

  5. 東京23区専門!ワンルーム引越センターの口コミや費用を徹底調査。

    2021.04.20

  1. 2022年2月の引越しが半額!?料金相場・格安裏技体験談・賃貸物件

    2018.06.08

  2. 引越し一括見積もりサイトの比較から見るおすすめ3つ※2021年最新版

    2018.05.03

  3. 5月のイメージ画像

    5月の引越しが半額!?料金相場や安くなる方法、縁起、物件探し

    2018.03.13

  4. 【完全版】引越し見積もり料金が極限まで安くなる23の裏技!

    2018.02.07

  5. 【口コミ】引越し達人セレクトを使ってみた結果。63,800円→?

    2017.12.13