引っ越しの心付け(お礼)はモチベアップの為!相場やタイミングは?

今回の記事では引っ越しの心付け(お礼)について。

引っ越し当日にチップのようなものは渡した方がいいのか、現金だと逆に失礼に値しないか、など素朴な疑問にお答えしています。

引っ越しの心付け(お礼)はマナーと言うよりモチベ―ションアップの為!

昔から日本人は合理的に物事を考えるよりも、人情を大事にするところがあります。引越しの際も、昔は心付けを渡すのが普通でした。しかしいつからかその習慣がなくなってきている気がします。現にアートやサカイ引越センターのHPをみても「心付けは不要」と明記されています。

業者にそのことを聞いても、料金に含まれているので必要ないと言われることがあります。そのため渡さない人も多くなってきました。私はお世話になるからには渡した方が良いと思います。渡すことで、スタッフのモチベーションを上げる効果もあるのです。

相手もプロなので、心付けの有無で仕事が雑になることはないでしょう。しかし、心付けを渡すことでしっかりやらなくてはという意識が働きます。スタッフの方々も、丁寧に作業をしなくてはと思うはずです。お礼の意味だけでなく、作業効率をアップさせる効果もあるのです。

引っ越しの心付け(お礼)の相場はいくらくらい?

一般的には一人1000円ほどが相場です。ポチ袋などに入れて、一人ひとりに手渡ししていきます。人によっては現金の代わりにQUOカードを渡したりする人もいます。

リーダーに渡して配ってもらうという手もありますが、直接渡す方が気持ちが高まると思います。個人の引越であれば、スタッフの数はそこまで多くないでしょう。それだったら、一人ひとりに直接渡すべきです。まずはリーダーの人に渡して、それから他のスタッフに渡していきましょう。

その時によろしくと一声かけましょう。そう言われたからには、下手な仕事はできません。気を引き締めて作業に当たってくれます。作業量が多いときには、心付けの金額を上げても良いと思います。もしくは、差し入れをするという手もあります。そこまで深く考えないでいいでしょう。

引っ越しの心付け(お礼)の渡すタイミングはいつくらいがいい?

いつ渡せば良いか迷いどころでしょう。私が渡すタイミングは常に決まっています。

それは作業を始める前のタイミングです。先に渡すことでプレッシャーをかけるわけではありませんが、しっかり作業をしてねという意識を植え付けます。スタッフの方々も心付けがもらえたということで、頑張るぞとモチベーションが上がります。

その後のコミュニケーションも取りやすくなります。人間なので、そういう心遣いに心が動かされるものです。業者によっては心付けを受け取ることができない場合もあるそうです。たとえその場合でも、気持ちは伝わりますからね。スタッフのモチベーションを上げるのであれば、始めに渡すのがおすすめです。もちろん、作業後に渡しても問題はありません。

お金(チップ)を渡すのに抵抗があるという人は差し入れで問題なし!!

チップを渡す文化は、日本にありません。そのためお金を渡すことに抵抗がある人もいるでしょう。

その場合は、差し入れなどをしましょう。お茶やジュースなどの飲料が一般的です。私のおすすめは、ペットボトルに入った水やお茶です。水やお茶なら苦手な人は少ないと思います。ペットボトルであれば、飲むタイミングや量を調整できます。

缶コーヒーも悪くありませんが、好き嫌いがあります。それに、一度開封すると飲み切らなくてはいけません。飲料が無難ですが、お菓子などを付け加えるのも良いですね。その場合はスナック菓子のような、手が汚れたりするものは避けましょう。一度開封したら食べきらないといけないものも、おすすめできません。一個ずつ包装されたせんべいやクッキーがおすすめです。差し入れに関しては、無難なものが良いです。

関連記事

  1. 東京電力の引越れんらく帳とは!?特徴やデメリット・メリット・評判。

  2. 【裏技】引越しの不用品処分や買取はジモティ一・メルカリで!!

  3. 長距離引越し(コンテナ)の費用相場と格安おすすめ業者5選!

  4. 引越しのインターネットは解約手続きをして新規契約がお得!

  5. 引越し価格ガイド(引越し侍)の評判は?安全?実際に使ってみた!

  6. 失敗から学んだ引越しの荷造りのコツ!家族・一人暮らし必見!